藪内 博之弁護士のアイコン画像
やぶうち ひろゆき
藪内 博之弁護士
名古屋H&Y法律事務所
伏見駅
愛知県名古屋市中区栄2-1-10 伏見フジビル602
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可
注意補足

<安心・柔軟のサポート体制>原則、即日の面談も可能。遠方の場合は、スマホやPCからのWEB面談にも対応

刑事事件の事例紹介 | 藪内 博之弁護士 名古屋H&Y法律事務所

取扱事例1
  • 痴漢・性犯罪
痴漢の冤罪で逮捕されたものの、嫌疑不十分により不起訴となった事例

依頼者:30代 男性

【相談前】
Aさんは通勤途中の電車で痴漢をしたとして、現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんのお父様からご相談を受けて接見に赴いたところ、「自分は絶対に痴漢などしていない」とおっしゃっていました。

【相談後】
証拠状況からして起訴されるかどうか微妙な状況でした。
そこで、Aさんには取り調べで供述しないようアドバイスをし、当職がAさんから聴取した内容や現場の状況などからして、誤認逮捕である可能性が高いことを書面で指摘し、不起訴処分とするよう検察官を説得しました。
その結果、Aさんは無事、嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

【弁護士のコメント】
否認事件においては、証拠状況などを見極めながら、取り調べにどのように対応するかを判断しなければなりません。
取調べの対応を誤り不利益な供述が調書化されてしまうと、のちにそれを覆すことは困難です。
今回は取り返しのつかない事態となる前にご依頼いただいたことから、適切に取り調べに対応することができ、不起訴処分を獲得することができました。
取扱事例2
  • 暴行・傷害罪
逮捕の翌日に示談を成立させて勾留を回避できた事例

依頼者:40代 男性

【相談前】
Aさんは会社の社長をしているのですが、取引先の人物とのトラブルから手を出してしまい、骨折させてしまいました。
被害者が警察に被害届を出したことから、後日、Aさんは逮捕されてしまいました。
数日後に大事な商談を控えており、それに出席できないと会社に大きな損害が出てしまう恐れのある状況でした。

【相談後】
Aさんが逮捕された後、奥さんよりご相談をいただきました。
幸い、逮捕直後にご相談いただいたので、すぐに接見にいくことができ、詳しい事情を把握することができました。
その翌日には被害者と面談して、説得の末、示談を成立させることができたので、示談書と意見書を裁判所に提出して裁判官を説得した結果、Aさんは勾留されることなく逮捕から2日で釈放してもらうことができました。

【弁護士のコメント】
刑事事件はスピードが命です。
特に身柄拘束されている事件では、早期に弁護活動を開始して身柄の解放や不起訴処分獲得のために動き出すことが重要です。
本件では幸いにも逮捕の直後にお電話をいただいたので、すぐに弁護活動を開始することができ、勾留による長期の身柄拘束を回避することができました。
取扱事例3
  • 大麻・覚醒剤
職務質問で大麻の所持が発覚したものの逮捕を回避できた事例

依頼者:40代 男性

【相談前】
Aさんは、自動車内で大麻を所持していたところ、警察官に職務質問を受け、大麻の所持が発覚しました。
その場では逮捕されず、押収された大麻は正式に鑑定にまわされることになりました。
鑑定結果で陽性が確認され次第逮捕されることが懸念される状況でしたが、逮捕されてしまうと、大麻所持の事実が周囲に知られ、仕事にも大きな影響を与えてしまいかねないことから、なんとか逮捕を回避したいというのがご要望でした。

【相談後】
所持していた量からすると逮捕される可能性も高い事案でしたが、専門の病院に通院するとともに、家族の協力を得て環境調整を行なった上で、警察に意見書を提出して逃亡や証拠隠滅のおそれがない旨説得しました。
その結果、逮捕を回避することができ、周囲に知られることもなく、仕事を続けることができました。

【弁護士のコメント】
大麻所持が発覚した場合、逮捕されるのは全体の6割程度と比較的高い割合になっています。
逮捕に至るパターンとして一番多いのは、職務質問で発見された大麻が鑑定に回されて、鑑定で陽性反応を確認してから逮捕となることが多いです。
そこで、所持が発覚してから鑑定結果が出るまでの間(2週間〜数ヶ月程度)の間に環境調整を行い、身柄拘束をしないよう警察を説得する活動が重要となります。
取扱事例4
  • レイプ・強姦罪
強制性交の被害者と迅速に示談をして不起訴処分を獲得した事例

依頼者:20代 男性

【相談前】
「大学生の息子が性犯罪で逮捕された」というご両親からの相談でした。
急いで接見に向かい、ご本人から事情を確認したところ、被疑罪名は強制性交であり、逮捕事実に間違いはないとのことでした。

【相談後】
非常に重い罪であるため、被害者と示談ができなければ起訴されて実刑もありうる状況でした。

そこで、速やかに被害者の母親にコンタクトをとり、示談交渉を行いました。
当然ながら被害感情が非常に強く、交渉は難航しましたが、粘り強く交渉を続け、被害者の母親とも信頼関係を築くことができたため、なんとか示談を成立させることができました。

その結果、最終的に不起訴処分となり釈放されました。

【弁護士のコメント】
特に性犯罪では検察官も裁判官も被害感情をとても重視するので、被害者との示談が非常に重要です。
また、身柄事件においては制限時間内に示談を成立させないと起訴されてしまいます。

非常に緊迫した状況でしたが、逮捕直後にご相談いただいたことから、早期に被害者とコンタクトを取ることができ、最終的には示談を成立させることができました。
電話でお問い合わせ
050-7586-8296
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。