岬 宏美弁護士のアイコン画像
みさき ひろみ
岬 宏美弁護士
堺新町法律事務所
堺東駅
大阪府堺市堺区新町3-7 STCビル3階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 夜間面談可
注意補足

【12月29日から1月4日まで休業】夜間面談は事前にご予約いただいた方に限ります(最終受付19時)。電話・メールでのご相談はお受けしておりません。

離婚・男女問題での強み | 岬 宏美弁護士 堺新町法律事務所

【堺東駅6分】負担のかかる話し合いを弁護士に一任しませんか?不貞の慰謝料請求/離婚調停/養育費/面会交流など数多くの対応実績あり。依頼者さまの気持ちを代弁し、再出発をサポートします【完全個室】【夜間相談可(要予約、最終受付19時)】
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「不貞の慰謝料請求をしたい/された」
「離婚調停で、適切に自分の思いを主張したい」
「離婚したいが別居後の生活が不安」
「子どもが成人したので熟年離婚を検討している」
「取り決めた養育費の支払いが滞っている」
「ローンが残る持ち家の財産分与をしたい」
「親権・面会交流について、意見が合わない」

離婚の成立までにはお子さまのことや財産のことなど、さまざまな問題を解決する必要があります。
ご自身だけで相手との交渉や法的な手続きを進めるのは、大きな負担となりますので、ぜひ弁護士にお任せください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】不貞の慰謝料請求の豊富な実績あり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は離婚問題を多数扱う事務所に所属した経験があり、男性・女性を問わず数えきれないほどの事案を解決しました。
不貞の慰謝料請求についても豊富な経験がありますので、安心してご相談ください。

◇請求したい側
配偶者の不貞に気付いたときは、すぐに配偶者や不貞相手を問い詰めたいという気持ちになってしまいますが、勇み足で動くと不利な結果となってしまう場合もあります。
行動を起こす前に、まずは弁護士にご相談ください。
有効な証拠集めのサポートや相手との交渉など、依頼者さまに寄り添いながら丁寧に対応します。

◇請求された側
後ろめたさや、家族・職場等に知られてしまうかもしれないという不安から、つい相手の要求に応じると言ってしまう方がいらっしゃいますが、本当に相手の要求は正当なものでしょうか?
事案によっては、慰謝料の減額交渉が可能な場合がありますので、請求を受けたときは即答せず、速やかに弁護士にご相談ください。

【2】離婚調停で法的根拠をもとに正当に主張
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
納得感のある条件で離婚調停を成立させるためには、法的根拠とご自身の意見のバランスをとり、調停委員に妥当な解決案であることをアピールする必要があります。
私にご依頼いただければ、丁寧にお話を伺って問題点を整理し、相手の要求も予測しながら依頼者さまの気持ちを代弁いたします。
依頼者さまが納得できる結果に導けるよう努めますので、ぜひお任せください。
※まずは交渉からスタートしたいとお考えの方、すでに調停が不成立になってしまった方のご依頼もお受けしておりますので、ご相談ください。

【3】お子さまの将来を見据えた離婚条件をご提案
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
養育費や面会交流などのお子さまに関する問題につきましては、お子さまの成長にとって最適な判断をすること、お子さまの要望を尊重することを重視して対応します。
これまでに対応した事案でも、裁判所が杓子定規な提案をしてきたことに対して、私はお子さまの要望を重視すべきだと徹底的に主張してきました。
離婚後のライフプランなども考慮し、適切な条件を獲得できるよう最大限に支援します。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃離婚後の新しい生活に向け丁寧にサポート
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「これからの生活が不安で離婚に踏み切れない」という方も、ぜひ当事務所にご相談ください。
別居中の婚姻費用や財産分与、養育費、慰謝料など、離婚時に請求できるすべてのお金について適正な金額を受け取れるよう尽力します。
事前にご予約をいただければ、平日夕方以降(最終受付19時)のご相談もできる限り対応します。
プライバシーに配慮した完全個室でのご相談となりますので、「周りの目が気になる」という方もご安心ください。
依頼者さまやお子さまが離婚後に安心して暮らしていけるよう、最善の解決を目指します。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃解決事例の一部紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】妻子が住む家の住宅ローンの負担していることを考慮した婚姻費用が取り決められた事例

【2】有責配偶者である妻が親権を獲得した事案

【3】元妻の再婚を理由に中断した面会交流を再開できた事案

【4】離婚後に元夫から慰謝料を獲得した事案

【5】慰謝料の大幅な減額に成功した事例

※上記の詳細は、私の「事例紹介ページ」をご覧ください。
離婚・男女問題分野での相談内容

争点・交渉テーマ(男女問題)

  • 不倫・浮気
  • ダブル不倫
  • 婚約破棄
  • 中絶
  • 子の認知
  • 婚外の妊娠問題

離婚原因

  • DV・暴力
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を渡さない
  • 借金・浪費癖
  • 親族関係
  • 悪意の遺棄
  • 育児放棄
  • 異性関係(不貞等)

あなたの配偶者の状況

  • 行方不明・音信不通

争点・交渉テーマ(離婚問題)

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用(別居中の生活費など)
  • 離婚の慰謝料
  • 離婚すること自体
  • 面会交流

段階や依頼したい内容

  • 調停
  • 審判
  • 裁判
  • 協議・交渉

あなたの特徴

  • 20年以上の婚姻期間
  • 内縁関係
  • LGBT・同性婚
  • 慰謝料請求したい側
  • 慰謝料請求された側
  • 有責配偶者
電話で面談予約
050-7587-0011
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。