せい しんかい

成 眞海弁護士

東京神谷町綜合法律事務所

神谷町駅

東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町5階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【営業時間外のご相談】※平日:18時以降も承っております。※土日祝日:オンラインのみ承っております。

企業法務

取扱事例1

  • 契約作成・リーガルチェック

上場準備のためのコンプライアンスチェック

依頼者:大手美容機器販売企業

上場にあたり広告全般のコンプライアンスチェックのご依頼を受け、医薬品医療機器等法(薬機法)、景品表示法等の観点から短期間で多数の広告につき、法違反がないかどうかのチェックを行いました。

取扱事例2

  • 正当な解雇・退職勧奨

問題のある従業員と交渉し合意退職で解決した事例

依頼者:コンサルティング企業

他の従業員へのパワーハラスメントや顧客対応に問題のあった従業員について、話し合いの結果、解決金を支払うことで合意退職する内容で解決しました。
問題のある従業員に悩まされる企業は多いですが、かといって解雇が認められるような事案は少ないのも事実です。
いきなり解雇しようとするのではなく、まずは話し合いで解決を試みる必要性が高い分野と言えます。

取扱事例3

  • 知的財産・特許

商標権侵害で損害賠償請求を受けた事例

依頼者:貿易会社

クライアント企業が販売していた商品について、他の企業から、商標権侵害だとして損害賠償を求める通知が代理人弁護士を通じて届きました。
しかし、確かに商標権侵害はあったものの、相手企業に損害が発生しているとは言えない事案でした。そのため、その商品の販売をとりやめ、損害賠償はしないという内容で解決に至りました。
弁護士の名前で通知や請求が来ると、突然のことに驚き、自分たちが悪いものだと思い込んでしまいがちです。
しかし、弁護士に相談をすれば意外な解決方法が見つかるかもしれません。

取扱事例4

  • 株主総会対応(取締役の解任・選任など)

的確な株主総会指導で株主間紛争を沈静化した事例

依頼者:同族企業

クライアント企業は同族会社で、複数の親族が株式を所有していました。
ところが、前経営者が、現経営陣の経営方針に不満を持ち、株主であることを利用して株主総会の開催を要求してきました。
小規模の同族会社だと、株主総会を実際に開くことがほとんどないというケースも珍しくありません。
そのような場合に、急に株主同士で敵対関係が生じると、株主総会の不手際をめぐって訴訟リスクを抱えてしまうことになります。
そこで、株主総会の運営について指導するとともに、株主総会に同席もすることで、適法な総会運営を担保しました。
そうすることで紛争が沈静化し、経営自体も円滑に行うことができるようになりました。
電話でお問い合わせ
050-7586-4480
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。