ほんじょう たくま

本庄 卓磨弁護士

ベリーベスト法律事務所 横浜オフィス

横浜駅

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビルヂング10階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

電話・メールいずれも弁護士直通です。相談対応中などは電話に出れないため、メールでのご予約を推奨しております。メールでのご相談は簡単な回答のみとなります。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 養育費

【協議離婚】【養育費】配偶者と協議を行い,養育費の支払いを取り決めた上で離婚が成立した事例

依頼者:40代女性

◆ご相談内容
依頼者は夫と離婚の話し合いをしていたものの,養育費の金額などについて合意ができなかったため,ご依頼されました。

◆解決の方針・結果
弁護士から,養育費の金額や意義などについて夫へ説明して交渉したところ,最終的には納得して離婚条件について合意することができ,依頼者が想定していたよりも早く離婚することができました。
お早めにご依頼いただいたことで,相手方の態度が硬化する前に交渉できたことが功を奏しました。

取扱事例2

  • 調停

【調停離婚】【婚姻費用】【養育費】婚姻費用と養育費について合意することができた事例

依頼者:30代女性

◆ご相談内容
依頼者は夫と性格の不一致が原因で,子を連れて別居していましたが,別居後は夫から生活費を支払ってもらえませんでした。そこで,婚姻費用と離婚を希望とのことで,ご依頼されました。

◆解決の方針・結果
婚姻費用の支払いと離婚の調停を申し立て,主に婚姻費用と養育費の金額について調整を図りました。その結果,依頼者は離婚が成立するまでの間,婚姻費用の支払いを受けることができました。また,養育費についても有利な金額で合意することができ,無事に離婚が成立しました。

取扱事例3

  • 離婚の慰謝料

【裁判離婚】【養育費・慰謝料の獲得】【給与の差押え】依頼者の希望どおりの条件で裁判離婚が成立した

依頼者:30代女性

◆ご相談内容
夫に度重なる不貞行為があったことや,生活費を全く支払ってもらえず,離婚を希望していました。依頼者は自身で離婚調停を申し立てたものの,夫は出席せず,調停は不成立となっていました。

◆解決の方針・結果
ご依頼を受け,①離婚,②養育費,③慰謝料を請求する訴訟を提起しました。また,婚姻費用(生活費)が支払われていなかったため,夫の給与を差し押さえる手続きをとりました。夫は裁判に出席せず,当方の請求が全面的に認められ,慰謝料も請求金額300万円が全額認められました。その後も夫は養育費と慰謝料を支払わなかったため,夫の給与を差し押さえました。ご依頼いただいたことで,早期解決と金銭獲得を実現することができました。

取扱事例4

  • 離婚の慰謝料

【調停→裁判】【有責配偶者】有責配偶者である依頼者の離婚が成立した事例

依頼者:40代男性

◆ご相談内容
依頼者は離婚を希望していましたが,婚姻中に不貞行為をしてしまった過去があり,妻から離婚を拒否されていました。また,妻は,依頼者の不倫相手に対して慰謝料の請求を検討していました。

◆解決の方針・結果
ご依頼を受け,まずは調停で離婚条件を提示したものの,妻から多額の慰謝料を請求されたために調整は難航し,調停は不成立となってしまいました。その後すぐに離婚訴訟を提起し,結果として相当額を支払うことにはなったものの,減額に成功し,無事に和解で離婚が成立しました。また,依頼者の不倫相手に対して慰謝料は請求しないことも妻に約束させることができました。

取扱事例5

  • 浮気・不倫

【慰謝料150万円】【夫の不倫】不倫相手の女性に慰謝料を請求した事例

依頼者:40代女性

◆ご相談内容
依頼者は調査会社に依頼し,夫が不貞行為をした証拠を持っていました。そこで,夫の不倫相手に対する慰謝料の請求を希望していました。

◆解決の方針・結果
ご依頼後,不倫相手に慰謝料を請求するとともに,今後は夫へ連絡・接触をしないよう申し入れました。不貞相手は請求内容を認め,慰謝料150万円を一括で支払うことに合意したため,速やかに解決することができました。

取扱事例6

  • 浮気・不倫

【慰謝料減額】不倫相手の夫から慰謝料を請求された事例

依頼者:30代男性

◆ご依頼内容
依頼者は既婚女性と不倫し,女性の夫から慰謝料を請求されましたが,どう対応してよいか困り果ててしまい,ご依頼されました。

◆解決の方針・結果
ご依頼後,不貞行為に関して謝罪をし,慰謝料の金額に関する交渉に入りました。その後はスムーズに交渉を進めることができ,慰謝料の金額については,請求されていた金額の半分以下まで減額することができました。ご依頼いただいたことで,相手方に対して適切な対応をすることができたことはもちろん,依頼者は不安な気持ちから解放されたようです。
電話でお問い合わせ
050-7586-5140
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。