かとう しょうた

加藤 正太弁護士

未来創造弁護士法人 横浜オフィス

横浜駅

神奈川県横浜市西区高島1-2-5 横浜ゲートタワー3階

対応体制

  • 休日面談可
  • 夜間面談可

行政事件

【横浜駅から徒歩6分】独占禁止法・下請法/廃掃法/建築基準法など行政事件のことでしたらお任せください。法解釈能力に自信があります。処分を受けてから結果を覆すことが難しい行政事件、おはやめに弁護士にご相談ください。

加藤 正太弁護士の行政事件分野での強み

◆独占禁止法・下請法の著書を執筆し、法解釈に自信あり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・新規事業を始めたいが、法規制に引っかからないか不安
・新規事業を始めようと思い、行政に相談に行ったが明確な回答を得られない
・官庁ごとに言っていることが違う
・市から建物の使用制限命令を受けたが、納得いかない

このようなことがございましたら、すぐに弁護士にご相談ください。
私は司法修習時代に、自治体の顧問をしている弁護士の下で修行をしていた時期や、公正取引委員会での研修の経験をもとに、行政事件の案件を数多く解決へ導いてきました。
行政事件は、過去の文献を調べて対応するだけでは解決できない分野です。
行政の考え方や法律の運用の仕方を熟知し、弁護士独自の力、法解釈能力が試されます。
私はこれまで複数の行政事件を経験しており、独占禁止法・下請法の著書も執筆しています。


◆行政指導を受けた段階でご相談いただきたい理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行政指導を受けた段階で、おはやめに弁護士にご相談ください。
処分を受けてからでは、基本的に結果を覆すことが難しいのが行政事件だからです。
ですので、処分をされる前にご相談いただきたいと思っております。
研究者も多くて事例も多くある、民法や刑法に比べると行政事件は、事例の蓄積数は圧倒的に少ないですし、研究している専門家もあまりいません。
行政事件は行政側の解釈が、ほとんど公式見解みたいに成り立っているところがあります。
本来であれば法律の解釈というのは、行政側の解釈だけではありません。
法律の規程そのものから読み解いていくものです。
弁護士独自の力、法解釈能力、そこが試されるのがこの分野の特徴です。
行政事件の解決実績豊富な弁護士に、一度ご相談ください。


◆安心のサポート体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や土日祝日、夜間(20時まで)のご相談に対応しております。状況によっては、お電話でのご相談も可能ですので、まずはお問い合わせください。

【2】全国出張対応可
遠方の案件であっても、出張相談にて対応いたします。フットワーク軽く対応いたしますので、安心してお任せください。


◆主要著書
━━━━━━━━━━━━
『独占禁止法・下請法 豊富な事例で分かる違反行為の判断基準と実務上の留意点』
(第一法規、平成31年、共著)

『専門実務研究第13号』
(神奈川県弁護士会、平成31年、共著)独占禁止法審査手続と「秘匿特権」


◆ 重点取扱案件
━━━━━━━━━━━━
・独占禁止法・下請法関連事件
・廃掃法関連事件
・建築基準法関連事件

行政事件分野での相談内容

相談・依頼したい内容

  • 行政訴訟
  • 自治体法務
  • 固定資産税
  • 自治体や学校などへの損害賠償・慰謝料請求
  • 国家賠償請求

事件の種類

  • 行政救済
  • 住民訴訟
  • 抗告訴訟(処分取り消し等)
  • 学校トラブル・いじめ問題
  • 許認可の問題
  • 土地収用や再開発
  • 公的年金の問題

相手の特徴

  • 国や自治体
  • 教育委員会・学校

どんな事務所ですか?

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
JR横須賀線 横浜駅 徒歩6分
JR東海道本線(東京~熱海) 横浜駅 徒歩6分
JR湘南新宿ライン 横浜駅 徒歩6分
みなとみらい線 新高島駅 徒歩2分

〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島1-2-5
横浜ゲートタワー3階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり
電話でお問い合わせ
050-7586-6301
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。