十川 由紀子弁護士のアイコン画像
そがわ ゆきこ
十川 由紀子弁護士
弁護士法人阪南合同法律事務所
岸和田駅
大阪府岸和田市沼町13-21 双陽社ビル3階
対応体制
  • 分割払い利用可
注意補足

初回相談は、9時から17時30分の間にお願いしています。依頼後の打ち合わせは、17時30分以降も対応しています。

刑事事件の事例紹介 | 十川 由紀子弁護士 弁護士法人阪南合同法律事務所

取扱事例1
  • 強制わいせつ
わいせつ事件で早期示談を成立し、執行猶予を獲得した事例

依頼者:30代(男性)

【相談前】
夫がわいせつ事件で逮捕され、妻が、女性の先生に早期の示談をしてほしいと、相談に来られました。

【相談後】
早く示談ができれば、起訴猶予や執行猶予の可能性が出てくるため、早急に被害者と連絡を取り示談交渉を行いました。
被害者の方と何度かお会いして、示談書を交わしました。
その結果、起訴猶予となり、職場に早期復帰ができ、職場に知られることもありませんでした。

【先生のコメント】
女性が被害者の場合、女性の弁護士が示談交渉することは有効な手段だと考えられます。
何度かお会いするうち、被害者の方も心を開き、示談することができました。
取扱事例2
  • 加害者
業務上過失致死罪で刑事裁判の弁護活動を行った事例

依頼者:50代(男性)

【相談前】
相談者は暗い道で自動車を運転していたところ、歩行者を轢いてしまい、死亡させてしまいました。
刑事裁判となり、弁護士がいなければ進められないため、依頼されました。


【相談後】
ご遺族の方に謝罪の手紙を送り、二度と車を運転しないよう自動車を処分しました。
示談に関しては、損害保険会社の方にお任せし進行しました。
結果として、執行猶予判決を獲得しました。


【先生のコメント】
遺族への手紙や自動車を売却したことが評価され、執行猶予判決となりました。
裁判での被告人質問も何度も練習したため、当日はスムーズに話すことができました。
電話でお問い合わせ
050-7587-6254
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。