いしかわ ともみ

石川 智美弁護士

弁護士法人翠 川口事務所

川口駅

埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル6階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

※法テラスの利用については、案件によって利用不可の場合もございます。ご了承ください。

「明るい未来を目指し、手厚いサポートを」

弁護士法人翠(みどり)の代表弁護士の一人である石川 智美(いしかわ ともみ)弁護士。
豊富な経験とたゆまぬ自己研鑽を武器に依頼者の期待に応え、事務所を成長させてきました。
そんな石川先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけなどをお聞きしました。

01 弁護士としての実績

債務整理や離婚問題に精通。目先の問題解決だけでなく、依頼者の未来を考えてサポートいたします


――石川先生は、これまでどんな案件に対応してきましたか?

借金問題や離婚問題、相続問題、交通事故などに対応してきました。
最近では、周辺地域の企業様からの顧問のご依頼や、契約上のトラブル対応、契約書類のチェック・作成などの企業法務も増えています。


――幅広く対応している中でも、経験豊富な分野や注力している分野はありますか?

借金問題は、個人の方から、個人事業主、法人代表者の方の相談まで、数多くかつ幅広く取り扱ってきました。
申立人の代理人としてだけでなく、裁判所から任命され破産管財人の立場として事件に当たることもあります。
自己破産や民事再生の手続きは、法律だけでなく、手続き上の運用もきちんと把握していないと、依頼者が想定外の不利な事態に立たされてしまうことがあります。
逆に、これらを熟知していれば、先回りした対応でお客様の利益を最大限守ることも可能です。
そういう意味で、私の経験や日々の研鑽は非常に役立っています。
また、債務整理と一言で言っても、取り得る手段は沢山あります。
お客様には、「家に住み続けたい」「家族、会社には内緒にしたい」「取引先などの債権者に知られたら、何をされるかわからない」「従業員にできるだけ迷惑をかけたくない」など、それぞれにご希望、ご事情がございます。
それらを細かくうかがった上、これまでの知識や経験をもとに、最善の解決策をご提案させていただいています。
もうひとつ、離婚問題も以前から力を入れている分野のひとつです。
離婚問題だけで毎月多くのご相談をいただいております。


――離婚問題における石川先生の強みとはどんな点でしょうか?

私の場合、離婚協議で揉めているというお客様だけでなく、「離婚したいがどうしたらよいかわからない」「不安があり踏み出せない」といったお客様からの相談も数多くいただきます。
相手方に知られる前に、水面下で準備をした方がよいことが実は沢山あります。
マル秘なのでここでは申し上げられませんが(笑)、交渉を有利に進めるための「作戦」に関して引き出しを沢山持っている、という点は強みと言えるかもしれません。
つい先日も、相手方の油断に乗じてぐうの音も出ない浮気の証拠を掴み、非常に有利な示談ができたケースがありました。


――こじれる前から先生に相談することで、より良い解決ができるということですね。

はい。別居をする前であれば、把握したい資料にアクセスすることもできますし、相手に浮気が疑われる場合は確実な証拠を掴む作戦を立てることもできます。
また、別居にあたっては、住居、収入を確保しながら、安全かつスムーズに別居できるようお手伝いができます。
別居後の生活を調整することは、離婚後の生活をシミュレーションする意味もありますので、非常に有意義なものです。
もちろん、どの段階からでも介入してお助けできるという自信はありますが、より早くご相談いただければ、将来に向けた作戦をご一緒に考えながら、よりよい状態で交渉に持ち込むことができると思います。

02 当法律事務所について

気軽に相談できる身近な法律事務所を目指して


――翠(みどり)という事務所名にはどのような想いが込められているのでしょうか?

「翠」は、鳥の「カワセミ(翡翠)」から名付けました。
カワセミの美しいエメラルドブルーの羽色は「純粋で汚れのないもの」を表すと言われています。
「汚い仕事はしない」つまり、お客様に対しては常に誠実なお仕事をすること、事務所の方針としても「ズルいこと」はしないこと、これを自分達の行動規範にしよう、という想いでこの名前を選びました。


――代表弁護士として、弁護士法人翠はどのような事務所でありたいと考えていますか?

ときどきお客様から「別の事務所では、担当の弁護士とあまり話ができなかった」といったお話を聞くことがあります。
事務所運営において効率化を重視すると、お客様と弁護士との関係性は希薄化することになりがちです。
特に大きな事務所では、多数の案件を効率よくさばく必要があるため、このようなことが起こりやすいのではという気がします。
しかし、お客様が、「自分の弁護士に話を聞いてほしい」と思われるのは当然のことですし、そうでなければ安心感も得られません。
また、弁護士でなけれは気づけない重要なポイントがふとしたお話の中に出てくることもあります。
そのため、私たちの事務所では、弁護士がお客様にとって身近な存在であること、何でも相談していただけるような関係を築くこと、を重視しています。
自分達の事務所のことを「結果を出せる強い事務所」と表現することがありますが、このような姿勢が強い事務所を作っている要因の一つだと思います。


――弁護士法人翠の強みはどんなところでしょうか?

当事務所に所属する弁護士たちは、能力の高さはもちろんですが、お客様のためによい仕事をしたい、という熱意やプライドを重視して集めた弁護士たちです。
弁護士の仕事は、お客様から見た時に、どれだけ頑張っているのかが非常にわかりにくい仕事です。
弁護士が適当に済ませようと思えば、お客様にわからないようにいい加減な仕事で終わらせてしまうことができる、とも言えます。
そのため、お客様にとっての「よい事務所」を作ろうと思えば、個々の弁護士の志しは非常に重要な要素になると思います。
当事務所では、忙しい中でも、弁護士全員で定期的に勉強会を開き、研鑽を積んでいます。
また、個別の案件について皆で知恵を出し合って熱く議論することも少なくありません。
そういう意味で、当事務所の強みは、所属する弁護士一人一人だと思います。

03 弁護士を志したきっかけ

探偵に憧れた学生時代。


――石川先生が弁護士を志したきっかけを教えていただけますか?

子供の頃から探偵モノの推理小説が好きで、将来はホームズやポアロのような探偵になりたいと憧れていました。
私が好んで読んだ小説には、探偵の活躍によって、登場人物の人生そのものが良い方向へ変わっていく、というストーリーが多くありましたので、「苦しんでいる人の人生を明るく変える正義の味方」というのが私の中の「探偵像」でした。
その後、弁護士になろうと思ったのも、「人の人生を明るく変えられる力が欲しい」という想いからです。
弁護士に相談に来るお客様は皆さま何かしらの問題を抱え悩んでいらっしゃいます。
そういう方が、事件が解決した後、明るい笑顔で事務所を出ていかれることが、私にとって最高の瞬間です。


――依頼者から相談を受けるときに意識していることはありますか?

お客様のご事情やご希望をできるだけ細かく把握することは一番に意識しています。
そのために話しやすい雰囲気を作ることも大事ですが、私の場合、最初緊張しているお客様もすぐに打ち解けて下さって色々なお話ができるので、その点は助かっています。


――自然体のままでとても話しやすいお人柄だと思います。いい意味であまり弁護士らしくないですね。

確かに依頼者の方から「話しやすい。なんでも話せる」と言ってもらえることは多いです。
丸顔に安心してくださるのでしょうか(笑)
しかし、相手方とやり合う姿を知っている仲間うちでは、「石川は怖い」と言われることもあります。
事務所内で一番怖いのは実は私だという話も・・。
自分自身意識していませんが、お客様のためにベストの仕事を、といつも思っていますので、戦うべき場面では自然とスイッチが入っているかもしれません。

04 悩みをもつ人に伝えたいメッセージ

あなたのこれからの人生を長い目で見てお支えいたします


――話は外れますが、プライベートはどんな風に過ごしていますか?

最近家を新築しまして、庭づくりを楽しんでいます。
自然が好きなので、週末は自宅で緑と触れ合い、癒されています。


――ありがとうございました。最後に悩みを抱える方に向けてメッセージをお願いします。

債務整理、離婚、相続、企業トラブルなど、どのような問題も、目先の問題だけでなく、長期的なストーリーを描いて進めることで、前向きな未来が実現できると思います。
そのためにも、早いうちから弁護士が関わることが大切です。
ご依頼者様が心から納得できる解決を目指し、そして、事件が終った後は、未来に向けて明るい気持ちで再出発を切れるよう、全力でサポートさせていただきます。
ぜひお気軽にご相談いただければと思います。
電話でお問い合わせ
050-7586-7079
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。