いがらし りえ

五十嵐 里絵弁護士

辻山・五十嵐法律事務所

東京都豊島区西池袋1丁目7-10 ビルドT9ビル6階
対応体制
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能

どんなに深い闇に見えても、一筋の光は必ずあるものです。あなたの大切なものを守りたいとき、私にはお伝えできることがあります。共に光に向かって歩いていきましょう。 弁護士は、悩むあなたの強くて優しい最強・最良のパートナーです。

どんな弁護士ですか?

弁護士は、悩むあなたの強くて優しい最良・最強のパートナーです

■弁護士は「相性」
法律トラブルを抱えてしまって弁護士を選ぶことになったときに、とても大切なのは「相性」だと思います。
弁護士を動員しなければならないようなトラブルの場合、解決までにはそれなりの時間もかかるし、話すのが辛いような事情を打ち明けなければならないこともあります。「相性」のよくない弁護士に頼んでしまうと、ストレスが増えてしまうことになりかねません。
だから、私は、お客様とお話する時間をとても大切にしています。まずはたくさん話をしてみて、その上で「相性が合うな」と思っていただけたときに私にご依頼ください。「なんか話が通じにくい人だな」と思われるときは、納得がいくまで話してみましょう。
■すぐにご依頼いただく必要はありません
 お客様に十分に「相性」をみきわめていただくことが何より大切だと思っていますので、1回のご相談ですぐに案件をご依頼いただく必要はありません。ケースによっては、段階に応じて弁護士に相談しながら、ご自身で進めることができることもありますので、実際にご依頼いただくのは十分に機が熟してからにされるべきだと思っています。「弁護士に会ったら、いきなり高い弁護士費用を払わなければいけないの?」という心配はご無用です。
■私の目指していること
弁護士は法律の専門家ですが、私は弁護士がお客様に提供するサービスは法律問題の解決だけではないと考えています。そのため、ひとりひとりのお客様のお話を丁寧にお聞きした上で、それぞれのご要望と問題の解決のためにもっとも適した法的手段をご提案することは当然ですが、私が傍にいることで、トラブルが原因で荒れてしまったり、混乱してしまったりした気持ちが落ち着いて、お客様が前を向いて進めるようにできたらと思っています。
 そして、お客様に最大の満足を提供するために、
・徹底して寄り添う共感力
・知識を総動員して自由に考える創造力
・粘り強い意思で実現する行動力
私は、この3つの力で、すべてのお客様の最良・最強のパートナーになります。
■私について
 私は生まれこそ東京都内だったのですが、10歳のときに茨城県に転居し、思春期を茨城県で過ごしました。18歳のときに大学進学のために上京してから25年が経ちましたが、今でもどこかあか抜けないのが若干のコンプレックスです。
 大学時代は文学部で社会学を専攻し、熱い正義感を抱いて新聞社に入り、わずかな期間ですが新聞記者として働きました。ただ、大きな正義を語るより、一人一人の人間に向き合うのが自分に合っていると感じて退職。そこから苦節約10年間の浪人兼フリーター生活を経て、弁護士になりました。
 40代も半ば近くになろうとしていますが、いつまでも暑苦しい正義感を胸に、お客様と共にありたいと思っています。

どんな事務所ですか?

活気と多様性あふれる池袋の法律事務所です

辻山・五十嵐法律事務所は、JR,地下鉄、西武、東武と複数の路線が乗り入れるターミナル、池袋駅西口より徒歩2分の場所にあります。
池袋駅西口を出て直進し、角にマルイのある「西口五差路」を左折して劇場通りを進み、東京芸術劇場を過ぎたところの角にあるビル(1階が写真屋さん45)の6階です。

■秘密は厳守いたします■
 お客様のご相談は、完全個室で承ります。外部に漏れる恐れはありませんのでご安心ください。
■リラックスできるスペースを目指して■
 8階で窓も大きいので、事務所内は明るく、晴れている日には青空が目に飛び込んできます。
お客様にリラックスしていただけるよう、インテリアやアロマなどに工夫を凝らしていますので、皆さまがイメージされている法律事務所とはちょっと違う雰囲気になっているのでは・・と思います。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談

こんな相談ならお任せください

直通での迅速なコミュニケーションを心がけています。

 現在、個人のお客様と法人のお客様の比率は大体6:4。
■個人のお客様へ
 個人のお客様にご依頼いただくことが多く、私自身、経験と知識に自信を持っているのは、離婚と相続に関する案件です。どちらの案件でも、解決までにはそれなりの時間がかかることが多く、また他人ではなく家族あるいは親族との間のデリケートな問題をお話いただくことが避けられないことも多々あります。そのため、私は、まずお客様とじっくりお話をして、お客様に相性を見きわめていただくようにしています。
■離婚問題について
【じっくりお話をお聞きします】
離婚を考え始めてから、あるいは離婚を決意されてから、最終的に離婚が成立するまでには、協議、調停、裁判まで様々な段階があり、夫(妻)との関係、お客様のご心境などによっては、いきなり弁護士をつけなくても、ご自身で離婚に向けての手続を進められる場合もあります。私は、お客様のお話を丁寧にお聞きし、それぞれのお客様に対してどの段階から弁護士を入れるかを含め、様々な選択肢ご提案するようにしています。
【離婚問題の解決には自信があります】
離婚後の新しい人生の形を作り、新しい生活の基盤を固めるために、お子様のこと、お金のこと、お住まいのことなど、きちんと決めておかなければならないことが実はたくさんあります。離婚に伴うこのような数々の複雑な問題を適切に解決するためには、離婚問題を数多く経験している弁護士に依頼することがとても大切です。私は、お客様のご希望をじっくりお聞きしたうえで、蓄積してきたノウハウを駆使して、ご納得いただける解決を提供いたします。
【離婚の決心がつかない…そんな方もお気軽にご相談ください】
「離婚する決心がつかないままに相談しても良いですか?」といったご心配をされる方もいらっしゃいます。そんな場合、弁護士から離婚に伴い発生する手続きや、メリット・デメリットを具体的に知ることで道が開けてくることは多いものです。ご相談の結果、離婚はしないという決心をされる方もたくさんいらっしゃいます。安心してご相談ください。

■相続問題について
【解決までしっかりと寄り添います】
 相続問題には、遺言の作成や相続税対策などの事前の対策から、遺産分割を巡る深刻な争いに発展してしまう場合まで、ほんとうに様々なケースがあります。場合によっては、弁護士に適宜相談しながら、ご自身で進めることが可能なこともあります。私は、お客様のお話を十分にお聞きしたうえで、どのタイミングで、どの手続をとるべきか、いつ弁護士に依頼すればよいかなど、お客様にとって最も有利で、ご納得いただける解決を導けるようアドバイスいたします。
 ご依頼いただいた場合には、お客様の不安を可能な限り払拭し、安心してお任せいただけるよう誠意を尽くして、最後までお客様にしっかりと寄り添います。
【相続問題ならお任せください】
 相続分野には複雑な法律問題が多く、また手続や交渉の進め方によって、解決までの時間、場合によっては結論にも大きな差が出る場合があります。これまで相続関連の書籍執筆にも携わり、多数の相続問題に取り組んできた弁護士として、お客様に最大限ご満足いただけるよう力を尽くします。
【専門家と連携しています】
 相続問題では、税理士、司法書士など他士業の力を必要とすることも多々あります。当事務所では、これまでも多数の案件を共にしてきた、信頼できる他士業の方と連携し、お客様のご要望にお応えいたします。

■法人・事業主の方へ
企業の利益を最大化するための戦略的ビジネスパートナーとして利益を最大化するためのサポートをしています。
企業において、法務は通常では収益を生むセクションだとは考えられていません。しかし、企業にとって、法的リスクが顕在化したときの打撃ははかりしれないものがあり、 法的リスクを最小化することは、企業活動が生みだす収益を守ることになります。
当事務所では、売買、請負、業務委託、賃貸借、フランチャイズ、製作物供給等さまざまな取引契約にまつわる紛争から顧客クレーム、労務、事業承継、倒産まで幅広く、様々なご依頼をいただいています。
確かな実績キャリアがあるからこそ、現場感、スピード感をもった対応が可能です。
ストレスのない相談体制を実現するために、常に直通での迅速なコミュニケーションが可能な環境を整えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ
03-6912-8801
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。