こんどう よしひろ

近藤 義浩弁護士

弁護士法人ITS法律事務所 福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前1-4-4 JPR博多ビル9階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 夜間面談可

【裁判官歴12年】【博多駅徒歩圏内】地裁・家裁・高裁での豊富な裁判官経験を武器に、あなたの権利を守ります。

どんな弁護士ですか?

◆ 理念
━━━━━━━━━━━━
2020年3月まで、12年半、裁判官をしていました。

裁判官としては、地方裁判所や家庭裁判所で、民事事件・家事事件・刑事事件を担当したほか、若輩ながら高等裁判所でも勤務し、民事事件や家事事件の控訴審・抗告審も担当しました。さらに、最高裁判所の事務総局で裁判部門の支援業務に従事したり、裁判官の外部経験制度により国会において立法作業に従事したりするなど、裁判所全体や社会全体の大きな動きを見る機会にも恵まれました。

法的な議論を戦わせるのが弁護士の仕事であると思われがちですが、実際には、法的な議論の前提としての事実関係を、どれだけ説得力のある形で裁判官に伝えられるかの方が重要であることが多々あります。どんなに精緻な法律論も、これと矛盾する厳然たる事実の前では無力だからです。そして、双方の言い分が食い違う事実関係について、直接的な証拠があるケースは多くないため、裁判では、多数の間接的な証拠を的確に分析・評価して自身が主張するストーリーが真実であることを裁判官に伝える必要がありますが、これを適切に行うには、かなりの力量を必要とします。
私は、裁判官として、原告と被告が事実関係について熾烈な争いを繰り広げる事件において、証拠を読み込み、それぞれの証拠の持つ意味を分析・評価し、一連の経過を矛盾なく説明することができる形で事実認定を行うということを長年にわたって行ってきました。その過程で培われた力は、必ずや依頼者様のお役に立つものと信じております。

また、法的な議論が展開されている場合に、双方の主張がかみ合っていなかったり、ポイントがずれていたりするときは、裁判官として、論点整理を行う必要がありましたし、最終的には、主張された法的な議論について、説得力のある形で自身の考えを示す必要がありました(その際には、問題となっている条文で使われている用語・用例から法解釈を行うミクロな視点と、法律全体の目的・構造から法解釈を行うマクロな視点の両方を駆使するという形で、国会勤務時代の経験が大いに役に立ちました。)。
このような法解釈における力もまた、依頼者様のお役に立つものと信じております。

そして、裁判官時代には、弁護士が付いていない事件も一定数あるため、可能な限り分かりやすい言葉で判決をするよう心掛けていましたし、和解の席上で当事者ご本人と直接お話をする際には、法律用語を極力用いないようにしながら、法的な問題点や考え方について分かりやすくお伝えするようにしてきました。
弁護士としても、引き続き、依頼者様に分かりやすい説明を行っていきたいと考えております。

著名な民法学者の言葉に、

   常識的結論に法律的基礎づけをすることが法律家の仕事である

というものがあります。
依頼者様の当然認められるべき権利が適正に実現されるよう、裁判官として得た知識・経験を武器に、力を尽くしてまいる所存です。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━
【学歴】
1993年 鳥栖市立旭小学校卒業
1996年 鳥栖市立鳥栖西中学校卒業
1999年 私立弘学館高等学校卒業
2003年 東京大学法学部卒業

【職歴】
2005年 司法試験合格
2007年 裁判官任官
以後、宇都宮地方裁判所、最高裁判所事務総局総務局、衆議院法制局(裁判官の外部経験)、東京地方裁判所、長崎家庭・地方裁判所佐世保支部(兼平戸支部長)、広島家庭裁判所、広島高等裁判所、広島地方裁判所で勤務。
2020年 裁判官を依願退官 弁護士登録 弁護士法人ITS法律事務所入所

【所属】
福岡県弁護士会
   民事手続委員会
   倒産業務等支援センター委員会
   労働法制委員会
福岡商工会議所
   理財部会
   福商ビジネス倶楽部

どんな事務所ですか?

◆ 事務所の特徴
━━━━━━━━━━━━
当事務所の「ITS」というのは、
I=依頼者様、
TS=鳥栖(主たる事務所の所在地)の頭文字でもあり、
T=田中(代表社員弁護士)の頭文字
をとって名付けられました。

   「皆さまのお役に立ちたい」

それが私たちの原点です。
ロゴマークは、南京錠を表しており、

   「依頼者様の権利を守る」

というメッセージを持っています。
私たちは地域に根ざした法律事務所として、地域の皆さまに適正な法的サービスをご提供することはもちろん、大都市の法律事務所にも負けない法的サービスをご提供することを心がけています。そして、より多くの方々にご利用いただき、どのようなお悩みにも応えられるよう、2015年には博多に福岡事務所を開設いたしました。
これからも依頼者様の思いに寄り添い、最善の解決策をご提案いたします。
お困りの方は、お気軽に、当事務所にご相談ください。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
JR「博多駅」から徒歩7分

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前1-4-4 JPR博多ビル9階

◆ 事務所HP
━━━━━━━━━━━━
https://its-lawoffice.com/

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可

こんな相談ならお任せください

裁判官としては、民事事件(交通事故や金銭トラブルなど)の経験が最も豊富です。民事事件は、どのような手続を利用して、どのような法的根拠に基づき、どのような請求をするか、選択肢が広いがゆえに、その選択や見通しについては、慎重な検討が必要になります。
依頼者様のお考えを伺いながら、よりよい解決を目指していきたいと考えています。

また、広島の家庭裁判所で、家事事件(離婚や相続などの家族間の問題)を集中的に取り扱った経験もあります。残念ながら、司法試験・司法修習では、民事・刑事の分野の勉強が中心になるため、十分な知識を有しないまま家事事件を取り扱っている弁護士もいるのが実情です。また、弁護士が民事事件と同じ感覚で主張の応酬を繰り広げた結果、人間関係が必要以上にこじれ、かえって問題が複雑化・長期化するケースもあります。
ナイーブな問題であるだけに、適切な解決を目指しながら、依頼者様がよりよい形で新しい人生のスタートを切れるよう、お力になりたいと考えています。

そのほか、刑事事件についても、取り扱っております。

裁判官としての経験を有していますが、だからといって敷居が高いと感じられる必要は全くございません。
お力になれることが必ずあると思います。まずはお気軽にご相談ください。

電話でお問い合わせ
092-292-0001
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。