たぐち やすのり

田口 泰規弁護士

法律事務所maru

お花茶屋駅

東京都葛飾区お花茶屋一丁目26番4号 加藤ビル1階
対応体制
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

【弁護士歴10年以上】【裁判手続250件以上】依頼者の納得できる結論に向けて依頼者との充実したコミュニケーションを心がけています。<離婚男女問題、遺産相続、交通事故、企業法務、借金・債務整理>複雑な問題を整理し解決へ【お花茶屋駅徒歩3分】

どんな弁護士ですか?

依頼者との充実したコミュニケーションを心がけています。
◆弁護士10年以上。裁判手続250件以上の実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士経験10年以上で、裁判手続250件以上を担当してきました。
個人の案件から上場企業の案件まで幅広く関わってきました。
私は次の3つを大事にしています。

①依頼者の話をよく聴く
依頼者の不安に心を傾け、共感し、依頼者の気持ちや考えをそのまま受け取るよう努めています。

②依頼者と相談し対応方針を決める
法律的な観点からも、法律以外の観点からも、どのような選択肢がありうるかよく相談し、対応方針を決めていきます。

③決まった対応方針は、力強く丁寧に進める
方針が決まれば、依頼者の思いを具体的な形に変え、力強く丁寧に進めていきます。


◆自己紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
妻と3人の子どもの5人家族。
東京の葛飾に住んでいます。

趣味は音楽です。
家にエレクトーンがあり、小学校に上がる前、人差し指で音をつないでみたら「メリーさんのひつじ」が弾けたのがうれしくて、エレクトーンを習い始めました。

中学、高校は、吹奏楽部でパーカッションを担当しました。高校2年生のとき、全国大会に出場し、普門館でハープを弾いたのはよい思い出です。
大学時代は、ビートルズ研究会アビーロードというサークルに入り、ベースを弾きました。

現在は、子どもが通っている幼稚園の園児・卒園児の親を中心に結成されたバンドに参加しています。時折、簡単な編曲もするようになりました。
今になって、エレクトーン、吹奏楽、バンドすべての音楽経験が、混じり合って自分の中にあることを感じています。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・学歴
1998年 3月 島根県立出雲高等学校卒業
2002年 3月 東京大学法学部卒業
2008年 3月 神戸大学法科大学院修了

・職歴
2010年 1月 西村孝一法律事務所にて業務開始
2012年 4月 葛飾区区民相談・法律相談担当開始
2016年 9月 日弁連交通事故相談センター東京支部相談員(~2020年8月任期満了)
2019年 4月 廃棄物処理法違反被告事件(法人及び個人。法人の主任弁護人を担当)において、無罪判決(確定)
2021年 4月 法律事務所maruを開設

◆ 所属
━━━━━━━━━━━━━━━━━
第二東京弁護士会

どんな事務所ですか?

◆「優しさ」と「強さ」を大切に
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚男女問題、遺産相続、交通事故、企業法務、借金・債務整理、不動産問題など幅広い相談に応じています。
依頼者のための質の高いリーガルサービスを提供しています。

事件の解決への道筋は、本当に事件ごとにさまざまです。
初期段階では、事件がどう進んでいくのか、どんな結論になるか見えづらい事件もあります。

動いてみたら、思いがけないところから解決の糸口が見つかることもよくあります。
大切なことは、その時々で、最善と思われる一歩一歩を進めていくことではないかと思います。

依頼者に対する「優しさ」と、現実を確かに動かしていける「強さ」を同時に持った弁護士でありたいという思いで仕事に取り組んでいます。

◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●京成本線「お花茶屋駅」北2出口から徒歩3分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

◆離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚する場合は、離婚後の「未来」を考えることが大事だと思っています。

例えば、子どもがいる場合、
離婚しても子どもにとっては、2人が親であることは変わりません。
離婚した相手と子どもと自分が、
将来、具体的にどのような関わりをしているのかは、
離婚をするそのときに考えておくことが
未来を創ることにつながります。

相談を受けた方から、
「家を出ていくときに、相手が引越し作業を手伝ってくれました」という報告を受けたり、
離婚後に、相手方から「ありがとうございました」とわざわざ連絡をいただいたこともあります。

ケンカ別れではなく、思いやりのある別れ方もあります。

財産分与、慰謝料請求、親権、養育費などでお悩みの方はぜひご相談ください。


◆相続・遺言
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・不動産の相続で揉めている
・相続人と連絡がつかない
・遺言書作成を考えている

相続は「勝ち負け」ではありません。
「争い」ではなく「円満解決」を目指しています。
そのためには、相手側の話をしっかりと聞くこともあります。
長い年月からくる溝の深さはどうすることもできませんが、
双方の意見を聞き、双方が納得できる解決を探っていければと考えています。

遺産相続は弁護士と依頼人が長期でお付き合いする場合もあります。

「この人とは合いそうだ」と感じる部分がございましたら、ぜひご相談ください。


◆交通事故
━━━━━━━━━━━━━━━━━
事故にあった直後でも、損害賠償の「全体像の把握」が大切。

交通事故の損害賠償請求や後遺障害等級認定の異議申立てなど。

本来は被害者の損害回復のための保険であっても、
保険会社の担当者から心ない言葉をかけられたという話はよく聞きます。
被害の回復に必要なのは、本当はお金だけではないと私は思っています。

そのため、
後遺障害等級認定手続の活用を始め、
請求額の増額を図るとともに、
依頼者のお気持ちをよく聴いたり、
法律の仕組みを丁寧に分かりやすく伝えるようにしています。

請求している金額や内容、訴訟の進捗状況などを丁寧にお伝えする中で、
依頼者が安心感を持ちながら、事件が進んでいくよう心掛けています。

数字だけの問題として扱われるのでなく、
一人の被害者として、納得のいく解決をご希望であれば、
ぜひご相談ください。


◆企業法務
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・交渉のサポート
・契約書にトラブルに繋がる内容がないかチェック、修正
・覚書の作成、チェック
・取引先とのトラブル防止の相談、
・トラブル対応の相談
・訴訟等の対応

私には、250件以上の裁判手続の経験があります。
様々な争訟事案に関わるなかで、当事者の利害調整をし、依頼者の利益を実現する方法を学んできました。

トラブルはできる限り予防しつつ、起きたトラブルには迅速に対応します。
訴訟では依頼者の考えを力強く主張していきます。

経営者にとっても、実務担当者にとっても、
「友人のような気安さ」で相談できる身近で心強い弁護士でありたいと考えています。

ぜひ、パートナーにお選び頂ければ幸いです。


◆借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━━━━━━
自己破産・個人再生は「やり直し」のための手続きです。
借金という重荷を肩から下ろし、再び、歩み始めるための制度です。

法人・法人代表者の破産の場合、
状況を伺いながら、
何を優先し、何から取り組んでいくか、
アドバイスをしていきます。

破産しても人生は変わらずに続きます。

破産の後を見据えたサポートをご希望の方は、
ぜひご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7586-8579
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。