山之内 明弁護士のアイコン画像
やまのうち めい

山之内 明弁護士

赤坂協同法律事務所

天神駅

福岡県福岡市中央区天神1-13-6 西鉄天神ビル6階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • WEB面談可

注意補足

【夜間・休日面談】事前予約をお願いいたします。【電話問い合わせ不在時】折り返しをご希望の方はメールにてお問い合わせください。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 離婚すること自体

早期に離婚を成立させた事例

依頼者:女性

【事案の概要】
夫と離婚したいけれど、夫とは話し合いができる状況ではなくどのように離婚を進めたら良いのかわからないとのことでご相談に来られました。
依頼者さまとしては、子どもの学校の進学の問題があることから早期に離婚を成立させ、母子手当等ひとり親家庭の援助を受けたいとのことでした。

【経過】
受任後、夫に対して私が本件を受任した旨と離婚をしたいこと、離婚に関する条件、取り急ぎ婚姻費用を支払って欲しい旨の通知文を送りました。
そうしたところ、夫側にも代理人がつき、その後はスムーズに話し合いを進めることができ、離婚条件を合意した上で公正証書を作成し離婚を成立させました。
受任後3ヵ月以内での離婚成立となりました。

【コメント】
これまで担当してきた案件では、調停手続まで発展することが圧倒的に多く、交渉で早期に離婚を成立させることができた点は依頼者さまの希望に沿うことができたかと思います(もちろん依頼者様にも譲歩をしていただいた結果にはなります)。
このように当事者間だけではまったく話が進まなかった案件についても、弁護士に依頼することで相手方も弁護士をつけるなど、ことが進む場合もあります。
早期解決を希望する場合はぜひ一度弁護士にご相談ください。

取扱事例2

  • 慰謝料請求したい側

夫が2人の女性と不貞をしていたことが発覚し、2人の不貞相手からそれぞれ200万円と100万円の合計300万円を獲得した事例

【事案の概要】
婚姻期間約10年の間に夫が過去2人の女性と不貞をしていたことが最近になって発覚したとのことでご相談にこられました。
2人とも不貞を行ったという確定的な証拠はないものの、夫自身が不貞を行ったことを認めており、不貞を認め謝罪する直筆の文章を既に書いてもらっていました。
また、不貞相手とホテルに行ったことがわかるメッセージのやりとりや領収書も証拠として残っていました。

【経過】
幸い、不貞相手の女性の氏名と住所については依頼者様がご存知でしたので、すぐに内容証明郵便を送り、それぞれに慰謝料請求を行いました。
2人のうち1人は代理人をつけずに、不貞をしたことについて謝罪の上、200万円を分割で支払うとのことで示談しました。
もう1人は代理人をつけ交渉に応じましたが、不貞については素直に認めた上で、減額交渉をされた結果、100万円を支払うとのことで示談しました。

【先生のコメント】
今回のケースは、受任をしてから示談するまで約3ヶ月しかかからず、比較的スムーズに解決した事例かと思います。
依頼者さまの傷ついた感情は当然お金に換算できるものではありませんが、他のケースと比較して短期間で300万円の慰謝料を獲得できたという点はご満足いただけたかと思います。
電話で面談予約
050-7587-0503
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。