おおかわ なおし

大川 直弁護士

大川法律事務所

半蔵門駅

東京都千代田区一番町4-22 プレイアデ一番町601

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可

注意補足

【初回相談30分無料】【夜間土日の相談も承ります(予約制)】【分割払い応相談】お子様連れの相談もしやすい空間作りも大切にしています。※お電話での長時間のご相談は原則承っておりません。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 面会交流

制限のない面会交流ができるようになった事例

依頼者:40代 男性

【相談前】
妻が子供たち(小学性と中学生)を連れて別居し、離婚調停を申立ててきました。
夫は離婚することや子供たちの親権者を妻とすることはやむを得ないとしても、面会交流だけは自由に行いたいと主張していましたが、妻は面会交流に消極的でした。

【相談後】
子供たちの意思を尊重し、子供の福祉のため父親との面会交流を実現すべきであると主張し、併せて家裁の調査官にも調査をお願いしました。
その結果、子供たちと何ら制限のない面会交流を実現しました。
週末には父親の家に泊まりにきたり、泊りがけで旅行にも行けることになりました。

〈弁護士からのコメント〉
この事案では、調停において、弁護士が調停委員、裁判所に事情を良く説明し、粘り強く話し合いを行うことによって、依頼者の望む面会交流が実現しました。
いまでは妻とも子供たちのことを相談しあえる関係になったようです。

取扱事例2

  • 財産分与

妻が生涯住み続けられる自宅を確保できた事例

依頼者:60代 女性

【相談前】
夫が別居し愛人宅で長年生活しており、離婚を求めてきました。
妻は離婚に応じてもよいが、相応の財産分与、特に住み慣れた自宅から出て行きたくないと主張していましたが、夫は代償金の支払を要求してきました。

【相談後】
調停において、長年、妻に婚姻費用(生活費)を入れてこなかった点を踏まえた財産分与の請求(扶養的な財産分与を含む)をし、あわせて慰謝料の請求を行いました。
最終的には、妻は自宅を取得することができました。

〈弁護士からのコメント〉
この事例は、調停において、清算的な財産分与だけでなく、扶養的な財産分与を主張し、それが認められました。
この事案では、調停委員に対し、法的な主張だけでなく、過去の生活状況や、妻がこれからも安心して生活できるようにしてほしいことを説得的に説明し、調停委員を見方にすることができた事例です。

取扱事例3

  • 財産分与

離婚原因がない(弱い)ケースで、離婚、財産分与請求が認められた事例

依頼者:60代 女性

【相談前】
妻は、夫に対し、離婚したいと申し入れたが、夫は、離婚してもいいが財産分与は一切しないと主張しました。

【相談後】
弁護士が調停や交渉を何度も行いましたが、夫は妻の希望する財産分与に応じませんでした。
しかし、粘り強く話し合いを行うなどして、妻の希望する財産分与請求を認めさせ、かつ一括の支払を実現しました。

〈弁護士からのコメント〉
調停や交渉において、妻の主張を説得的にするとともに、併せて婚姻費用の調停を申立て、別居期間が長くなると婚姻費用を支払い続けなければならない状況をつくりました。
この事案では、妻の希望が実現する方法を具体的に検討し、粘り強く交渉することで、よい結果が実現できました。

取扱事例4

  • 親権

面会交流に切り替えて、離婚後も家族で交流が持てた事例

【相談前】
依頼主は夫。妻は3人の子どもと一緒に出て行ってしまったケース。
離婚の際、夫は「どうしても子ども全員の親権がほしい」と依頼されました。

【相談後】
はじめ親権がほしいと話していましたが、父親の存在感を出すためにも面会交流への切り替えを提案しました。
その代わり、子どもの意向に合わせて面会交流を自由にさせてほしいと調停で主張しました。
結果として、子どもが学校帰りに遊びに来たり泊まりに来るようになったり、継続的な交流が実現しました。

〈弁護士からのコメント〉
週末には子どもと一緒にご飯を作って過ごすこともあり、妻にお裾分けの分を持ち帰ってもらい喜んでもらえたとのことで、家族が円満な方向で解決した事例です。

取扱事例5

  • 慰謝料請求したい側

不貞問題での慰謝料請求の事例

【相談前】
不貞問題で慰謝料を請求したいと依頼されたケース。
請求相手は、配偶者と不貞行為をした相手に対してものでした。

【相談後】
不貞行為をしたことを家族にばれないようにするために、「内容証明郵便」は情報が漏れないように徹底しました。

〈弁護士からのコメント〉
不貞行為をした相手にも、家族がいることがあります。
メールでの対応などの配慮によって、秘密保持を丁寧におこなったところ、スムーズな対応、満額請求の合意につながりました。
電話でお問い合わせ
050-7586-6023
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。