倉橋 敏夫弁護士のアイコン画像
くらはし としお
倉橋 敏夫弁護士
倉橋法律事務所
愛知県豊田市永覚新町3-24-1 IKビルド202
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
注意補足

*相談希望のご連絡時に弁護士不在の場合、折り返し連絡させていただきます。*電話では、責任のある回答ができませんので面談をご予約ください。

相続・遺言での強み | 倉橋 敏夫弁護士 倉橋法律事務所

【初回相談無料】【豊田市永覚新町】遺言書作成、相続争い、遺留分減殺、使途不明金等、お気軽にご相談ください。司法書士の経験も活かし不動産を含む案件もスムーズに解決します。円満な解決を目指し、近隣地区の方から多数ご相談いただいています。
◆相続に不安を感じたらお早めにご連絡ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 相続が発生し「相続人間で意見が合わない」「交渉で協議が整わない」といったご相談を多くいただきます。争いになりそうなきっかけや不安な点があったら早めにご相談ください。

 一度遺産分割協議に合意してしまうと、相当な理由がない限りそれ以上の交渉をすることは困難になりますので、おかしいなと思ったら一度ご相談いただくことをおすすめします。

 また、実家を離れて遠隔地で生活をしている方は、協議するにも時間と労力がかかかり相当な負担になってしまうことでしょう。弁護士におまかせいただくことで、ご負担を減らし、法的知識を用いて適切な交渉をおこなうことが可能です。

◆長期的視点での解決
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 相続問題の解決後も、法事など親族で集まる機会は多いものです。今後のお付き合いなども見据えて、できる限り円満な解決に努めることが、結果として依頼者様の利益になると考えています。相続争いの渦中にいるときには見えにくいことも、弁護士が客観的に長期的な視点でお話させていただきます。 

◆不動産が含まれる場合もご安心ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 財産に不動産が含まれる場合、遺産分割はより複雑化します。私は司法書士としての知識や経験も生かし、登記簿などから様々な情報を正確に読み解きます。

◆弁護士に依頼するメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メリット
・弁護士が窓口になるため、相手方と顔を合わせる必要がありません
・法的に的確な主張をしますので、言いくるめられてしまうことがありません

◆ご自身の意思を相続財産として残すためにできることー遺言書作成
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 遺族間での相続財産争いを避けるために、遺言書を書いておくべきだと言われていますが、日本では遺言を書いている人は少ないと言われています。せっかく遺言書を作成したにも関わらず、形式面に不備があったり、内容に問題がある遺言書であると、遺言書としての効力はすべて無効になってしまうおそれがあります。また、問題のある遺言をめぐって、トラブルとなるケースもあります。近しい方が亡くなるという精神的ダメージに加えて、さらに親族同士で争うなど悲しいことはありません。

 ご自身の意思を相続財産という形で残すため、残された遺族が紛争をせず円滑に相続するため、有効な遺言書を作成する必要があるといえます。

◆ご相談〜解決の流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①相談予約(初回30分程度無料)
②相談(現状の整理、解決方法、見通し)
③相手方と交渉
(必要に応じて④調停申立⑤裁判)
⑥解決
という順番です。
相談にお越しになっても、お客様に依頼を促すことはいたしません。費用と時間がかかりますので、じっくりとご検討ください。
当事務所ホームページもご覧ください。https://kurahashi-law.com/

◆費用について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お客様にとって、とても気になるところですね。費用の目安は、別ページにてご案内しておりますが、「事案により異なります」というのが私の本音です。
事実の確認、書面の作成、証拠集め等にかかる時間や難易度は、状況によって異なりますので「すべて〇万円」とは言えません。
 私は多くのご依頼をいただくことよりも、スタッフ任せにせず、すべて弁護士が対応することにより仕事の質を維持したいと考えています。
費用は、「相続人が計5人、争う財産が不動産と預貯金計〇万円相当、この場合ですと着手金は〇万円です。報酬金は、〇万円です。」と根拠と金額を説明しますのでご安心ください。
費用概算をお知りになるためにも、まずは無料のご相談(初回30分程度)にお越しください。

◆専用駐車場を用意してお待ちしております
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご依頼後は、何度か方針の確認や書面のチェック等で、お越しいただくことがあります。そこで当事務所は、わかりやすい立地と十分な敷地内駐車場をご用意しました。ビル入口前にお客様専用駐車スペースをご用意しております。

◆重点取扱案件
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺産分割協議・相続放棄・限定承認・遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)・遺言書作成など

◆よくあるご相談例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【遺言をご検討の方】
・子どもたちが争わないように遺言を残したいが、どうしたらいいかわからない
・世話になった人に財産をあげたい
・公正証書がいいのか、自筆証書がいいのか、違いを知りたい
・不動産の名義変更等、遺言を実現してほしい(遺言執行者のご相談)【相続の話し合い(遺産分割協議)前の方】
・父が亡くなったが、相続関係や割合(相続分)がわからない
・離れて暮らしている父が、亡くなったが、後妻一家から連絡がない

【相続の話し合い中の方】
・意見が分かれて、協議が成立しない
・遺産の内容を見せてくれないのに、実印を要求された
・思ったより遺産が少ない、同居をいいことに、勝手に使い込んだのではないか
・生前、兄は新築資金を援助してもらったのに、残った遺産を半分ずつでは不公平だ
・遺言の内容に納得できない。認知症だったから、遺言書は偽造ではないか

【その他ケース】
・亡くなった父の土地が、勝手に兄の名義になっていた
・「全財産を〇〇に」との遺言だが、自分にも一定の権利があるはず(遺留分減殺請求)
・いくら借金があるのか不安で、相続したくない(相続放棄申述受理申出)
相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続
電話で面談予約
050-7586-4550
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。