せき あやこ

関 理子弁護士

弁護士法人富士パートナーズ 富士パートナーズ法律事務所

京都市役所前駅

京都府京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル10階

対応体制

  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

zoomやFaceTimeでの面談も可能です。お問い合せは土日祝日も受け付けております。時間外や定休日でもメールをお送り頂ければ、出来るだけ早くご返信いたします。

相続・遺言

【揉めないための遺言書】【相続放棄・限定承認に期限あり】早期のご相談で円満な遺産相続へ。相続調査から遺産分割調停まですべてサポート。弁護士がチェックした公正証書遺言で最後の遺志を確実に残すお手伝いをいたします。

関 理子弁護士の相続・遺言分野での強み

◆ 依頼者の方のご希望に応じて柔軟に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・相続方法をめぐり親族間で揉めてしまった
・親が亡くなったので、手続きを弁護士に任せたい
・後で揉めないために遺言書をつくりたい
・親の借金が見つかったので、相続放棄したい

このように親族間で揉めてしまった方や、揉める前に弁護士に相談したい方からご相談をいただいています。
これまで仲がよかった家族でも遺産相続をきっかけに、揉めてしまうケースをみてきました。
依頼者の方のご要望に沿って、納得できる解決を目指します。


◆ 弁護士が法的な観点から最適な方法を模索
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇親族間で揉めてしまっているケース  
遺産相続は分配方法について、すべての相続人で十分に話し合う必要があります。
しかし相続人の中には、一度も会ったことのない疎遠の親族が含まれていることも多く、話し合いのスタートラインにすら立てないことも起こりえます。
弁護士に依頼することで弁護士が窓口となって各相続人のご要望をとりまとめ、互いの妥協点を見出すことができます。

◇揉める前に弁護士に相談するケース
身内の方が亡くなった際には、さまざまな手続きや遺産相続の話し合いなどやるべきことがたくさんあります。
遺言書の有無や相続人・相続財産を調査し、3ヶ月以内に相続の承認および放棄を決める必要があります。
弁護士に依頼することで書類作成・公的手続きに加え、遺産分割について適切にアドバイスを受けることができます。
     

◆ 残された家族が揉めないための公正証書遺言
━━━━━━━━━━━━━━━━━
たとえ遺言書が残されていたとしても、本当に本人の意思で書かれたものであるか疑問が生じる場合には、親族間で揉めてしまう傾向があります。
残された相続人が揉めないためにも、法律の専門家である弁護士にチェックしてもらうことで、正しい遺言書を作成することが大切です。
公正証書遺言の場合には、公証役場で公証人によって作成され、厳重に保管されます。
依頼者の方の思いを最大限に反映できるように、お手伝いさせていただきます。


◆ 相続放棄には期限があります
━━━━━━━━━━━━━━━━━
親や兄弟の借金や負債などが残されていた場合には、相続人が引き継いで返済を行わなければなりません。
マイナスの遺産を相続したくない場合には、相続放棄という手続きを3ヶ月以内に終えることで、請求を止めることができます。
相続財産の範囲以上の借金を相続しなくて済む「限定承認」という方法も、有効な手段といえます。
限られた期間内に手続きを完了できるように、早い段階で一度ご相談ください。


◆ よくあるご相談
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「他の相続人が親の財産を取り込んでいる」
「本来あるはずの相続分が、遺言で削られていた」
「親の死後に借金が見つかったため、相続放棄したい」
「遺産分割をするのに誰が相続人に該当するのかわからないので、調査をしてほしい」
「自身が死んだあとに家族親族間で、争いになってはいけないので遺言を作成したい」
「高齢になった両親が心配なので、成年後見人をつけたい」

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 相続や放棄の手続き
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 借金・負債の相続

どんな事務所ですか?

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車で来られる方
京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅
3-2番出口を上がって御池通りを東へ徒歩4分

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅
ゼスト御池8番出口を上がって御池通りを西へ徒歩2分

阪急電車京都線「烏丸」駅
13番出口を上がって柳馬場通りを北へ徒歩10分

京阪電車京阪線「三条」駅
12番出口を上がって御池通りを西へ徒歩10分

◇お車で来られる方
当事務所に駐車場はございませんので、近隣の時間貸駐車場(御池地下駐車場など)にお停めください。

<事務所住所>
〒604-8101
京都市中京区柳馬場通御池下る
柳八幡町65 京都朝日ビル10階
富士パートナーズ法律事務所

御池通沿い、柳馬場御池南西角の朝日新聞京都総局のビルです。


◆ご相談までの流れ
━━━━━━━━━━━━
【1】お電話又はメールにてご相談内容を確認させて頂きます。

【2】面談の日程を決めます。
 ※夜間、土日祝日も対応可能ですので、ご希望をお知らせください。

【3】ご予約の日時に弁護士がご相談、お悩みをお聴きします。

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。


◆ 事務所の理念
━━━━━━━━━━━━
【1】最善かつ正当な利益を実現する
当事務所は、クライアントの正当な利益を、最善の形で実現することを目指します。決して近視眼的になることなく、クライアントの立場やお気持ち、利害関係者との関係、社会的要請を含む具体的状況を的確に把握して、最善とは何かを大局的に見極めて、職務を遂行致します。

【2】個の力を結集し、しなやかで強い事務所を作る
当事務所のメンバーそれぞれが、各自の専門性と能力を高める努力を不断に行います。そうしたメンバーが互いに切磋琢磨し、活発に議論することで、各弁護士の多様な力を結集して、しなやかにして強い事務所を作ります。
当事務所は、専門家としての弁護士の軸足は法廷にあるべきだという信念の下、訴訟に強い事務所を目指しています。
訴訟の実像を熟知してはじめて法的リスクをリアルに予見することが可能となります。弁護士は、紛争の最終的解決手段である訴訟に対応できる専門家です。当事務所は、訴訟を通じて、精緻に論理を展開する力、事実を見極める力を高め続けることで、コンプライアンスや事業承継の仕組み作りなどの紛争性のないケースにおけるご相談にも、適切かつ柔軟な対応が可能になるものと考えています。

【3】 企業の自律を支え、自由な社会作りに貢献する
自らを信じて縦横無尽に経済的・社会的活動に取り組む企業に心から共感するとともに、その自律性と継続性に貢献したい、というのが当事務所の思いです。
企業の自律的な経営判断を迷いのないものにするため、必要なバックアップを行い、企業の永続的発展に貢献したいと考えています。こうした企業活動を支えることを通じて自由な社会作りに貢献することが、当事務所の最大の目標です。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-8916
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。