たなか かつゆき

田中 克幸弁護士

天神ベリタス法律事務所

福岡県福岡市中央区今泉1-2-30 天神プレイスEAST棟806
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
注意補足

ご予約の上、ご来所いただいての相談になります。電話・メールでのご相談には対応しておりません。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 任意整理

任意整理で将来利息をカットし、毎月の返済額も減額できた事例。

依頼者:30代 男性

【相談前】
安定したご収入のある男性。
しかし、職場の付き合いの飲み代でショッピング利用が増え、支払いがきつくなってきました。
妻は借金があることを知らないので、内緒で解決したいと希望。

【相談後】
任意整理で消費者金融と和解契約をし、毎月の返済額を4万円→2万4000円に下げてもらいました。
また、将来の利息をカットし、なかなか減らなかった元金も、減らしていけるようになりました。
妻には内緒のままですが、安定したご収入があるので、完済できるでしょう。

【コメント】
職業が安定して、それなりのご収入がある方でも、借金をしてしまうというのは珍しくありません。
職場の付き合いとか、一時的に遊んでしまう時期というのは、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。
しっかりした職に就いているだけに、なかなか債務整理の相談に足が向かないという方も多いのですが、債権者との話し合いで随分楽になることも多いので、早めの行動が吉です。
家族に内緒というのは、できれば避けた方が良いのですが、それもケースバイケースで、絶対に話さないといけないというものでもありません。
それぞれのニーズにあった解決を考えますので、お気軽にご相談ください。

取扱事例2

  • 民事再生

民事再生で自宅を残して借金を減額した事例。

依頼者:40代 男性

【相談前】
住宅ローンを組んでいるサラリーマンの男性。
勤務先の業績が悪化して、収入が低下してしまい、生活費を補てんするため、借金が増えてしまいました。
住宅ローンが2000万、消費者金融からの借金が350万円。
支払いが苦しいのですが、自己破産すると自宅を処分しなければいけません。

【相談後】
裁判所に民事再生の申立てをして、消費者金融からの借金を100万円に圧縮することができました。
これを3年で支払えばよいので、月の支払いは約2万8000円です。
住宅ローンは、そのまま支払い続けることができるので、住宅は残すことができました。

【コメント】
せっかく家族のために買ったのですから、住宅だけは残したいというのは当然です。民事再生なら、住宅を残しながら、借金を減額することができます。
このケースを見て、「たった350万円で民事再生ができるの?」と思う方もいるかもしれません。いくつか条件があって、消費者金融からの借金が高額過ぎたり、住宅ローンを既に滞納していたりすると、民事再生が難しくなる場合もあります。いまどんな状況か教えていただければ、すぐ見通しは立てられますので、お気軽にご相談ください。

取扱事例3

  • 自己破産

離婚をきっかけに借金が増大し、返済困難に陥ったため、自己破産で再スタートした事例。

依頼者:40代 女性

【相談前】
夫の浮気が原因で離婚した女性。
子供を連れて実家に戻りましたが、生活が苦しく、借金せざるを得ませんでした。
ストレスでパチンコにも手を出し、借金総額は700万円に膨らんでしまいました。
月12万円の収入では、とても返済できません。

【相談後】
月12万円の収入で700万円の借金を返済するのは現実的ではありません。
そこで、自己破産で借金を0にし、再スタートすることになりました。
一部、パチンコが原因の借金もあったようですが、きっちり家計を改善して、裁判所に報告しました。
準備期間も含め、ご依頼から10か月ほどで、無事免責が許可され、借金は0になりました。

【コメント】
パチンコなどが原因だと、破産できないと思っている方もいるようです。これは、全くの間違いというわけではなく、ギャンブル、浪費などが原因だと、免責されない可能性もあります。しかし、ほとんどのケースでは、きっちり家計改善し、生活を改めれば、裁判所は免責を許してくれます。私が担当した案件では、免責不許可になったケースは、今のところありません。二人三脚できっちり対策を考えますので、安心してお任せください。

取扱事例4

  • 時効の援用

10年以上前の借金を時効援用手続で解決した事例。

依頼者:40代 男性

【相談前】
10年以上前に返済できなくなり、そのままになっていた借金がありました。
最近、債権回収会社に譲渡されたという通知が届き、督促が再開しました。
ずっと放置していたので、遅延損害金が多額になってしまっています。
これは支払わないといけないのでしょうか。

【相談後】
10年以上前に滞納した借金ということで、時効にかかっている可能性がありました。
内容証明で時効援用通知を送り、債権者側に時効中断事由を確認したところ、「時効で処理します」と回答をもらえました。
これで正式に借金は時効消滅したことになります。

【コメント】
貸金業者は、時効にかかっている借金であっても、督促状を送って取り立てる場合があります。
時効という制度は、時間が経てば勝手に借金が消滅するわけではなく、「時効援用通知」を送らなければ効果がありません。時効援用通知を送る前に、貸金業者に支払ってしまったり、支払うと言ってしまうと、原則として、時効援用ができなくなりますから、貸金業者としては、時効が完成していても、時効援用通知を受け取るまでは、取立行為を止めないのですね。
5年以上前から滞納している借金の督促が来た際には、ご自身で対処せず、弁護士に相談してください。

取扱事例5

  • 任意整理

家賃滞納中。任意整理でいったん返済を止め、滞納を解消してから、返済を再開。

依頼者:30代 男性

【相談前】
負債総額120万円。
現在、家賃を1か月分滞納していました。

【相談後】
弁護士に依頼すると返済も督促も止まります。
ご依頼頂いて返済を止め、その分の余剰で家賃滞納を解消しました。
その後、家計を立て直してから、業者と和解し、返済を再開しました。

【コメント】
弁護士に依頼すると、いったん返済と督促が止まります。
そこで、家計を立て直してから、業者と和解して、返済を再開することが可能になります。
通常、家賃や税金を滞納している方の場合、自己破産や個人再生が適切であることが多いのですが、この方は、ある程度収入もあり、任意整理すれば返済額も大きく下がるので、家計を立て直して、任意整理をすることができました。
電話で面談予約
050-7586-3496
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。