秋元 勇研弁護士のアイコン画像
あきもと ゆうけん
秋元 勇研弁護士
正木・秋元法律事務所
外苑前駅
東京都港区北青山2‐12‐8 BIZSMART青山
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可
注意補足

休日・夜間相談は要予約/WEB相談の場合のみ休日面談可

刑事事件での強み | 秋元 勇研弁護士 正木・秋元法律事務所

【初回相談無料】【電話相談・オンライン相談可】【執行猶予判決、不起訴処分など実績多数】「早期の身体解放/逮捕されたらすぐにご連絡ください」取り調べ時のアドバイスから示談交渉、裁判まで一貫サポート「被害者の方のご相談も可」【休日・夜間相談可】
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】身体拘束の早期解放/執行猶予/不起訴処分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
刑事事件では、短期間のうちに逮捕、勾留、勾留延長、起訴等の手続が進んでいくため、弁護士の対応が数時間遅れるだけでも、最終的な結果に大きく影響するケースが多々あります。
刑事事件では、早い段階で弁護士がサポートに入ることで、身柄釈放、示談成立、不起訴処分等を実現する可能性が高まるため、可能な限り早期に弁護士への依頼をすることが非常に重要です。
弁護士に依頼することで、逮捕や勾留といった身柄拘束の期間を短縮したり、前科がつかないよう不起訴処分等を目指すことができます。
ご家族やご自身が犯罪に関与してしまったら、なるべく早急にご相談ください。
今後の人生のために最大限の対応をさせていただきます。
刑事事件の経験豊富な私にお任せください。

【2】完全個室/オンラインでも相談可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
刑事事件の相談は周囲に知られたくないでしょう。
当事務所は完全個室対応であり、ご相談いただいた内容が外部に漏れることは絶対にないのでご安心ください。
また当事務所はオンラインでの相談にも対応しているので、ご自宅からご相談いただくことも可能です。
身柄事件だけでなく在宅事件のご相談もお受けしているので、お気軽にご相談ください。

【3】被害弁償・示談交渉もお任せ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相手方に対する被害弁償や示談成立は量刑に大きくかかわるので、依頼者さまのご意向に合わせて全力で対応します。
示談を希望されるのであればぜひ早い段階でお伝えいただき、早期に交渉に着手しましょう。
また示談を持ちかけられた被害者の方からのご相談もお受けしています。
相手方との交渉はすべて弁護士が代理できるので、加害者と顔を合わせるだけでも辛いという方でもご安心ください。

【4】自首・任意出頭への同行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
犯罪を行ってしまい警察から連絡がくることに脅えながら生活をされている方、ご相談ください。
自首・任意出頭をすることで立件を防ぐことができたり、自首・任意出頭をした点を考慮した処分を獲得することができます。
また、弁護士にご依頼いただき、警察署に同行することで、警察に捜査の状況を聞いたり、処遇についての上申をすることが可能となります。
ご依頼者様の不安の解消を最優先に対応させていただきますので、発覚を恐れて不安な生活を送っておられる方はぜひご相談ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の解決事例
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【事例1】
逮捕されていた被疑者の勾留を阻止した事例。

【相談前】
ご家族が逮捕されたということで、すぐに接見に行ってほしいとのご相談がありました。

【相談後】
ご相談いただいた当日すぐに接見に行き、事案の概要のヒアリング、今後の手続の流れや取調べ対応に関する説明を行いました。また、逮捕後の勾留を防ぐため、意見書や資料を作成し、検察に対して勾留の必要性がないことを主張しました。結果として、検察による勾留請求はされましたが、意見書の内容が認められ、勾留却下を実現することができました。家族もご本人も自宅に帰ることができ非常に安心しておられました。


【事案2】
示談・被害弁償による被害届の取下げが実現した事例

【相談前】横領の事案で警察に呼び出されたご依頼者様より、示談・被害弁償の交渉のご依頼をいただきました。

【相談後】示談・被害弁償のための面談自体は応じていただけたものの、被害者の方の被害感情が強く、当初は示談・被害弁償が困難と思われる状況でした。しかしながら、被害者の方の元に何度も足を運び、ご依頼者様の謝罪と誠意を説明したことで、最終的には示談・被害弁償を行うことができました。その結果、不起訴という結果を得ることができました。


【事案3】
被害者側として被害弁償の交渉を行った事例

【相談前】傷害事件の被害者となったご依頼者様より、「被害弁償を受けたいが加害者と連絡を取りたくない。」とのご相談がありました。

【相談後】被害者側の代理人となり、被害者と被害弁償の交渉を行いました。当初は被害の回復に到底足りない解決金が提示されたものの、被害者であるご依頼者様のご状況を説明し、適切な金額での被害弁償を求めたところ、最終的にはご依頼者様のご納得いただける金額での被害弁償を受けることができました。
刑事事件分野での相談内容

あなたの特徴

  • 加害者
  • 被害者

犯罪の種類(性犯罪)

  • 痴漢・性犯罪
  • 児童ポルノ・わいせつ物頒布等
  • 強制わいせつ
  • 児童買春・援助交際
  • レイプ・強姦罪
  • 盗撮・のぞき
  • 公然わいせつ・露出

犯罪の種類(生命・身体に関わる犯罪)

  • 暴行・傷害罪

犯罪の種類(財産に関わる犯罪)

  • 万引き・窃盗罪
  • 詐欺・受け子・出し子
  • 住居侵入
  • 横領罪・背任罪
  • 偽造罪
  • 器物損壊
  • 給付金詐欺

犯罪の種類(その他)

  • 薬物犯罪
  • 恐喝・脅迫
  • 放火
  • 大麻・覚醒剤
  • 公務執行妨害
  • ストーカー
  • 賭博・裏カジノ・闇スロット
  • 名誉毀損罪・侮辱罪
  • 業務妨害罪・信用毀損罪

相談・依頼・主張したい内容

  • 執行猶予
  • 冤罪・無実・正当防衛
  • 釈放・保釈
  • 示談交渉
  • 不起訴
  • 接見・面会
  • 逮捕による解雇・退学回避
  • 私選弁護人
  • 逮捕や勾留の阻止・準抗告

裁判の種類

  • 刑事裁判

犯罪の種類(交通犯罪)

  • 飲酒運転・無免許運転
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 危険運転・あおり運転
電話でお問い合わせ
050-7587-2932
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。