濵門 俊也弁護士のアイコン画像
はまかど としや
濵門 俊也弁護士
東京新生法律事務所
人形町駅
東京都中央区日本橋人形町1-6-2 安井ビル5階
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
注意補足

【メール問い合わせ24時間受付中】裁判等で外出が多く、電話からのお問い合わせに対応できない可能性があります。メールにてご連絡いただければ、順次対応させていただきます。https://www.youtube.com/watch?v=dzRZIvA-wPQ

刑事事件の事例紹介 | 濵門 俊也弁護士 東京新生法律事務所

取扱事例1
  • 薬物犯罪
接近禁止が付いている被告人のため、被告人のお子さんの命を守るべく母乳を運んだ事案
依頼者は覚醒剤取締法違反の罪を犯した被疑者・被告人で、当職は国選弁護人となりました。
薬物事案でかつ共犯者(依頼者の夫)がいるとされる事案であったので、接近禁止が付いていました。依頼者は自身の無罪を主張していましたので、当職は接近禁止処分を解除するよう何度も準抗告を申し立てましたが、ことごとく退けられました。
依頼者は身柄拘束当時、お子さんを身ごもっていたのですが、留置施設内で出産してしまいました。超未熟児として生まれてきたお子さんはわずか500グラム。接近禁止が付いていたため、当職しか面会できない状況だったので、当職は、お子さんの生命を守るべく病院に母乳を届けました。
これを受けて、当職は、接近禁止を解除せよと準抗告を申し立てました。本来の弁護活動を阻害するのかと断固たる決意で準抗告の書面を起案したのを覚えています。
さすがに、裁判所もようやく接近禁止を解除してくれました。
コメント
刑事事件は、情熱や気合がないと担当することはできません。それは、私選でも国選でも変わることはありません。誠心誠意取り組ませていただきます。
電話で面談予約
050-7587-5623
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。