とよだ しんし

豊田 進士弁護士

京浜蒲田法律事務所

蒲田駅

東京都大田区蒲田5-36-2 相互蒲田ビル1101
対応体制
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可
注意補足

初回法律相談は30分無料、その後は30分税別5000円です(ご相談内容によっては有料となる場合がございます。)。2回目以降の法律相談は、30分税別5000円です。来所相談が基本ですが、電話その他の通信手段を用いた相談にも極力対応いたします。

相続・遺言

取扱事例1

  • 遺産分割協議

相続人が6人いる状況において、ご依頼者である相続人の一人が遺産である不動産を単独で取得する内容にて遺産分割協議が成立したケース

依頼者:60代 女性

【相談前】
被相続人には前妻と後妻がおり、前妻側の相続人が3人、後妻側の相続人が3人いました。
生前から前妻側と後妻側は疎遠な関係であり、そのような関係の下で遺産分割協議をするのが不安ということでご相談を頂きました。

【相談後】
前妻側の各相続人の代理人となり、後妻側の相続人と協議を行いました。
こちらから提案した分割内容に相手方も承諾したことから、遺産分割協議書の作成、相続人全員での取り交わしを行いました。
さらに、その後の相続登記手続までフォローし、無事登記も完了しました。


【コメント】
親族状況によっては、相続人同士の繋がりが非常に希薄、あるいは関係が芳しくないということもあり得ます。
そのような場合、弁護士にご依頼を頂ければ、弁護士がご本人の窓口となり、遺産分割協議や書面の取り交わしを行うことができますので、まずはご相談ください。

取扱事例2

  • 遺産分割協議

兄妹間の諍いにより、父親と母親のどちらの遺産分割も進展しなかったところ、ご本人に代わって弁護士が遺産分割協議を行った結果、父母いずれも遺産分割が成立したケース

依頼者:50代 女性

【相談前】
母親の看病や介護等を巡って兄と妹(ご依頼者様)の間で対立が生じ、関係が悪化しました。
父母二人とも亡くなりましたが、兄妹間で遺産分割協議は進まず、ある日兄の弁護士から連絡がきたため、対応を引き受けました。


【相談後】
従前の兄妹間でのやり取り等を踏まえ、遺産の分け方について要望を出したところ、大筋においてこれを認める旨の回答が得られたため、弁護士同士で遺産分割協議書を作成しました。
兄妹ともにその内容に承諾したことから、父母の両名について遺産分割協議が成立しました。

【コメント】
本件は、2人の兄妹間の対立でした。
弁護士は、ご依頼者様の思いや主張を法的にまとめて代弁する立場ですが、紛争解決のために冷静かつ客観的な視点も持っています。
弁護士が交渉が行うことで止まっていた問題が解決に向けて進みだすということもありますので、是非ご相談ください。

取扱事例3

  • 相続放棄・限定承認

兄弟が数百万円の借金を抱えた状態で亡くなったが、相続放棄によって他の兄妹が借金を背負うことを回避できたケース

依頼者:40代 女性

【相談前】
被相続人は兄弟ですが、生前連絡を取っていなかったため、財産や負債状況は分かりませんでした。
ある日、被相続人の債権者と名乗る会社から、数百万円が滞納状態になっているとの督促書面が届きました。

【相談後】
金額的にとても返済できる金額ではなかったため、まず、被相続人のご両親について相続放棄を行いました(被相続人に配偶者や子はいない。)。
その後、今度は被相続人の兄妹について相続放棄を行いました。
結果的に、他の相続人が被相続人の借金を背負うことを回避することができました。

【コメント】
相続放棄に関するご相談も非常に多いです。
相続放棄については、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にする必要がありますので、注意が必要です。
もっとも、亡くなられてから3か月を経過していても相続放棄が可能な場合がありますので、諦めずにご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7586-7338
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。