のぐち あらた

野口 新弁護士

村上・加藤・野口法律事務所

丸の内駅

愛知県名古屋市中区丸の内2-2-7 丸の内弁護士ビル802

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

相続・遺言

【丸の内駅4分】【法テラス利用可】遺産分割協議・遺留分減殺請求・遺言書作成・事業承継など、相続トラブルを最良の形で解決できるよう尽力します。お話をよく伺い、必要に応じて不動産鑑定士・税理士等の専門家とも連携の上、より良い解決を目指します。

野口 新弁護士の相続・遺言分野での強み

◆ 相続でもめたら、弁護士にご相談を
━━━━━━━━━━━━
相続は、誰にでも起こりうる、実は結構身近な問題です。
一方で、お金や不動産等の財産と法律が絡むだけに、しばしば複雑な問題に発展します。

◇こんな相続、お困りではないですか?◇
・相続人の財産がわからない
・相続人の数が多く、一部では代替わりもしている
・相続人の一人が自宅に住んでいる
・相続人が行方不明で連絡の取りようがない
・相続人同士仲が悪く、何年も連絡を取っていない

こうした場合、弁護士が入ることで、法律というルールに従って迅速かつ適切に問題を解決できる場合があります。遺産分割でお困りの際は一度ご相談にいらしてください。

◆ 税理士等、他の専門家とも連携します
━━━━━━━━━━━━
相続の問題は、法律面にとどまりません。
相続税や不動産の名義の問題など、法律以外の面にも問題がまたがる場合が多くあります。当事務所では税理士・司法書士・不動産鑑定士等の他の専門家とも連携し、案件全体として適切な解決ができるよう努力します。


◆ 事前のご相談で「争族」回避を
━━━━━━━━━━━━
相続でもめた場合、解決するまでにはそれなりの時間とお金がかかります。また、親族同士もめることにより、ご心労が重なることも予想されます。事前にもめ事を避けることができるのであれば、それに越したことはありません。
相続のもめ事を避けるにはどうしたらよいか。その一つが、「遺言書作成」です。
遺言書は被相続人の方が、ご自分のご意思を形に残すことができるため、いわゆる「争族」回避に有効な手段です。ただしポイントが一つあります。遺言書に書かれる遺言は「有効な」遺言でなければなりません。
有効で、争い回避に適した遺言書を作成するには、弁護士の関与の下、公正証書による遺言を作成するのがおすすめです。依頼者様の置かれたご状況に配慮しながら、円滑な相続のための遺言書作成をサポートさせていただきます。財産を引き継ぐ方ご本人からのご依頼となりますが、将来の相続人との事前協議もできますので、財産を引き継がせたい方とご一緒の来所も歓迎致します。ぜひ一度ご相談ください。

◆ 事業承継についても承っております
━━━━━━━━━━━━
オーナー企業の経営者様、事業主様など、事業を営まれている方にとって、株式や事業用資産が相続財産に混同するなどして、事業承継は悩ましい問題となる場合が多々あります。
スムーズに事業を引き継ぎ、未来に渡って事業を存続させるためには、事前に専門家にご相談いただき、準備を整えておくことが肝要です。
こういった分野の経験もありますので、問題点やポイントとなりそうな部分を押さえた上で、種類株や遺言等も駆使しながら、経営者様ご自身の相続と合わせて、事業自体を滞りなく引き継ぐためのサポートをさせていただきます。

◆ このようなお悩みはありませんか?
━━━━━━━━━━━━
・遺産分割協議がまとまらない
・遺留分減殺請求をしたい
・兄弟が自宅に住んでおり、相続財産の分け方でトラブルになっている
・遺産に収益不動産が含まれており、配分をどうしたらよいか
・遺言書を作成したい
・事業承継について相談したい
など

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 兄弟・親族間トラブル
  • 認知症・意思疎通不能
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 遺言
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 配偶者居住権

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 遺留分侵害額請求
  • 家族信託
  • 相続や放棄の手続き
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

どんな事務所ですか?

◆ ご相談いただきやすい雰囲気の事務所です
━━━━━━━━━━━━
当事務所は、名古屋の裁判所から最寄りの地区に位置し、弁護士事務所が集まるビルの中に事務所を構えております。
個人、法人を問わず、小さな事件から、時には多くの人の耳目に触れる事件まで多種多様な事件を取り扱う事務所です。

◇村上・加藤・野口法律事務所の特徴◇

(1)ご相談いただきやすい雰囲気の事務所です
法律問題を抱えて不安なご相談者様を、さらに不安な気持ちにさせないよう、事務所一同、お電話口での対応から気を配っております。
お陰様で、ご相談後には「話を聞いてもらえただけでも来てよかった」「相談して気持も楽になった」などというお声も頂くことがよくあります。

(2)複数の実力派弁護士が在籍しています
ベテランから中堅まで、合わせて4人の弁護士が在籍しております。それぞれが研鑽を積みつつ、得られた知識やノウハウを共有することで、事務所全体としてより質の高い法律サービスを実現できるよう努力しております。また、案件によっては、共同で受任することもございます。

(3)法テラスの利用が可能です
法テラスと契約しております。
そのため、資力に難のある方は、法テラスによる民事法律扶助制度をご利用いただくことが可能です。この場合、ご相談料は頂きません。

◆ 法律相談についての考え方
━━━━━━━━━━━━
法律相談は、決して、弁護士が事件受任するために行うのではなく、本来、自己解決できることが一番だと考えています。こちらから受任を押し売りすることはありません。

一方、ご相談をお受けするからには、ご相談者様にとって相談それ自体が有益なものであるよう、最大限の心配りを致しております。そのため、ご相談は原則として有料とさせていただいております。
基本的になご相談料は、30分5000円(税別)です。(ただし、1時間程度は時間の余裕をとります。簡易な事案など、場合によっては相談前の電話のやりとりで相談目的が達成する場合もあります。)
なお、資力に難のある方は法テラスによる民事法律扶助制度をご利用いただくことをおすすめしております。(この場合、ご相談料は頂きません。)

◆ 弁護士費用について
━━━━━━━━━━━━
依頼者様にご心配いただかなくて済むよう、費用についてはできるだけ明瞭であること、ご不明な点については丁寧にご説明するよう心がけています。分からないことがあれば、遠慮なくお尋ねください。
また、お支払方法については状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談下さい。

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
鶴舞線丸の内駅より 徒歩5分

事務所の特徴

  • 駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7302-3552
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。