つぼい ともゆき

坪井 智之弁護士

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所 福岡オフィス

渡辺通駅

福岡県 福岡市中央区渡辺通中央区渡辺通1-11-11 H・Kビル6階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可

注意補足

初回相談料無料!!当日相談可!!予約にて深夜、早朝を含む時間外相談可能

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 親権

【男性側が親権獲得】弁護士を交えて離婚協議に臨んだ結果、男性側が親権を獲得した事案

依頼者:男性

夫側からのご依頼でした。
弁護士が受任し、相手方である妻と協議離婚の話し合いを行った末、ご依頼者であるご主人側が親権を獲得することができました。

取扱事例2

  • 浮気・不倫

【弁護士による交渉代理】不貞の慰謝料請求を行い、金300万円を獲得した事案

弁護士が受任し、不貞行為の相手方に対して慰謝料請求を行いました。
結果として、金300万円を獲得することができました。

取扱事例3

  • 面会交流

【子の引き渡し・監護者指定・面会交流】夫に追い出された妻からの請求がすべて認められた事案

依頼者:女性

「夫から自宅を追い出された」という、妻側からのご依頼でした。
弁護士が受任後、夫に対して、子の引き渡し・監護者指定・面会交流を求めた結果、いずれも認められました。

取扱事例4

  • 親権

【男性側のご依頼】母親の親権停止を申し立て、認められた事案

依頼者:男性

男性側からのご依頼でした。
離婚後、母親が子供を養育監護していましたが、子供が自宅を抜け出し、父親の自宅に逃げ出してきました。
父親側から弁護士が受任後、弁護士が母親の親権停止を申し立て、認められました。

取扱事例5

  • 親権

【抗告で審判を覆す】親権者変更の審判について、裁判所の判断を覆した事案。

子どもの意見を軽視した親権者変更の審判が下った後、これを不服とする当事者の方からご依頼を受けました。
受任後、弁護士が高等裁判所に抗告を行いました。その結果、親権者変更の審判は覆りました。弁護士の介入により裁判所の判断を覆した事案でした。

取扱事例6

  • 面会交流

【面会交流の条件】DVの加害者である元夫の、子供との面会交流を手紙のみに留めた事案

依頼者:女性

元夫から子供との面会交流を求めて調停を起こされた元妻側からのご依頼でした。
弁護士を交えた調停では、同居時の元夫によるDVについて元妻の精神的苦痛が癒えていないこと、加えて、暴力は子どもの面前でもあったことを主張しました。その結果、手紙での交流に限定する内容の審判を獲得することができました。

取扱事例7

  • 面会交流

【面会交流の条件】調停にて、宿泊を伴う面会交流を獲得した事案

面会交流に関する調停に臨む方からのご依頼でした。
弁護士の適切なアドバイスにより、宿泊を伴う面会交流を獲得することができました。
電話でお問い合わせ
050-7586-5407
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。