こにし とおる

小西 徹弁護士

目黒・白金法律事務所

東京都港区白金台3-19-3 アイテクノビル6階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

不動産・住まい

取扱事例1

  • 地代・家賃交渉

賃料の大幅な増額が認められた事例

依頼者:男性

《相談前》
相談者は、建物を所有しており、店舗用として長期間貸していましたが、賃料が殆ど値上げされておらず、極めて低い金額に据え置かれていました。
相談者は、ご自身で交渉をなさいましたが、上手くいかなかったとのことで、ご相談いただきました。

《相談後》
代理人弁護士として賃料増額請求の通知を内容証明郵便で行った後、まずは交渉を行いました。
貸室は複数あり、借主も複数いたのですが、そのうちの一部の方は交渉の結果、合意に至りました。
残りの借主に対しては、調停を申し立て、裁判所において粘り強く交渉しました。結果、すべての借主について、合意に至りました。

《弁護士コメント》
ご本人で交渉をして上手くいかない場合でも、代理人弁護士が交渉すれば、合意に至る場合は多いです。調停を申し立てて、裁判所で話をすることも有効です。
特に、本件では、賃料が約3倍にもなりましたので、依頼者も大変お喜びでした。

取扱事例2

  • 明渡し・立退料

賃料を支払わない借主を退去させた事案

依頼者:女性

《相談前》
相談者は、マンションを所有している方で、このマンションを賃貸に出していましたが、借主が賃料の延滞を繰り返しており困っていらっしゃいました。

《相談後》
私が依頼を受けて、代理人として交渉を行いました。
まずは賃料の請求と賃貸借契約を解除する書面を内容証明郵便で送付しました。
借主は、のらりくらりとして時間を稼ごうとしていましたが、私から、このままだと裁判をして強制執行をせざるを得ないことを詳しく説明して説得したところ、結果、借主は任意に退去しました。

《弁護士コメント》
賃料不払による明渡しは、私が最も得意とする分野の一つです。
多数の経験をいかして、借主をできるだけ早く任意退去させるよう、交渉していきます。
電話でお問い合わせ
050-7302-3421
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。