やの けんじ

矢野 謙次弁護士

弁護士法人東京パブリック法律事務所

東京都豊島区東池袋1-34-5 2階
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 休日面談可
  • ビデオ面談可

家族紛争・子の紛争、労働問題、中小企業法務、外国人事件等の一般民商事・行政事件に対応しております。

どんな弁護士ですか?

【個人ウェブサイト】
詳細なプロフィール等は、下記ウェブサイトをご覧ください。
日本語:https://kyanolaw.com/
英語:https://kyanolaw.com/en/

【自己紹介】
東京パブリック法律事務所所属。英国ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン法学修士。
日本の法律事務所(企業法務及び家族紛争)と英国ロンドンの法律事務所(ハーグ条約をはじめ国際的に著名な国際家族法専門法律事務所)における勤務経験があり、日本語と英語に対応しております。

<取扱業務>
①国内及び国際的な家族と子に関わる諸問題
※夫婦・離婚、子の紛争(ハーグ条約関連案件を含む。)、相続・遺言、高齢者。
②労働問題
③中小企業法務
※特に危機管理・不祥事対応、独禁法・下請法)
④外国人に関わる諸問題
⑤その他一般民商事・行政事件。

<研究活動>
子の福祉及び利益を専門とし、以下の研究をしています。
①外務省委嘱による海外の家族法研究
②子の福祉又は子の最善の利益の理解に関する研究
※ケアの倫理を応用し、公正かつ公平な関係こそが重要であるとする「関係的福祉理論」又は「関係的アプローチ」と呼ばれる考え方の提唱・研究も行っており、各種論文も発表しております。

<基本信念>
私は、人間の本質はお互いに支え合うことに見いだされ、法の役割は、互いに個人として尊重し支え合う関係、特に透明性のある公正かつ公平な関係を保護・促進することにあると考えています。これと対極にあるのは、支配的、抑圧的、搾取的又は虐待的な関係であり、弁護士の役割は、個人又は事業者をこうした不当な関係から解放し、社会の中で取り残されないよう支援することにあると考えています。

<最後に>
人は一人で生きていくことはできません。もしあなたがいま、何かお困りのこと、お悩みのことがある場合には、どうかお一人で抱え込まれることなく、お気軽にご相談、お問い合わせください。皆さまの最善の利益の実現のため、微力ながら全力で支援・サポート致します。

法律Q&Aへの回答実績

総回答数

25

39

3

矢野 謙次 弁護士が回答した法律Q&A一覧

電話でお問い合わせ
03-5979-2880
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。