もりもと ゆうき

森本 裕己弁護士

法律事務所絆

青葉通一番町駅

宮城県仙台市青葉区片平1-1-11 カタヒラビル5階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • メール相談可

注意補足

面談相談の前に、電話やメールで状況の確認をさせていただくこともあります。なお、いずれも無料で対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

相続・遺言

【弁護士経験10年以上】【青葉通一番町駅4分】【遺言書】【遺産分割協議】【遺留分】など遺産相続のあらゆる問題について、経験を生かしたスピーディな対応と明確な料金体系で有利な解決を目指し尽力いたします

森本 裕己弁護士の相続・遺言分野での強み

◆弁護士・森本 裕己の強み/特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は2010年の弁護士登録後、弁護士になってから10年以上、常に遺産相続に関する問題に取り組み、自治体からの依頼で市民の皆さんに「相続トラブル」の解決方法をお話ししています。
その経験から、相続問題に強い税理士との連携ができ、他士業とのワンストップの対応が可能です。
ご相談を受けた際には、今後の見通しや料金体系について、詳細にご説明いたします。
加えて、正式なご依頼を受けた後には、電話やメール等で随時ご質問やご要望に対し、速やかな対応を心がけています。
事務所は駅徒歩4分、最寄りのバス停徒歩1分とアクセスが非常に良く、来所時の負担は少ないと思いますので、お気軽にご相談ください。


◆相続・遺言のご相談例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「遺言書がないのに、長男が勝手に遺産分割の話を進めていて、納得がいかない」
「実家の土地・建物を兄弟で相続したことでトラブルが発生してしまった」
「亡くなった父の預金通帳を、父と同居していた長女が見せてくれず、信用できない」
「長年連れ添った夫が亡くなった後に、愛人の子供がいることが発覚した」
「遺言書の内容が偽造された疑いがある」
「後妻が受取人の多額の保険金がかけられていた上、使途不明金も多数ある」

【特に力を入れている案件】
・遺産分割協議の交渉
・遺言書作成
・遺留分減殺請求
・遺言執行


◆解決事例「500万円の遺留分を取り返す」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
60代女性からご依頼を受けました。
依頼者さまの父は、依頼者さまの母が亡くなったあと、兄家族(長男)と同居をしており、遺言書には「全財産を長男に相続させる」と記載がありました。
依頼者さまは本当に父の遺産を全くもらうことができないのか、私のところに相談にきました。
このケースでは相続人が2人(A子さんと兄)だけでした。
そのため、依頼者さまには法的な権利である「遺留分」がありましたので、長男に対し「遺留分減殺請求」をして交渉した結果、父の遺産の一部(割合にして4分の1)である500万円を現金で手にすることができました。


◆解決事例「生前贈与を考慮し、適正に遺産分割」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
60代男性二人からご依頼を受けました。
依頼者さま二人(次男と三男)の父は、【遺言書を残さず急死】してしまいました。
亡き父の遺産は、数年前に売った不動産の売却代金の残りとして、預貯金が1800万ほどでした。
しかし、亡き父は不動産の売却代金のうち、900万ほど【長男にだけ生前贈与】をしていたことが発覚しました。
ところが、長男は、今回父が残した1800万円を三等分して、それぞれ600万円ずつ分割しようと提案をしてきました。
長男が父から生前贈与された900万円は、長男が自宅不動産を購入するための資金でした。
詳しく調べるうちに、かかる生前贈与は、法律上【特別受益】に該当し、遺産分割の話合いに影響があることが判明しました。
最終的には、相談前には、それぞれが600万円ずつしかもらえないと思っていた次男と三男が、900万円ずつもらえることになりました。


◆メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続・遺言問題に立ち向かう際は、大きなエネルギーを必要とし、時に精神的にもとても辛い時期がありますが、離婚問題に精通した弁護士として、相談者ごとの様々なご事情・ご要望に応じながら、あなたにとって最善の解決策をご提案し、あなたをサポートいたします。

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・事務所の理念
法的手続によってすぐに解決が得られる場合ではなくても、何が問題となっているのか、今度どのような展開が考えられるか、将来、法的に取り得る手段にはどのようなものがあるかなど、悩みを打ち明け状況を整理するだけで、次の一歩を踏み出せることもあります。
法律事務所絆は、明らかに法的対応が必要な場合はもちろん、そもそも法律問題なのかどうかわからず法律相談をためらっている方も含め、悩みを抱える方々のご相談を幅広く受け付け、時間をかけてお話を伺い対応を協議しながら、依頼者さまの方々が前へ進むために力を尽くしたいと考えています。

・法律事務所名の「絆」に込めた想い
「絆」というと、一般的には、特定の人と人との固いつながりをイメージするかもしれません。
もちろん、相談者の人生の大事な問題について依頼を受けるからには、依頼者さまの方との間で固い信頼関係を作ることができるよう努力することは当然ですが、「絆」という言葉から私たちがイメージしているのは、いつも誰かに支えられて仕事をしている私たちが、縁あって出会った依頼者さまのために力を尽くし、そこで問題を解決して前に進まれた依頼者さまの方々が、今度はまた他の誰かの力となり…、そのように尽きることなく広がっていく、小さくささやかな一つ一つの「絆」です。
法律事務所絆のオレンジのマークは、絆を花言葉とする百日草の花をモチーフに、花びら1枚1枚に人のイメージを重ね合わせ、人と人とが繋がり、美しい花を咲かせている様子を表現しています。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
完全個室あり
当日相談あり

※弁護士費用について
・相談料は、初回【時間無制限】で【無料】です。
・相談料の心配をせず気兼ねなくご相談下さい。
(ご相談をしても必ず依頼をする必要はありません)
・弁護士費用(着手金・報酬金)の料金については、日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼を受ける前に明確にご提案いたします。
・【法テラス】を利用の場合、着手金等の支払いを月5,000円から1万円程度の分割払いにすることもできます。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
仙台市地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 徒歩4分

<住所>
宮城県 仙台市青葉区片平1-1-11 カタヒラビル5階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-9752
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。