きしだ さとし

岸田 哲弁護士

弁護士法人関・岸田・中村法律事務所 桑名オフィス

桑名駅

三重県桑名市末広町22 ヤマハウィングビル5階501

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

当事務所は、大阪府岸和田市にも事務所があるので、相手方が、大阪府などに(一部地域を除く。)在住の案件でも対応可能です。

相続・遺言

【駐車場無料】【桑名駅徒歩6分】遺産相続・遺言・遺留分・相続放棄などでお悩みの方はお気軽にご相談ください。連絡を取りたくない親族との交渉もすべて引き受けます。

岸田 哲弁護士の相続・遺言分野での強み

◆ こんなご相談ならお任せください
━━━━━━━━━━━━
・相続人の一人が事前に相続財産を使い込んでしまった
・親の介護をしていたのに相続財産が少ないのは不公平だ
・相続財産の中に不動産があり遺産分割をめぐって揉めている
・遺言書で自分の取り分がゼロ、遺留分減殺請求をしたい
・自分の死後に相続人同士が揉めないように遺言書を作成したい

◆ 相続・遺言を弁護士に依頼するメリット
━━━━━━━━━━━━
【1】ご意向をよく伺い最善策を練ります
相続問題の解決においては、決まった答えはありません。相続財産の状況や被相続人との関係、そして何より依頼者様のご意向によって最善の解決策は異なります。
ご相談いただいた際は、状況を整理した上で、ご相談者様と共に解決策を考えご提案します。

【2】弁護士が相手方と交渉します
相続問題で揉めた場合、当事者である相続人同士では感情的になってしまう場合があります。
その点、ご依頼いただきますと弁護士が相手方と交渉しますので、冷静に話が進みます。また、相手方と顔を合わせるストレスからも解放されます。

【3】生前贈与・遺言書作成も承ります
自分の死後に子供達同士、親戚同士揉めてほしくない。
きちんとした内容の遺言書を作成すれば、相続を巡る争いを事前に防ぐことができます。
弁護士がじっくりお話を伺った上で、内容について適宜アドバイスをしますので安心です。

◆ 遺産分割の流れ
━━━━━━━━━━━━
遺産相続の割合(法定相続分)は、遺産を受け取る人(相続人)が配偶者と子供である場合は、配偶者が2分の1、子供たちは残りの2分の1を子の人数で割った割合とされています。
もし法定相続分とは異なる相続をさせたい場合には、遺言によって、自分の財産を誰にどれだけ相続させるか、あるいは贈与するかを決めることができます。

人が亡くなり、下記に当てはまるとき、相続人全員で遺産分割協議を行います。遺産分割協議は相続人全員の合意があれば法定相続分などと一致しなくても有効です。

・遺言がない
・遺言はあるが、無効である
・遺言はあるが、言及されていない財産がある

なお、遺言書が残されていた場合には、遺言執行人の選任を行うことになります。弁護士が遺言執行人には、弁護士がなるケースも多いので、お困りの際はお気軽にご相談ください。
遺産分割協議をしなければならないが、相続人全員の合意が得られないとき、家庭裁判所での調停、審判などの手続を通して分割することになります。
遺産分割は、案件ごとに状況が全く異なってくるので、詳しくお知りになりたい方はご相談ください。

◆ 遺言書のメリット
━━━━━━━━━━━━
人が亡くなると、その人の財産は遺族(相続人)に分配されます。先祖から受け継いだ財産、自分が築き上げてきた財産、誰に譲るかを自分で決めたい。こんなときにオススメなのが遺言書の作成です。
遺言書は、それが適法なものである限り、相続人はそれに従って遺産を譲り受けることになります。ですが、相続人それぞれの立場に配慮した遺言書を書かなければ、かえって紛争を引き起こしてしまうことにもなりかねません。
また、遺言書は法律で厳格に書き方が決められています。間違った書き方をすると無効になってしまいますので、注意が必要です。
形式的にも間違いがなく、相続人同士でもめない遺言書をつくるためには、弁護士のアドバイスに基づいて作成することが有効です。ぜひ一度ご相談ください。

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 兄弟・親族間トラブル
  • 認知症・意思疎通不能
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 遺言
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 配偶者居住権

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 遺留分侵害額請求
  • 家族信託
  • 相続や放棄の手続き
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

どんな事務所ですか?

落ち着いた応接室
◆ 三重・桑名に所在
━━━━━━━━━━━━
桑名市内にお住まいの方が多くご相談に来られます。
三重県に所在する弁護士は多くはないです。桑名周辺も弁護士は少ない方です。
したがって桑名周辺のいなべ、菰野、多度、長島はもちろん、亀山・四日市や至近の愛知や岐阜からご相談に来られる方もいらっしゃいます。
大阪府にも支店がございますので、相手方が大阪の場合であっても、対応しやすい体制が整っています。
大阪以外の都道府県であっても、対応可能なケースも多いのでお気軽にお問合せください。


◆ 柔軟な費用設定
━━━━━━━━━━━━
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基本にしつつも、依頼の経済状況に合わせて相談に応じております。
しっかりとお見積りを作成し、総額費用を明確に示しており、思わぬ追加費用が発生することがないよう努めております。


◆ 法律相談の流れ
━━━━━━━━━━━━
【1】面談予約
 お電話またはメールでご予約ください

【2】面談日時決定
 相談希望内容などご事情を詳しくお伺いし、当事務所へお越しいただく日時を決定します。

【3】面談および提案
 ご予約の日時に当事務所へお越しください。「相談内容」およびお持ちいただいた資料(必要な場合は事前にお伝えします)をもとに、弁護士から今後の見通しやリスクの十分な説明を行い、ご依頼者にとって最適な解決方法をご提案いたします。
 法律相談料金:10,000円(税別)
 ※60分を目安としています。
※営業時間外の法律相談料金は割増になります。

【4】見積・依頼
 ご依頼を希望される場合は、ご契約の手続きに入ります。契約書を作成し、その写しをお渡しいたします。ご契約前にお見積りしますので、見積書にない想定外の料金が発生することはありません。

【5】事件の着手
 それぞれの事案に対し、経験と実績でスピーディーかつ戦略的にサポートし、解決に導きます。

【6】事件の解決・ご報告

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-4685
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。