船井 克矢弁護士のアイコン画像
ふない かつや
船井 克矢弁護士
船井法律事務所
渋谷駅
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • メール相談可
  • WEB面談可

債権回収での強み | 船井 克矢弁護士 船井法律事務所

【24時間365日対応】【渋谷駅直結/渋谷スクランブルスクエア内】工事代金や売買代金、制作費、開発費、家賃滞納、未払いの売掛金など。債権回収は早めの対応が肝心です。依頼者さまの利益の最大化を目指し、尽力します。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「未払いの売掛金が膨れ上がっているので、回収したい」
「追加工事代金が高すぎると、工事代金を支払ってくれない」
「納品した制作物に不備があると、制作費を支払ってくれない」
「発注企業の資金繰りが悪化して、開発したシステムの費用を支払ってもらえない」
「何ヶ月分も溜まった家賃を支払ってほしい」
「内容証明郵便を請求したが、それでも支払ってこない」
「未払いの売掛金を全額回収したい」

工事代金や売買代金、制作費、開発費、家賃滞納など企業の債権回収に関するご相談に幅広く対応しております。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】蓄積された債権回収のノウハウ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、弁護士登録当初から、エンタメ・IT分野の企業等の顧問弁護士としてリーガルサービスを提供し続け、また、エンタメ・スポーツ・IT分野のプティック系法律事務所等にて企業法務のノウハウを培ってまいりました。
その中で、債権回収に関するご相談も普段から頻繁に受けており、仮差押から訴訟、強制執行までの一連の手続きのノウハウを蓄積しております。
依頼者さまの利益の最大化を実現できるよう、培った経験と知識を駆使し尽力していく所存です。

【2】わかりやすく、丁寧に説明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
難解な法律用語もできるだけ、わかりやすい言葉に噛み砕いてご説明いたします。
法律用語は日常的に扱っていない方々からすると、非常に難しく、下手すればその用語が相談者さまの不安なお気持ちを煽ってしまうこともあります。
そのような状況に陥ってしまわないためにも、相談者さまが理解し、安心できるよう何度でもご説明いたします。
不明点あれば、丁寧に説明しますので、お気軽にご質問ください。

【3】ご相談しやすい体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は、渋谷駅直結の渋谷スクランブルスクエア内に事務所を構えています。アクセス至便の上、眺望の良い洗練されたスペースで、前向きでオープンなマインドの打ち合わせを可能にします。
また、電話、メール以外では、slack、Chatwork、Facebook、LINEなどのコミュニケーションツールに対応し、24時間365日対応できる体制を整えています。
依頼者さまの使用ツールに合わせて柔軟に対応できますので、ご要望あればお申し付けください。

【4】迅速かつ正確なコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は、基本的に24時間代表弁護士が直接対応いたしますので、迅速かつ正確なコミュニケーションが可能であり、緊急事態にも即座に対応できます。タイムリーに対応することで、依頼者さまが弁護士とのコミュニケーションにストレスを感じることなく事案解決にもっていくことができると考えております。
また、依頼者さまとの間に壁を作らないよう、気軽にお話ししていただけるような雰囲気作りにも配慮して、信頼関係を構築していきたいと考えています。

【5】ITシステム開発費周りのご相談はお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ITシステム開発費の支払いが滞っている場合は、契約時に定められた要件定義を満たしていること等を相手方に主張し、回収を試みます。
当事務所は、ITシステム開発企業からのご相談を多数受けており、豊富なノウハウがありますので、ご相談をいただいた際には、開発費の回収だけでなく、将来的なトラブル回避のために、契約書の整備を含め、広い視野でアドバイスとご提案をさせていただきます。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃早めのご相談がよりよい未来につながる
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
債権回収のトラブルは、企業の売上に直結するものであり、放置をすればするほど悪循環を生み出します。
例えば、債務者の財政状況が悪化し、裁判で勝訴したとしても、回収できない可能性があります。
さらに、債権回収には時効があるため、放置して時効がきてしまえば回収できるかもしれなかったものも回収できなくなってしまいます。
そのような状態を回避するためにも、お早めにご相談ください。
あらゆる法的手段を駆使し、全額回収に向けて尽力いたします。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃解決事案の一部紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】一連の対応をして債権回収をした事案
業務受託側企業からの依頼を受け、業務委託側企業に対し、仮差押・訴訟・強制執行までの一連の対応をして債権を回収しました。
  

【2】未払い家賃を回収した事案
賃貸人側企業からの依頼を受け、賃借人に対し、未払家賃を請求し、全額回収をしました。
債権回収分野での相談内容

相談・依頼したい内容

  • 売掛金回収
  • 債権回収代行
  • 強制執行・差押え
  • 仮差押え・仮処分
  • 遅延損害金
  • 債権回収時効の延長・リセット
  • 催告書・内容証明の送付
  • 相手(債務者)の所在・財産調査
  • 少額訴訟の相談・依頼

あなたの特徴

  • 個人・プライベート
  • 法人・ビジネス

相手の特徴

  • 連帯保証人
  • 債務者の相続人
  • 音信不通・行方不明の相手

その他の状況

  • 契約書・借用書なし

回収すべき額

  • 140万円以下
  • 140万円超
電話でお問い合わせ
050-7587-0397
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。