はまて りょうすけ

濱手 亮輔弁護士

アトム神戸法律事務所

兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5IN東洋ビル2階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

借金・債務整理

取扱事例1

  • 自己破産

破産手続きを選択された事例

依頼者:40代 男性

ご相談者様は、勤務先よりリストラされ、その後、再就職をしましたが、給料が大幅に下がり、生活費のために消費者金融数社から借り入れをしたという方でした。ご相談に来られた時には、消費者金融に対する返済のために、他の消費者金融から借りるという悪循環に陥っていました。
ご相談時に、借金額をおうかがいすると、合計約150万円となっており、自己破産の手続きを選択することとなりました。
ご依頼いただいてからは、まず、消費者金融に受任通知を送ることで、ご相談者様に対する消費者金融からの督促を止めました。
その後は、裁判所に提出するための資料をそろえていただき、ご依頼から3週間で破産手続きの申立をして、申立てから2か月後に、借金を清算する決定である免責許可決定が出ました。
その結果、ご相談者様は、ご依頼からおよそ3か月で、借金のある状態から解放されることになりました。

取扱事例2

  • 自己破産

会社に秘密のまま、自己破産をした事例

依頼者:30代 男性

ご相談者様は、サラリーマンをしていましたが、多額の借金をしてしまったため、神戸アトム法律事務所にご依頼をされました。
ご相談者様は、会社に秘密のまま、自己破産をしたいとのことでした。
ご相談時に、自己破産のデメリット、特に、周りの人に知られるかという点についてしっかり説明させていただきました。
ご依頼後は、順調に手続きが進み、ご依頼から3か月程度で借金を清算する決定である免責許可決定が出ました。
その結果、ご相談者様は、会社に秘密のまま、借金のある状態から解放されることになりました。

取扱事例3

  • 督促の停止

弁護士費用を分割してお支払いいただいた事例

依頼者:20代 男性

ご相談者様は、サラリーマンをしていましたが、多額の借金をしてしまったため、神戸アトム法律事務所にご依頼をされました。
ご相談者様は、借金の返済のために、貯金はなく、ご相談時には弁護士費用が準備できないとのことで、分割での支払いをしていただくことになりました。
ご依頼後は、まず、消費者金融に受任通知を送ることで、ご相談者様に対する消費者金融からの督促を止めました。
ご相談者様は、消費者金融への返済がなくなり、弁護士費用の積み立てが可能となりました。そして、毎月5万円ずつを6か月間お支払いいただき、弁護士費用30万円をお支払いいただきました。
受任通知から6か月後、裁判所に対して、破産申し立てをすることができ、同時廃止事件となりました。そして、申立から2か月後に、借金を清算する決定である免責許可決定が出ました。
その結果、ご相談者様は借金のある状態から解放されることとなりました。

取扱事例4

  • 自己破産

免責不許可事由(ギャンブル)があった方の破産事例

依頼者:60代 女性

ご相談者様は、60代の女性で、多額の借金をしてしまったため、アトム神戸法律事務所にご依頼をされました。
ご相談者様は、ギャンブルをして多額の借金をしてしまったため、免責不許可事由に該当する事実がありました。
ご依頼後は、弁護士は、裁判所に対して、ギャンブルの態様、程度、時期、期間、金額を詳細に説明しました。また、破産申し立て後は、ご相談者様がギャンブルを止めて健全な生活をしていることを説明しました。
その結果、裁判所は、ご相談者様について、ギャンブルの程度はそこまで大きくなく今後の生活の再建が期待できるとの理由で、裁量で免責許可決定を出しました。
このようにして、ご相談者様は、借金のある状態から解放されることとなりました。

取扱事例5

  • 任意整理

任意整理を選択された事例

依頼者:50代 男性

ご相談者様は、生活費のために消費者金融数社から借り入れをしたが、勤務先を解雇され、再就職したが給料が下がってしまい、借金の返済が難しくなったということで、アトム神戸法律事務所にご依頼いただきました。
ご相談時には、毎月、消費者金融に対して5万円の返済があり、給料が下がったため支払いが難しいということでした。
ご相談者様は、借金総額はそこまで大きくなく、また、支払期間を延ばせば借金を返済できるということで、任意整理を選択されました。
ご依頼後は、弁護士が、消費者金融と交渉し、支払い期限を延ばし、毎月の返済額を2万円とすることとで和解契約が成立しました。
その後、ご相談者様は、返済額2万円で順調に借金を返済していき、完済することができました。
その結果、ご相談者様は、借金のある状態から解放されることになりました。

取扱事例6

  • 民事再生

住宅を残しつつ民事再生をした事例

依頼者:30代 男性

ご相談者様は、サラリーマンをしていましたが、家族の生活費を捻出するために多額の借金をしてしまったため、アトム神戸法律事務所にご依頼をされました。
ご相談者様は、借金から解放されたいが、家族のためにマイホームをなんとか残したいというご意向がありました。
ご相談時の聴取により、住宅資金特別条項が使えることをご案内し、その方針で進めることとなりました。
ご依頼後は、弁護士が、裁判所に対する申立書類をそろえ、弁済計画を立案しました。
その結果、裁判所は、弁済計画が遂行される可能性が高いと判断し、認可決定を出しました。
その後、ご相談者様は、マイホームに居住したままで、弁済計画に従い、借金を返済していくことになりました。
電話でお問い合わせ
050-7586-5068
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。