ほそえ たいき

細江 大樹弁護士

樹氷の森法律事務所

山形県山形市十日町3-2-3

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

事前予約いただければ、休日・夜間の面談も対応可能な場合があります。 交通事故は、人身事故で相手方が任意保険に加入している事案の場合、着手金の分割払いや後払いも可能です。 弁護士費用保険も利用可能です。

交通事故

取扱事例1

  • 後遺障害認定

自賠責に対する被害者請求、後遺障害等級認定、損害賠償請求訴訟

【相談前】
まだ症状が残っているのに、加害者の任意保険会社から治療費の支払いを一方的に打ち切られた。

【相談後】
自賠責に被害者請求を行った結果、打ち切り後の治療費も支払ってもらえ、後遺障害が認定された。
その後、加害者に対し損害賠償請求訴訟を提起し、裁判基準の賠償額満額を回収した。

【コメント】
任意保険会社は、事故から3~6か月程度経つと治療費の支払いを一方的に打ち切ってきたり、そもそも事故と症状との間に因果関係がないと主張してきたりすることがありますが、諦めずまずはご相談ください。

取扱事例2

  • 損害賠償請求

死亡事故の刑事訴訟記録の入手、損害賠償請求訴訟

【相談前】
親族が交通事故で亡くなった。
事故状況がどんなものだったか、加害者が警察や検察官にどのように供述しているのかを詳しく知りたいし、損害賠償も妥当な金額を支払ってもらいたい。

【相談後】
検察庁に加害者の刑事訴訟記録の閲覧謄写を請求し、警察が行った事故現場の実況見分の内容や、加害者の供述内容を調査した。
その上で、加害者に対し損害賠償請求訴訟を提起し、裁判基準による賠償額を回収した。

【コメント】
交通事故でご親族を亡くされたご遺族には、どのような状況で亡くなられたのか、事故の真相を知りたいという方が多くいらっしゃいます。
当事務所では、刑事事件の記録を入手するほか、依頼者のご要望があれば加害者の刑事訴訟への被害者参加のサポートも行います。
損害賠償額も、加害者の任意保険会社との交渉で決めるのと、民事訴訟で裁判官に判断してもらうのとでは金額が大きく異なってきますので、まずはご相談ください。
電話で面談予約
050-7586-8444
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。