いずみ よしたか

泉 義孝弁護士

弁護士法人泉総合法律事務所 新橋本店

東京都港区新橋1-7-1近鉄銀座中央通りビル5階
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
注意補足

当事務所では、コロナウイルス対策の一環として、ご来所での法律相談が難しい方のために電話での法律相談を行っております。まずは法律相談のご予約を電話・メールでお問い合わせください。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 浮気・不倫の慰謝料

慰謝料500万円を支払うことで、相手方である妻に離婚に応じてもらうことができた。

依頼者:20代男性

【相談前】
ご依頼者であるAさんは、妻とすれ違いの生活が続いていたこともあり、友人女性と不貞行為に及んでしまいました。
その後、妻とケンカになった折、「これ以上、結婚生活を続けることは難しい」と感じたAさんは、①他に好きな女性が居ること、②不貞行為の事実を妻に告げました。
その後、妻とは別居することになり、後日、妻の代理人弁護士から不貞行為の慰謝料として500万円を請求する書面が届きました。
「どのように対処したらよいのだろうか?」と困り果てたAさんは、当事務所へ相談に訪れました。

【相談後】
「慰謝料を全額支払ってもよいので、妻に離婚に応じてもらいたい」というのが、Aさんの望みでした。
しかし、①有責配偶者であるAさんからの離婚請求である、②別居期間が短い、などの事情より、裁判になればAさんの離婚請求が認められる可能性が低いのは明白でした。
そこで、裁判ではなく交渉によって相手方である妻にアプローチする戦略に切り替えました。
まず、相手方に減額を要求しましたが、拒否され、「離婚に応じるつもりもない」との回答でした。その結果をAさんに伝えたところ、「500万円を支払ってでも、離婚だけはしたい。」「できることなら、自身と不貞行為に及んだ不貞相手には請求しないで欲しい」との要望でした。
そこで、Aさんの要望を叶えるべく、相手方と粘り強く交渉した結果、
・慰謝料は500万円。
・離婚に応じる。
・不貞相手には請求しない。
といった内容で相手方である妻に納得してもらうことができました。

【コメント】
今回のケースでは、Aさんの「500万円を支払ってでも、離婚だけはしたい。」「できることなら、自身と不貞行為に及んだ不貞相手には請求しないで欲しい」という希望を最優先して、相手方との交渉を進めました。
その結果、Aさんにご満足いただける結果を勝ち取ることができたと思います。

取扱事例2

  • 浮気・不倫の慰謝料

夫の浮気相手に対して慰謝料請求をした結果、60万円を獲得した。

依頼者:40代女性

【相談前】
夫が女性と浮気をするようになり、その不貞相手に対して慰謝料請求をしたいとのことで、当事務所にご相談いただきました。

【相談後】
ご依頼後、証拠について確認したところ、①不貞相手との下着姿でのツーショット写真や動画映像、②肉体関係を強く推認させるメール履歴などでした。しかし、証拠をより確実なものとすべく、夫に不貞行為を認める旨の念書を書いてもらいました。
それらの証拠を踏まえて、夫の不貞相手に対し200万円を請求したところ、交渉は非常に難航しました。
そこで、依頼者であるAさんと相談した結果、「60万円であれば納得できる」とのことでしたので、その金額で相手方と粘り強く交渉し、最終的には慰謝料金額60万円で相手方が応じてくれることになりました。

【コメント】
当初、200万円の請求をしましたが、ご依頼者であるAさんが夫と離婚しないでの不貞相手への慰謝料請求でしたので、実際のところ50万円でも決して低くない金額でした。そこで、その事実をAさんに説明して、Aさんもそれにご納得いただいたことがスムーズな解決に至った大きな要因であったと思います。

取扱事例3

  • 浮気・不倫の慰謝料

夫の不貞相手に対して、①慰謝料70万円、および②今後の夫との接触禁止を認めさせた。

依頼者:50代女性

【相談前】
夫の携帯電話を見た依頼者は、夫の不倫を疑い興信所に調査を依頼したところ、不貞行為が発覚しました。
その後、その不貞相手から謝罪はあったものの、「不貞相手に対して相応の金銭請求をしたい」とのことで、
当事務所にご依頼いただきました。

【相談後】
夫との不貞相手は、家庭内の事情により金銭的な余裕がほとんどない状態でした。そこで、依頼者と協議したうえで、金銭的な要求よりも、夫に二度と近づかないことを不貞相手に誓約させる、という点を何よりも優先して交渉することにしました。

【コメント】
最終的には、①慰謝料70万円、および②夫には二度と近づかないという内容の「接触禁止」、そしてそれに対する違約金条項を不貞相手に認めさせることに成功しました。
もちろん金銭的な要求も大切ですが、不貞相手の資力・経済状態を見極め、それに応じて柔軟に要求内容を調整することも早期解決には非常に重要です。

取扱事例4

  • 浮気・不倫の慰謝料

当初500万円の慰謝料請求額だったが、粘り強く交渉した結果、最終的に200万円の支払いで解決できた事例。

依頼者:20代男性

【相談前】
依頼者はある既婚男性と不貞行為に及びました。
その後、不貞相手の妻の代理人弁護士から慰謝料500万円を請求されてしまい、「これからどうしたらよいのだろうか?」と困り果ててしまい、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【相談後】
ご依頼後、相手方との交渉に臨みました。
当初、相手方は、「減額要求には一切応じない」という強硬な姿勢でした。と言うのも、相手方の妻は、妊娠中であったこともあり、非常に憤慨していました。
しかし、時間をかけてじっくりと丁寧に交渉を重ねることで、最終的には500万円だった慰謝料額を200万円にまで減額させることに成功しました。

【コメント】
当初、相手方は減額請求に応じませんでした。しかし、依頼者の経済状況や金銭状況などを詳細に説明することで
徐々に相手方の態度も和らいでいきました。そして最終的には、こちら側の状況を理解してくれるようになり、最終的に慰謝料支払い500万円⇒200万円にまで減額させることに成功したという好例だと思います。

取扱事例5

  • 浮気・不倫の慰謝料

不貞行為をした夫から慰謝料90万円を獲得。一向に進展しなかった離婚協議を成立させることにも成功した。

依頼者:40代女性

【相談前】
「夫が浮気をしているのではないか?」と疑うようになった依頼者(妻)は、夫の携帯電話を調べたところ、浮気の事実が発覚しました。
夫を問いただすと、夫は不貞行為の事実を認め、それをきっかけに別居することになりました。
その後、離婚の話合いを続けましたが、一向に進展することがなかったため、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【相談後】
ご依頼後、事情を伺ったところ、相手方である夫には財産分与できるほどの資産(貯蓄など)がありませんでした。また、年収も依頼者である妻の方が高かったこともあり、高額の慰謝料を獲得することよりも、早期の離婚成立を優先することにしました。

【コメント】
当初、相手方である夫との交渉はなかなか進みませんでした。それでも諦めることなく、粘り強く交渉を重ねた結果、最終的に、夫に90万円の慰謝料を認めさせ、その交渉の席で離婚届けに押印させることに成功しました。こうして、無事に依頼者の希望であった「早期の離婚成立」を叶えることができました。
電話でお問い合わせ
050-7586-4455
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。