にしむら まこと

西村 誠弁護士

西村誠法律事務所

長野県松本市島立857-1 ミナミビル302
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

【専用駐車場あり】【信濃荒井駅徒歩10分】【初回面談無料】ご相談者様の味方となり、不安を解消し、権利を守り、紛争解決を目指します。 丁寧にお話しを聞き、最善の方針を見つけるようにします。【法テラス利用可能】【夜間/休日対応可能】お気軽にご相談下さい。

どんな弁護士ですか?

◆自己紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者の方の中には、人生を左右するような紛争を抱えて弁護士に相談に来る人も多いと思います。
弁護士の仕事は、そのような依頼者の方の利益を守りながら紛争を解決する責任の重いものだと思います。
私は、そういった依頼者の方の利益を常に考え、
「依頼者の方のためにはどういった紛争の解決の仕方がよいのか」
「依頼者の方が幸せになるにはどうすべきか」
といったことを常に意識して仕事ができる弁護士でありたいと思います。
そして、そのためにも常に勉強をし、弁護技術を磨き、個々の事案に適切に対処する能力を維持できるよう努力したいと思います。


◆メディア紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・テレビ信州「ゆうがたGet 法律教えて西村先生」のコーナーを担当(令和2年3月まで)
・テレビ信州にて法律問題等について解説(不定期)
その他、テレビ番組の台本監修多数


◆目標とする弁護士像
━━━━━━━━━━━━━━━━━
司法試験に合格した後、私は、司法修習生として、高知県の法律事務所で勉強をしました。
司法修習とは、司法試験に合格した後、実務に出る前に、全国各地の裁判所、検察庁、法律事務所で研修をすることです。
修習先の法律事務所の先生から毎日厳しく指導を受けながら、その先生の仕事を間近で見ることできました。
先生は、依頼者だけでなく、裁判所や他の事務所の弁護士からも非常に信頼されている先生でした。
それは、先生が常に依頼者のことを考え、依頼者にとって何が必要かを考えているからと、私なりに理解しました。
また、先生は、弁護士にとって、日々勉強することの大切さを教えてくださり、先生自身も、日々の勉強を欠かさない先生でした。
私も、日々勉強を続け、依頼者から信頼される弁護士を目指しています。


◆経歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
長野県松本市出身
長野県田川高等学校卒業
大阪市立大学卒業
神戸大学大学院法学研究科修了
平成26年司法試験合格
第68期司法修習(高知修習)
令和2年3月まで、弁護士法人アディーレ法律事務所松本支店支店長
令和2年4月、西村誠法律事務所設立


◆資格
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士
行政書士

どんな事務所ですか?

◆事務所理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━
困ったときに、気軽に相談できる法律事務所を目指します。
依頼者の味方となり、不安を解消し、権利を守り、紛争解決を目指します。
依頼者の話しを聞き、最善の方針を見つけるようにします。


◆ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちは、「地域住民みなさまの身近なパートナーでありたい」をモットーに、長野県松本市に新たな法律事務所を開設いたしました。
困ったときに、気軽に相談できる法律事務所を目指します。
依頼者の味方となり、不安を解消し、権利を守り、紛争解決を目指します。
依頼者の話しを聞き、最善の方針を見つけるようにします。
あなたの信頼できる身近なパートナーとして、問題を一緒に解決いたします。


◆目指すのは信頼できる身近なパートナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで、弁護士に相談するのを躊躇していた方もいるかもしれません。
実際、これまで相談に来ていただいた方の中には、「相談の前日に寝られなかった」「事務所の前まできたけどそのまま帰ろうと思った」という方もいらっしゃいました。

しかし、弁護士も特別な存在ではありません。
私は弁護士になる前、アルバイトで生計を立てていた時期もありました。
その時、友人が理不尽な目に会い困っていても、当時の私には何も力がなく力になることができませんでした。
「目の前で困っている人がいれば、その人の力になりたい。しかし、そのためには自分も力がないと何もできない。困っている人を助けられるような力を持とう!」
そう考えた私は、弁護士になるための勉強を始めたのです。

そのような経歴からも、「トラブルに巻き込まれて困っているけど、どうしたら良いか分からない。」という方の気持ちも理解できるつもりです。
トラブルに巻き込まれた、自分の権利が侵害された、その他、どうしたらよいか分からないという悩みがある方は、一度、ご相談ください。
もちろん、弁護士にもできることとできないことがあります。
その場合は、可能な限り他の業種等への相談を案内し、お断りさせていただくこともあります。
しかし、まずは相談していただかないと、弁護士が力になれることなのかどうかもわかりません。
「こんな相談をしてもよいのだろうか?」と悩まずに、まずはご相談ください。

※取り扱い業務の記載のものは、主なものです。そこにないものも対応可能なことがありますので、ご相談ください。


◆事務所概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━
令和2年4月に、松本市島立で開業しました。
営業時間は原則平日9:00~18:00ですが、相談者の方の都合に合わせて土日祝日の相談、打ち合わせも可能です。
土日祝日の相談に特別料金はかかりません。
入院中等事情があり事務所までご来所できない方は、出張相談も可能です。
※出張相談の場合も初回相談料は無料ですが、出張費5,500円(税込。長野県内の場合)をいただきます。

すべての相談に、テレビ信州ゆうがたGet「法律教えて西村先生」のコーナーでおなじみの西村弁護士が相談を受けます。
※法律教えて西村先生への出演は、令和2年3月までです。
個人の方からの相談も、事業者や法人の方からの相談も可能です。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇車でお越しの方
国道158号線を松本駅方面からお越しの場合、「合同庁舎入口」の信号を右折(松本インター方面からお越しの場合は左折)してすぐに左側にある3階建てのビルです。
ビルの裏側の8番の駐車スペースか、ビルの正面の空きスペース(看板の下等)に停めてください。

◇電車でお越しの方
・松本電鉄上高地線「信濃荒井駅」徒歩10分
・松本電鉄上高地線「大庭駅」徒歩10分

◇バスでお越しの方
・バス停「合同庁舎前」から徒歩5分
・バス停「松本IC前」から徒歩5分

◇住所
長野県松本市島立857-1 ミナミビル302

事務所の特徴

  • 駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇債務整理とは
借金を返済できなくなった場合に、借金の減額免除や、無理のない返済内容に変更してもらう手続きです。
裁判所を使う法的整理と、裁判所は関わらない任意整理があります。それぞれメリットデメリットがありますので、相談者の状況に応じて、適切な方法を提案します。
当事務所が受任し、受任通知(弁護士が介入し、債務整理を始めたという通知)を送ることで、貸金業者からの取り立ては止まります。
「貸金業者からの取り立てがつらい」という方は、早めのご相談をお勧めします。
その他、「借りたものはなるべく返したい」というお気持ちの方も、依頼者の希望に合う手続きを弁護士と一緒に考えましょう。
債務整理には主に破産、個人再生、任意整理がありますが、手続きの具体的な内容は相談に来所していただいた際にご説明いたします。

◇重点取扱分野
・自己破産
・個人再生
・任意整理
・過払金返還請求
・時効援用


◆相続・遺言
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇相続人やその他親族とのトラブル
「自分の家族が亡くなったのに関係のない親戚が遺産の権利を主張している」
「遺産を勝手に使われてしまった」
「遺言書があるので遺産はもらえないといわれた」
「亡くなった方の面倒を見ていたのにもらえる遺産が少ない」
等々の遺産や相続のことでお悩みでしたらご相談ください。
誰が相続人になるのか、もらえる相続分はどのくらいなのかというのは法律に規定されています。
それら法の規定も考えながら、一番良い解決策を探ります。

特定の人にすべての遺産を相続させるような遺言書があっても、相続人には一定の相続分が保証されています。
これを、遺留分といいます。
そのため、遺言書の内容にかかわらず、一定の遺産を請求できることがあります。

また、遺言書自体が本当に有効かも確認する必要があります。
遺言書は、亡くなった方の最後の意思表示なので、その形式が厳格に決められていて形式に従っていない場合は無効になることがあります。
そのため、自分に不利な遺言書が残っていたとしても、その遺言書が本当に有効かを確認する必要がありますので、まずはご相談ください。

相続についてよくある誤解として、お嫁に行った場合は相続できない、長男が優先する等を耳にします。
しかし、法は兄弟姉妹を差別するようなことは規定していません。お嫁に行っても親子は親子です。長男と末っ子でも違いもありません。

◇重点取扱分野
・遺産分割
・遺言書
・相続放棄


◆労働・雇用
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇重点取扱分野
・未払賃金/残業代等の請求
・不当解雇


◆離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「離婚したいのに相手が応じてくれない」
「子どものために養育費を支払ってもらいたい」
「子どもと面会したい」
「配偶者が浮気をしているので慰謝料を払ってもらいたい」
等々、夫婦のことでお悩みでしたらご相談ください。

不貞の慰謝料を請求されている場合も、相談可能です。
不貞の慰謝料とは、配偶者の不貞(浮気)によって家庭が壊されてしまった場合に、不貞相手や配偶者に慰謝料を請求することです。
不貞をしていないのに疑われて請求されている場合や、不貞自体事実として認めるけど、請求されている金額が適切なのか分からないという相談や依頼も可能です。
その場合は、請求自体退る、または、適切な金額まで減額する交渉をすることになります。


◆交通事故
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「保険会社からの和解金の提示が納得できない」
「後遺症が残るといわれたがどうしたらよいのか」
等々、交通事故に関することでお悩みでしたらご相談ください。

交通事故にあうと、保険会社から一定の金額を支払う内容の和解提示があります。
その場合に、自分が事故にあってつらい思いをしたのに本当にその金額でよいのか良く考える必要があります。
特に、後遺症が残ってしまった場合、これからの人生を、後遺症を負って生活するのに、本当にその金額でよいかはしっかり考えなくてはなりません。

ご相談いただき、保険会社からの提示金額が適切ではないという場合に、弁護士が交渉することで保険金が増額になることがあります。



◆刑事事件・少年事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士はあなたの味方です。
世界中の人があなたを犯罪者と非難して厳罰を求めていても、最後まであなたの味方をするのが刑事弁護人です。

・逮捕拘留されている場合
・逮捕拘留されていない場合
・起訴前
・起訴後
いつでも大丈夫です。
お早めにご相談ください。


◆その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇一般民事事件
「権利を侵害され被害にあったので訴えたい」
「他人から身に覚えがない請求を受けている」
「裁判所から通知が来ているけどどうしてよいかわからない」
等、法律問題が関係していれば相談は可能です。
特に、裁判所からの通知を放置しておくと今後争えなくなる可能性があるので、早目に弁護士に相談することをお勧めします。
電話でお問い合わせ
0263-31-0278
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。