すぎしま けんじ

杉島 健二弁護士

すぎしま法律事務所

岐阜県岐阜市神田町1-8-4 プラドビル7A
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
注意補足

交通事故や相続問題の初回相談料は無料です。その他の相談料も、ご依頼をいただいた場合は着手金の一部といたします。交通事故については、着手金の後払いや分割払い、弁護士費用特約の利用なども可能です。

市民や中小企業のための法律事務所です。弁護士15年目です。 交通事故や相続などの相談料は、初回無料です。 交通事故などの民事事件や、相続などの家事事件を解決してきました。特に交通事故では多くの後遺障害事故や死亡事故を解決してきました。

どんな弁護士ですか?

弁護士が、あなたの正当な権利を護ります。
◆ ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士経験15年目。
市民の皆様や中小企業のための法律事務所を開設して11年目です。
交通事故ではは被害者側に立ち、多くの後遺障害事故や死亡事故を解決してきました。
その他、遺留分や遺産分割などの相続事件、労働事件、不動産問題などの民事事件や、離婚事件を解決してきました。

また、これまで裁判所から、数多く成年後見人や保佐人に選任されてきたことに加え、高齢者や障害者の問題にも取り組んでいます。

旧優生保護法や薬害の弁護団にも所属しています。

弁護士一人の小さな事務所ですが、一つ一つの事件や依頼者の方を大切にしていきます。

◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1970年5月5日 岐阜市に生まれる
2016年10月  弁護士登録
2010年2月   勤務事務所を独立して、現在の「すぎしま法律事務所」を開所


◆ 趣味/人となり
━━━━━━━━━━━━━━━━━
趣味は、読書と旅行です。

どんな事務所ですか?

事務所のあるビルのすぐ前が「岐阜市役所南庁舎」のバス停です。
事務所は、岐阜市柳ケ瀬から北へ約200メートルです。
事務所のあるビルは、岐阜市役所南庁舎の東側(長良橋通りの東側)で、ビルのすぐ前が「岐阜市役所南庁舎」のバス停です。
ビルの7階に事務所があり、エレベーターもあります。

相談時間は十分に確保します。

交通事故の弁護士費用特約の利用はもちろん、着手金の分割払いや後払いなども事情によっては応じることもできます。

弁護士一人の小さな事務所ですが、一つ一つの事件を丁寧に解決するよう努めています。
一部の大事務所のように、どの弁護士が事件を担当しているかわからないようなことはしません。

なお、初回相談は、原則として、事務所に来ていただく必要がありますが、事件処理を委任していただいた後は、事情に応じて、メールや電話、FAXなどで打ち合わせをさせていただきます。

もちろん、面談したうえで打ち合わせをさせていただくのが原則ですので、面談をご希望であれば、平日の昼以外の時間でも可能な限り対応させていただきます。
まずは、お気軽にご相談ください。
ご相談予約は、こちらからどうぞ。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
岐阜市神田町1-8-4プラドビル7A
岐阜市の中心部、柳ケ瀬と岐阜市役所のちょうど真ん中あたりです。
ビルのすぐ前が岐阜バス「岐阜市役所南庁舎」停です。
岐阜市役所南庁舎から、長良橋通りをはさんだ東側です。

こんな相談ならお任せください

相談時間は、十分に確保します。
◆交通事故の被害者請求
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当事務所は、交通事故の被害者請求を重点業務の一つとしています。
これまでに、たくさんの後遺障害事故や死亡事故などを解決してきました。

 後遺障害の事故では例えば、遷延性意識障害(いわゆる「植物状態」)、高次脳機能障害、脊柱や上肢、下肢などの関節機能障害、変形障害、大動脈解離、むち打ちなどの神経症状の事故を解決してきました。

 また、高次脳機能障害や遷延性意識障害等の重度の後遺障害の事故では、単に損害賠償請求をするだけでなく、その後の生活のために、身体障害者手帳の取得や障害年金の申請、高額療養費や重度心身障害者医療費助成制度の利用のためのサポートもしてきました。

 単に損害賠償を請求するだけでなく、解決後にどのような生活(人生)を送っていただけるようにするかが大切だと考えています。


◆ 遺留分、遺産分割、遺言、相続放棄などの相続問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 遺留分や、遺産分割、遺言などの相続問題は、兄弟などの親族間での感情的な対立が根深く、解決に多くの時間や労力を要する事案です。
 当事務所では、こうした相続問題においても、家庭裁判所へ速やかな調停を提起し、調停委員を介した当事者間の円滑な話し合いによって、いたずらに時間や労力のかからない、適正な解決を目指します。


◆ 労働問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 労働者側の事件 ー 不当解雇、労災事故、残業代請求などの労働者側の事件など
 労働者の権利は法律により保障されていますが、使用者と比べて立場の弱い労働者は、適正な権利行使ができない場合(いわゆる「泣き寝入り」)も少なくありません。
 弁護士が代理人となって、会社と交渉などを行い、あなたの正当な権利を護ります(まもります)。

2 企業側の事件 ー 問題社員への対応、就業規則の整備など
 最近は、労働者の権利意識の向上により、会社に対する法的請求が増えている反面、会社側の法律知識の不足により多額の損害賠償を命じられる事案も少なくないです。
 弁護士の指導援助のもと、コンプライアンス(法令順守)に努める必要性が増しています。
 
 
◆ 介護事故の損害賠償請求(被害者側)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本も超高齢社会を迎え、高齢者の介護施設の利用が増大し、それに伴い介護事故も増えてきています。
 大切なご家族が介護事故にあった場合、「損害賠償請求をしたい。」、「原因究明と再発防止を求めたい。」といったときは、ご相談ください。弁護士が、施設側と交渉したり損害賠償請求をしたりします。


◆ 離婚問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 離婚問題で決めることは、1 離婚するかどうか、2 離婚する際の条件(慰謝料、財産分与、面会交流)の2つに分かれます。

 当事務所では、①裁判外での話し合い、→ ②家庭裁判所での調停、→ ③家庭裁判所での裁判といったプロセスで、上記の「1」、「2」の問題を解決してきます。


◆ 不動産問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「土地や建物を貸したが、借主が賃料を支払ってくれない。」といったとき、ご相談ください。
 弁護士が、未払い賃料の請求や、賃貸借契約を解除して明け渡しを求めます。
 当事務所では、実績が豊富です。

法律Q&Aへの回答実績

総回答数

3

0

1

杉島 健二 弁護士が回答した法律Q&A一覧

電話でお問い合わせ
050-7586-1761
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。