おくむら よしき

奥村 祥樹弁護士

名古屋綜合法律事務所

神保町駅

東京都千代田区神田神保町3-9-15 幸保ビル2階B号室

対応体制

  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

分割払いはご相談ください。休日・夜間対応は事前のご予約で対応いたします。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 浮気・不倫

夫婦間では慰謝料が免除されたこと等を理由に減額に成功したケース

依頼者: 20代 女性

【相談前】
ご相談者様は、既婚者の男性と不倫関係になり、その男性と奥さんが離婚することになったことで、奥さんから慰謝料300万円を請求されました。
高額な慰謝料を請求されどうすればよいかお悩みになり、ご相談にお越しになりました。

【相談後】
本件では、相手のご夫婦が離婚に至ったものの、婚姻期間が3年弱と短かったことや夫婦間において不倫をした旦那さんは慰謝料を免除されたといった事情があったため、このような点を理由に減額の交渉をしていきました。
最終的に、ご相談者様が早期の解決を希望したこともあり、交渉期間約2か月で慰謝料140万円(160万円の減額)での和解となりました。

【コメント】
不倫の慰謝料の算定においては、不倫が原因で離婚になったかどうかは重要なポイントです。
離婚に至る事案では慰謝料が高くなる傾向にあるのが実情です。
もっとも、裁判例によれば、婚姻期間が短い、不倫の期間が短いなどの事情は慰謝料の減額事由とされることが多く、夫婦間で不倫の慰謝料を免除したとの事情を考慮して慰謝料を減額した裁判例もあります(東京地裁平成21年6月4日)。
本件では、こういった法的観点からの減額を主張していくことにより、160万円もの減額に成功し、ご相談者様の希望であった話合いでの早期解決を実現することができました。

取扱事例2

  • 浮気・不倫

暴力行為により別れることが出来なかった不倫相手の奥さんからの慰謝料請求に対し、250万円の減額に成功したケース

依頼者: 30代 女性

【相談前】
ご相談者様は、過去に不倫関係を理由に慰謝料を支払いましたが、再び同じ人と不倫関係をもってしまったことから、不倫相手の奥さんから慰謝料300万円を請求されていました。

【相談後】
ご相談者様は、再度関係を持ったことに申し訳ない気持ちもあり、いくらかの慰謝料支払いは考えておられましたが、300万円という高額な慰謝料を支払うことはできないため、できる限りの減額を目指して交渉にあたりました。
本件では、①夫婦関係が破綻していたと考えられる点、②再度の交際開始が不倫相手からの暴力が原因である点などを主な減額事由として主張していき交渉を進めていきました。
結果的に、裁判外の交渉では相手の納得が得られなかったため裁判に発展しましたが、裁判上で和解が成立しました。
裁判の途中で相手のご夫婦が離婚し、離婚にあたって旦那さんから慰謝料の支払いがなされたという事情がありましたので、この点も追加で主張していくことで、50万円の和解金の支払い(250万円の減額)での解決となりました。

【コメント】
不倫の慰謝料算定においては、不倫によりどの程度夫婦関係に影響を与えたのかが重要になってきます。
そのため、もともと夫婦関係が破綻していたのであれば、慰謝料支払義務なしとなることもあります。
また、自らの意思によらず、やむを得ず不倫関係を持ってしまったケースにおいて、その責任を否定した裁判例もあります。
本件では、これらの点から減額が認められたケースだと考えられます。
また、不倫(不貞行為)というのは、不倫相手と共同して責任を負うものです。
本件では、裁判中に夫婦の離婚が成立し、旦那さん(不倫相手)が奥さんに慰謝料を支払ったことにより、不倫の慰謝料については支払済みだという点も強調していき、大幅な減額に成功しました。
当事者間での話し合いでは感情的になることが多いので、法的観点を踏まえた適切な反論をしていくことが大幅な減額につながります。
お困りの際は、まずは弁護士にご相談ください。

取扱事例3

  • 浮気・不倫

不倫相手とそのまま結婚し、高額な慰謝料を請求されてしまったケース

依頼者:20代 女性

【相談前】
ご相談者様は、不倫が原因で相手の夫婦が離婚したことから、不倫相手の元奥さんから500万円という高額な慰謝料を請求されていました。
本件では、ご相談者様と不倫相手の男性とが結婚したという事情もあり、元奥さんも感情的になっていたため、高額な慰謝料請求となっていました。

【相談後】
不倫の慰謝料は、法律上、不倫の当事者二人で負担することになります。
本件では、不倫相手と元奥さんとの間で離婚が成立した時、不倫の慰謝料とは別に、離婚の慰謝料及び財産分与として約4000万円もの支払いが合意されていました。
また、不倫相手の元奥さんは、上記以外にも財産分与として自宅の売却代金や、ご夫婦双方の預貯金など、夫婦の財産のほとんどを取得しての離婚というケースでした。
そこで、上記のように、離婚の際に、不倫の当事者である元旦那さん(不倫相手)から多額の財産を受取っていることを根拠に減額の交渉を進めていったところ、ご相談者様からの謝罪文提出により反省の気持ちが伝わったこともあって、50万円という少額な解決金(450万円の減額)にて解決することができました。

【コメント】
本件のポイントは、離婚時の慰謝料支払いが既になされていたという点です。
夫婦間での離婚協議の際に、財産分与や解決金名目で高額な金銭を渡すことがあります。
このような場合、「慰謝料」名目ではなくても、その実質は慰謝料である、つまり、共同不法行為である不倫の慰謝料が既に支払われると主張していくことで減額のポイントとなります。
なお、裁判例の中には、名目が「慰謝料」となっていないと、夫婦間での金銭支払いを不倫の慰謝料と扱うことはできないとするものもあります。
このように、裁判例でも判断が分かれる点ですので、お困りの際は、是非一度弁護士にご相談ください。

取扱事例4

  • 浮気・不倫

不倫慰謝料の減額+分割払いの獲得に成功したケース

依頼者:20代 女性

【相談前】
ご相談者様は、不倫相手の元奥さんから慰謝料約330万円を請求されていました。
ご相談者様は、まだ働きだしたばかりで資力(お金)が無かったため、分割払いでの和解を希望されていました。

【相談後】
本件は、不倫によって不倫相手の男性とその奥さんが離婚しており、比較的慰謝料が高くなってしまってもおかしくない事案でした。
しかし、不倫相手の男性と元奥さんの婚姻期間が約1年と短いものでしたので、その点を中心に交渉を進めた結果、150万円の支払い(約180万円の減額)で合意をすることができました。
また、ご相談者様はお若く資力も乏しかったため、慰謝料支払いを一括ではなく、分割にするべく交渉を重ね、結果として公正証書を作成することを条件に、分割払いの合意を得ることができました。

【コメント】
不倫の慰謝料を請求された場合、分割払いで合意を得る方がハードルが高いと考えられます。
本件では、ご相談者様のご事情を踏まえて相手方を説得し、公正証書作成に応じて確実なお支払を約束することで相手方の信頼を得ることができ、ご相談者様のご希望通り分割払いでの和解に至りました。
弁護士が間に入って交渉にあたることで、慰謝料の減額交渉はもちろんのこと、慰謝料の分割払いなど、ご相談者様のご希望に沿った交渉を進めることができます。
是非一度、お気軽にご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7587-1957
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。