原 雅紀弁護士のアイコン画像
はら まさのり
原 雅紀弁護士
三愛川崎法律事務所
武蔵中原駅
神奈川県川崎市中原区下小田中2-18-17 第3中原ビル1階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • WEB面談可
注意補足

※相続、離婚、債務整理、労働者側の労働事件(未払い残業代請求・不当解雇問題に限る)、に関するご相談は初回30分無料とさせていただいています。 ※相談者様のお顔を拝見しながら真摯に対応させていただきたいという思いから,電話相談・メール相談は承っておりません。

相続・遺言での強み | 原 雅紀弁護士 三愛川崎法律事務所

【初回相談無料】【宅建資格あり】土地・建物の不動産が絡んだトラブルに強み。遺産分割/遺留分侵害額請求/相続放棄の各手続に精通。相続問題は感情的な対立が生じやすく、当事者間での解決は困難です。納得がいく相続を実現します。気軽にご相談下さい。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「遺言を残して、相続人同士のトラブルを未然に防止したい」
「高齢になった両親が心配なので、成年後見人をつけたい」
「自分の持っている財産を銀行ではなく、信頼できる家族に信託したい」
「遺産がどれくらい残されたのかが分からない」
「相続税があまりかからないようにするための遺産分割の方法を教えて欲しい」
「ほかの相続人が親の財産を取り込んでいる」
「不動産の分け方について揉めている」

弁護士に依頼することで公正かつスムーズな遺産分割が可能です。
相続トラブルを防ぎたい方もご相談ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】年間相談件数100件以上!宅建資格あり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は弁護士登録以来一貫して相続問題について特に注力をしており、前事務所時代は元家庭裁判所所長、元公証人、元家事調停委員等を歴任した弁護士の指導の下、
複雑な案件を含む豊富な経験と多数の解決事例を有しています。
遺産分割をはじめとして、遺留分侵害額請求、遺言無効、特別縁故者に対する相続財産分与など、幅広く解決してきました。
また、宅地建物取引士の資格も保有しているため、不動産の問題が絡む相続もお任せください。
相談者さまにとって少しでも有利な結果が得られるよう、迅速かつ丁寧に事案を進めてまいります。

【2】相談しやすい雰囲気作り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
法律に関するトラブルは、一生のうちに何度も経験するものではなく、弁護士に相談することはとても勇気がいることだと思います。
私は、勇気を出してご相談いただいた方には、全力でお答えしようと思っています。
また相続は感情的な部分が大きく関わる問題です。ご相談の際には、お話を遮ることは致しません。まずはじっくりとお話やお気持ちをお聞かせください。そのうえで、解決への見通しや今後の流れなどを丁寧にわかりやすくご説明します。

【3】初回相談無料!不動産の売却・査定も可
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相談者さまに弁護士の存在を身近に感じてもらえるよう、当事務所では初回相談を無料で行なっています。
また案件によっては税理士や司法書士と連携して問題解決にあたりますので、相続税や不動産が絡む相続もお任せください。
当事務所に隣接している不動産会社は父親が経営しており、不動産の売却や金額の査定なども受けられます。
事前にご予約いただければ休日や夜間の法律相談も可能です。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃相続トラブルを防ぐための生前対策が重要
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続トラブルは親族間で起こる問題であり、一度紛争に発展すると関係性の修復は困難になります。
相続トラブルを防ぐためには、生前の段階で相続に向けた対策をするのが有効です。
相続の生前対策といえば、遺言書作成や家族信託などが挙げられます。
しかし、いずれも民法や信託法といった規定を踏まえて設計しなくてはいけません。
弁護士に依頼することで、法的有効性が確保された生前対策が可能です。
また相続で問題になりやすい部分についてもアドバイスし、オーダーメイドの生前対策をご提案いたします。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃遠方の方もご相談ください
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ご依頼前にお越しいただく必要はありません
ご依頼前には、電話でのお問い合わせやWEB面談、弁護士が出張することも可能です。(出張相談は神奈川県内に限り、往復の交通費実費は頂きます。)

【2】ご依頼いただく際も郵送で対応できます
弁護士委任契約書と委任状を作成する必要がありますが、郵送やメール等でやりとりすることができます。

【3】こまめな打ち合わせも可能です
メール、電話、郵便、チャットなどの方法でご連絡します。

【4】交渉もお任せください
電話や郵便で、弁護士が関係者と交渉を進めます。

【5】訴訟も対応できます
訴訟は弁護士だけが裁判所に出頭すれば事足りるケースもあります。
また弁護士が遠隔地にある裁判所に出頭しなくても、事務所にいながら電話で裁判を進めることも可能です。

◾️事務所ホームページもご覧ください!
https://sanai-law.jp/

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続
電話でお問い合わせ
050-7586-3406
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。