そのだ しょうご

園田 将吾弁護士

桜樹法律事務所

水道町駅

熊本県熊本市中央区水道町14-27 KADビル9階
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

【水道町下車5分】【夜間/休日対応可能】変化する社会のニーズに応え、依頼者の皆様を笑顔にすることを目指します。離婚問題/交通事故/相続問題/借金問題/企業法務など、幅広く対応可能。【地域に根ざした弁護士】どうぞお気軽にご相談ください。

どんな弁護士ですか?

◆ 弁護士業への想い
━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会は目まぐるしく変化しています。
私はそのような社会の中で、不運にもトラブルに巻き込まれた方々の日常の安定を取り戻し、または、さらなる発展を目指す方々のお手伝いができる弁護士を目指しています。

私が弁護士を志し始めた大学生2年生の頃、世間ではいわゆる名ばかり管理職が社会問題となっていました。
当時、私がお世話になったファミリーレストランの店長は、ほとんど休みをとることなく、早朝から深夜まで身を粉にして働いており、そのような店長を目の当たりにした私は、法律を学んでいながらも何もできない自分に苛立ちを覚えるとともに、大変歯がゆい経験をしました。
一方で、企業の置かれた現実を目の前にしたとき、労働法上厚く保護される労働者だけでなく、使用者側・企業側の経済活動を法的にサポートすることによって衡平を保つことが必要とされる場面が多く存在することが分かりました。

それから数年後、私が司法試験に合格し、司法修習生として熊本で研修をしていた平成28年の4月には、熊本地震が発生しました。
私も避難所での生活を経験しましたが、現に目の前で被災されている方々に対し、司法試験に合格しながらも、何らの法的支援をすることができない自分に、弁護士を志した頃と同じ苛立ちと歯がゆさを覚えました。

このように、私が弁護士を志してから現在に至るまでの短い間にも、社会では様々な法律に関わる問題が次々に発生しています。
変化する社会のニーズに応え、依頼者の皆様を笑顔にすること。
私は、そのためのお手伝いをさせていただきたいと思っています。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昭和58年生まれ
宮崎県日向市立大王谷中学校(現大王谷学園)卒業(野球部)
宮崎県立宮崎西高校理数科卒業(バレー部)
鹿児島大学法文学部法政策学科卒業(軟式野球部)
熊本大学法科大学院卒業
平成27年 最高裁判所第69期司法修習生
平成28年 弁護士登録(No.53950)


◆ 資格
━━━━━━━━━━━━━━━━━
宅地建物取引士試験


◆ 趣味
━━━━━━━━━━━━━━━━━
小学生のときに友人から誘われて始めた野球は、私の人生を語るうえでもはや欠かせないものとなりました。
弁護士になる前から大変お世話になっている先輩弁護士と一緒に、まるで無邪気な野球少年のように日本一を目指して白球を追いかけている瞬間は実に楽しいものです。
私のポジションはキャッチャーですが、まずは歴代の捕手達との熾烈なポジション争いを制して、正捕手の座を射止めることが当面の目標です。
そのためには、これまでに蓄えたお腹のお肉をなんとかしなければ…と、ダイエットに励んではみますが、第二の趣味であるお酒のお誘いを断るつもりはありません。
私のところに相談に来られた際には、飲みながらでも成功するダイエット術を教えていただけると幸いです。

どんな事務所ですか?

◆ メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
若手からベテランまで様々な経歴を持つ6名の弁護士を擁する法律事務所・桜樹(おうじゅ)法律事務所は、多種多様な法的ニーズに対し、組織としてリーガルサービスを提供できるスケールメリットが強みです。
企業にとって心強いパートナーである 「プロフェッショナル集団」が熊本の力となります。


◆ 理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜樹(おうじゅ)法律事務所は、2002年、社会経済情勢の激変とこれに伴う司法改革の流れが進む中、事件規模の拡大や多様なニーズに対応して適切な法的サービスを継続的に提供し続けていくためには、複数弁護士の力を相互に補完しあうことのできる総合型の法律事務所が熊本県内においても必要であるとの理念の下に設立されました。
その後、10年を超える活動を経て、桜樹(おうじゅ)法律事務所は、多種多様な経験を積んだ複数の弁護士が所属する総合法律事務所として、地元熊本の、人、企業、団体、自治体などの様々なニーズに適切かつ迅速に対応することを目指しています。


◆ 事務所名の由来
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「桜樹(おうじゅ)法律事務所」の事務所名は、事務所に隣接する白川河畔に立ち並ぶ美しい桜並木に由来します。
私たちは、悩んでいる人、困っている人が、それぞれの問題を乗り越え、以前の笑顔を取り戻すことができればと願って日々の業務を行っております。
美しい桜の花を咲かせることのできる力強い樹木のような存在になることができたらとの想いから、事務所名を「桜樹(おうじゅ)」としました。


◆ スケールメリットを生かし、多種多様な事件に柔軟に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜樹(おうじゅ)法律事務所の取扱分野は、「商事・企業法務」「民事一般事件」「家事事件」「事業再生・倒産関係」「行政事件」「刑事事件」など、総合型の法律事務所として企業法務から民事、家事、刑事事件に至るまで幅広くカバーしています。
企業のコンプライアンス(法令順守)や相次ぐ企業関係法令の改正など、法的ニーズも多様化する中で、事件解決にはそれぞれの弁護士の得意分野を活かして迅速に対応するとともに、事件の特殊性や規模に応じて複数の弁護士が担当できる体制をとっているため、チームワークによる情報収集や専門性の高い対応が可能となっています。
また、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士、弁理士、医師、建築士等の各種専門家による広範なネットワークを有しておりますので、どのような事件でも、法律事務所の枠を越えたチームワークによる処理が可能です。
ベテラン弁護士の知識・経験や若手弁護士が学んできた判例・発想などを発表する場となっており、互いに切磋琢磨することによる相乗効果によって、組織としての総合力やチームワーク向上を図っています。


◆ 地域貢献
━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域社会への貢献も桜樹(おうじゅ)法律事務所の方針のひとつです。
地場企業経営者への有用な情報提供を目的に月刊情報誌「くまもと経済」の「経営者のための法律相談」を2005年11月から執筆しています。
様々な相談内容について、法律知識を交えてわかりやすくアドバイスするこのコーナーの連載回数は100回を超えています。
また、それぞれの弁護士が公職を歴任するなど多方面で活躍しています。
熊本県収用委員会会長、日本弁護士連合会副会長などを務めた塚本弁護士、熊本県弁護士会会長、熊本県情報公開審査会会長などを務めた馬場弁護士など各弁護士が数々の公職に就いています。
桜樹(おうじゅ)法律事務所は、リーガルサービスの充実はもちろん、社会貢献の場にも活動を広げ、地域経済、さらには地域社会への貢献に務めるという考え方のもと、桜樹(おうじゅ)法律事務所だからこそできる、様々なアプローチで「くまもとの力」となることを目指しております。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
市電「水道町」下車5分

◇住所
熊本県熊本市中央区水道町14-27 KADビル9階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆ 法人のお客様
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇企業法務
◇顧問契約
◇債権回収
◇企業再生
◇契約・契約書


◆ 個人のお客様
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇離婚問題
◇離婚でお悩みの女性の方
◇交通事故
◇遺言・相続問題
◇債務整理
◇不動産に関する問題
電話でお問い合わせ
096-278-7227
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。