五十嵐 康之弁護士のアイコン画像
いがらし やすゆき
五十嵐 康之弁護士
法律事務所 穂
新宿御苑前駅
東京都新宿区新宿1-14-3 ラタンビル4階
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可
注意補足

原則として初回面談時はご来所頂いて当事務所内での法律相談をお願いしております。大変申し訳ございませんが、お電話・メールだけでは、適切な回答ができかねてしまいますので、ご理解のほど宜しくお願い致します。2回目以降のご相談は、電話・オンライン・メール相談可。

相続・遺言での強み | 五十嵐 康之弁護士 法律事務所 穂

【家庭裁判所調停委員を3期経験】【相続案件に強い弁護士】【新宿御苑前1分】弁護士歴約25年!相談実績100件以上!豊富な経験とノウハウを活かして解決を目指します。他士業との連携も可能。生前対策のご相談もおまかせ下さい◎【初回相談無料】
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「相続の分配方法で親族と意見が合わない」
「遺言書の内容に納得がいかない」
「兄弟のひとりが遺産を使い込んでしまった」
「遺産に不動産や株式が含まれていて分配に困っている」
「財産を遺したい人(団体)がある」
「相続手続きで妻に面倒な思いをさせたくない」

大切な方を亡くして精神的に不安定なときに、財産をめぐって親族間で争うのはとても辛いことでしょう。
当事務所では既に起きてしまった相続トラブルのご相談はもちろんのこと、生前対策にも強みがあります。
複雑な不動産の相続、売買などもご相談ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】家庭裁判所調停委員を3期経験
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は家庭裁判所で調停委員として活動した経験がございます。
調停委員は、専門的知識や良識をもって紛争の解決に協力する職務です。
相続案件の調停や審判の事例を数多く見てきたので、豊富な知見やノウハウがあります。
この知識をもとに裁判所や調停委員の動向を推測しながら対応し、妥当な解決を目指します。

【2】ルールに沿った解決を目指します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は相手方の理不尽な主張と戦い、法律に則った妥当な解決を目指します。
また、相続人同士の争いでなく、二次相続のご相談にも注力しております。
生前対策においては遺言だけでなく、家族信託や遺贈寄付など、依頼者さまのご希望に沿った解決策のご提案も可能です。
最寄り駅から徒歩1分とアクセスもよく、無料相談も実施しております。
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

【3】相続財産管理人としての豊富な経験
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「相続財産管理人・清算人」として、約40件の経験を誇ります。
相続財産管理人・清算人の役割は、相続人がいないときに、被相続人の遺産を管理して清算する(国庫に納める)ことです。

相続財産管理人・清算人を行っていて感じることは、遺言書などの生前対策をしっかりと行っていれば、ご自身の財産をもっと有効に後世に残せたのに、ご自身の想いを実現することができたのに、生前対策を行わなかったためにせっかくの財産が国庫に納められるだけになるのはもったいないということです。

このようなことにならないよう、(相続人がいらっしゃらない)ご相談者の方からしっかりとヒアリングを行い、遺言書作成、家族信託、不動産売買、保険加入、生前贈与、任意後見、遺贈寄付などの生前対策のなかから、適切な手段をご提案いたします。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃生前対策(遺言)でお悩みなら、法律事務所 穂(みのり)へ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続における親族間のトラブルは、生前対策を行うことにより未然に防ぐことができる可能性があります。
残された親族が困らないためにも、生前対策をしっかりしておくのがベストな解決方法です。
また、相続手続きが煩雑なときがあります。遺言により残された方に面倒な思いをさせずにすむ場合もあります。
生前対策は、大切な方がいる方、特定の方に残したい財産がある方であれば、若年層の方でも行った方が良いでしょう。
残される大切な方同士の関係を大切にするためにも、できるだけお早めにご相談ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃解決事例の一部紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】遺言を作成し、遺言執行者に弁護士を指定することにより、ご遺族が面倒な手続きをすることなく遺産を相続できた事例

【2】不動産の評価額に争いがある都内の自宅不動産について、適切な評価額を得て無事に遺産分割調停が成立した事例

【3】遺言があったことにより、法定相続分と大きく異なる取得割合であったが、もめることなく遺言書どおりの分割ができた事例


※上記の詳細は、私の「事例紹介ページ」をご覧ください。
相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続
電話でお問い合わせ
050-7587-7308
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。