なかやま しゅうじ

中山 修司弁護士

県庁西門口法律事務所

山口県山口市春日町4-17 春日ビル
対応体制
  • 法テラス利用可能
  • 休日相談可能
注意補足

裁判等、外出により不在の場合がございます。お電話いただいた際、不在の場合はメッセージをお残しください。戻りましたら対応させていただきます。

【山口県庁近く】【駐車場あり】交通事故、借金問題等、弁護士にご相談いただくことで解決の道筋が開ける可能性が高まります。ぜひ一度ご相談ください。専門知識を有する弁護士が、客観的視点から事案を検討し、最適の解決方法を探ります。

どんな弁護士ですか?

◆ 高度な専門性と客観的な視点からの分析で、公正な解決を目指します
━━━━━━━━━━━━
交通事故、借金問題、刑事事件・・・普段は馴染みのない法律トラブルに突然巻き込まれた場合、誰しも不安な気持ちになると思います。
そんなときはご相談ください。弁護士が客観的な立場で問題を整理することで、解決への道筋が見えてくることがあります。
もちろん、事案によっては、希望どおりの解決というわけにはいかないかもしれません。しかし、解決への道筋が明らかになるだけでも、不安はずっと和らぐことでしょう。
ご依頼いただいた際は、弁護士としての専門知識を生かし、依頼者の正当な権利・利益を実現する公正な解決を目指します。お困りの際は一度ご相談にいらしてください。

◆ 弁護士略歴
━━━━━━━━━━━━
平成 5年  京都大学理学部卒業                  
平成19年  京都大学法科大学院卒業・新司法試験合格
平成20年  中山・石村法律事務所勤務
平成24年  県庁西門口法律事務所開設

山口県弁護士会では、平成30年度副会長のほか、生命・身体の安全に関する権利擁護委員会委員長、刑事弁護センター委員等を務めました。また、弁護士となって以来、高齢者・障害者権利擁護センター委員会に所属し、福祉分野にも力を入れています。
また,中弁連では高齢者・障害者の権利に関する委員会委員、日弁連では刑事弁護センター委員会委員を務めました。

どんな事務所ですか?

◆ 県庁西門口法律事務所について
━━━━━━━━━━━━
県庁西門口法律事務所は、サビエル記念聖堂と山口大神宮を望む地に位置します。山口県庁より徒歩圏にあり、山口市内を始め、山口県内外からご相談にいらっしゃいます。

すべての案件は、所長である弁護士が責任を持って対応します。
受任前のご相談から事件解決まで、一人の弁護士がしっかりと見届けます。

◆ 県庁西門口法律事務所の方針
━━━━━━━━━━━━
(1)依頼者の正当な権利・利益の実現を目指します
依頼者の正当な権利・利益の実現のため、力を尽くします。
依頼者の希望であっても、不当な要求や無理な願いに力を貸すことはできません。その場合は、きちんと説明し、法に則った方法で、依頼者にとっての最善の解決を目指します。

(2)高度な専門性と幅広い知識を活かします
依頼者の権利を最大限擁護するためには、弁護士は、法律についての知識に留まらず、多分野にわたる幅広い知識を持つことが必要と考えます。
法律は時間を経て変わるものでもあります。高度な専門性と幅広い知識を常に蓄えられるよう、日々の研鑽を重ねていきます。

(3)客観的な視点から、冷静に判断し,正確な情報を伝えます
問題を解決するためには、現実に向き合う必要があります。
そのため、依頼者であっても、厳しいことを言わなければならない場合があります。
どんな場合においても、問題を最良の形で解決すること、それが結果として依頼者のためになると信じて、言うべきこと、やるべきことを追求します。

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
【バスでお越しの場合】
県庁前バスターミナルから、徒歩3分です。

【お車・徒歩でお越しの場合】
ビルの入口は、バイパスと反対側です。
ビルの1階ピロティが駐車場です。
小郡・吉敷方面から車でこられる方は、県庁西門口交差点を右折し、直後に大きく左折してください。
ナビで来られる方は、埋蔵文化財センターを目的地にするといいかもしれません。(埋蔵文化財センターの向かい側が春日ビルです。)

事務所の特徴

  • 駐車場あり

こんな相談ならお任せください

以下は取扱分野の一例です。
この他にも様々な案件についてご相談をお受けしております。お困りの際は、どうぞご相談ください。

◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━
交通事故の案件においては、被害者の方が被害の実態に応じた適正な損害賠償を受けることが重要だと考えています。
そのためには、事実をきちんと把握すること、適正な基準に基づいて賠償されるべき損害額を把握することが必要です。
私は、弁護士としてこれまで相当数の交通事故事案を扱って来ました。事故の物理解析をもとにした過失割合の主張、後遺障害等級に基づいた適切な損害賠償額の算定など、交通事故処理における様々な重要問題を経験しています。
交通事故後の対応にお困りの方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

◆ 借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━
生活苦・病気・リストラ・退職・浪費・ギャンブル・・・
借金をする理由は人それぞれです。理由はともあれ、法律は借金を整理してやり直す権利を認めています。
中には後ろめたさを抱えて、弁護士に相談するのをためらっている方もいるかもしれません。「弁護士に相談したら怒られそう」と不安な方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、過去はどうあれ、未来は開けています。どんな背景があっても、借金を整理し生活を再建する決意をされた方に対し、弁護士として出来る限りの支援をしたいと考えています。明日への一歩を踏み出すためにも、ぜひご相談にいらしてください。

◆ 刑事事件
━━━━━━━━━━━━
弁護士として、4件の裁判員裁判をはじめ、多くの刑事事件を扱ってきました。
公判弁護においては、証拠の丁寧な検討や、筋の通った量刑弁論等を通じて、被告人に対し必要以上に重い刑罰が科されることが無いよう、最善の弁護に努めます。
また、福祉的支援を必要とする被疑者・被告人について、刑事手続からの解放後にきちんとした生活が成り立つよう、福祉専門職と連携することも行っています。
ご家族が逮捕された、裁判を前に弁護士を頼みたい、という場合、一度ご相談にいらしてください。
電話でお問い合わせ
050-7586-4826
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。