もりやま たかひろ

森山 珍弘弁護士

大阪グラディアトル法律事務所

本町駅

大阪府大阪市中央区北久宝寺町4-2-12 本町御堂パークビル8階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

電話相談も受け付けております。遠方にお住まいの方や、お仕事・家庭等の事情でご来所が難しい場合でも、お気軽にご相談いただけます。

相続・遺言

取扱事例1

  • 遺言

遺言作成業務

【弁護士からのコメント】
遺言書作成においては、遺言者の方の遺志を尊重する必要があるのはもちろんですが、遺言書の有効性・相続人の遺留分を侵害しないか・相続税の負担はどのくらいになるのか等様々な問題がございます。
弊所では最期に備え遺言書を作成したいとご希望の方に対しては、状況を詳細にヒアリングさせていただいた上で、相続財産や相続人の調査を行い、よりよい相続のための遺言書作成を行わせていただきます。

会社や医院を特定の相続人に事業承継させたい、といったご希望についても遺留分の放棄や生命保険の活用によってスムーズな事業承継を実現します。
その他、相続税や贈与税についても専門の税理士と連携し、ワンストップでのご対応を行っています。

取扱事例2

  • 遺産分割

相続を原因として持ち家の土地が共有状態に 最悪は家を失います

依頼者:60歳女性

【依頼前の状況】
ご相談者さまは、先祖代々の土地にご主人と共に暮らしていました。
ご主人がお亡くなりになりましたが、遺産分割協議は行われず、そのままになっていました。
あるとき、相続人の一人が遺産分割協議のないことを良いことに、土地の一部について登記名義を移転し、不動産会社に土地を売却してしまします。
不動産会社は土地の分割を要求し、裁判手続きを開始しました。

【依頼後の結果】
裁判の中で和解ができ、不動産会社から土地の所有権を買い取ることで家を守ることができました。

【弁護士からのコメント】
遺産分割協議が未了の土地は、相続人の共有状態となっており、相続人の一人はこれを無断で売却することができます。
今回のように、相続人以外の者に売却されれば、最悪のケースでは土地や家を失うことにもなりかねません。
共有状態を解消するために、早期に遺産分割協議や調停を行うことが望ましいです。
相続人間で話し合いができている場合の遺産分割協議書の作成や、そうではない場合の相続人との交渉については弊所にお任せください。
電話でお問い合わせ
050-7586-1981
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。