ひろべ しゅんすけ

廣部 俊介弁護士

せんげん台法律事務所

せんげん台駅

埼玉県越谷市千間台西1-8-7 せんげん台IKビル201
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

交通事故

取扱事例1

  • 休業損害

自営業者で確定申告の所得は低かったが,相当な休業損害・逸失利益が認められたケース

依頼者:60代男性

相談者が道路を歩行中に脇見運転をしていた自動車に跳ねられて転倒し,足を骨折した事故でした。相談者は建築関係の仕事をしており,事故で仕事を数ヵ月休みましたが,前年の所得が申告書上低かったため,保険会社からは十分な賠償の提案がありませんでした。
交渉を経て裁判を行った結果,休業損害と慰謝料についても200万円以上の賠償が得られることになりました。
自営業者の場合,納税の関係で家事費を経費に入れるなどして,所得が極端に低くなっている方がいます。本件もそのようなケースでしたが,実際の収入を細かく証拠を提出して証明し,十分な休業損害と逸失利益が補償される内容で和解で解決できました。

取扱事例2

  • 死亡事故

死亡事故で裁判をせずに裁判基準と同じレベルで解決したケース

依頼者:40代

相談者の親が交差点を横断中に自動車に跳ねられてお亡くなりになった事案でした。事故の加害者の保険会社との交渉を希望されていました。

加害者側の保険会社と交渉し,ご依頼から4ヶ月程で,裁判基準と同じレベルの5000万円超の損害賠償金(慰謝料・逸失利益等)を支払ってもらうことで解決できました。

裁判で認められる賠償額と大きく変わらない賠償金を支払ってもらえるのであれば,早期に解決することを望む方が多いと思いますが,そのような解決ができたケースでした。

取扱事例3

  • 後遺障害等級

右腕の骨折について,14級の認定が異議申立てをして10級になったケース

バイクを運転中に車に跳ねられ,右腕を骨折し,腕が上がらなくなってしまった方からの相談です。相談前の段階で既に後遺障害14級の認定を受けていましたが,その判断が妥当なのかの相談でした。

後遺症(怪我)の状況を伺ったところ,14級の認定は低いのではないかと思われたので,異議申立ての手続をしました。その結果,肩の関節に著しい障害を残すものとして,10級が認められました。

後遺障害の等級の認定を受けても,それが妥当なものであるか,ご自身では判断できないと思います。等級の認定や保険会社から賠償金の提示を受けた場合には,専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
電話でお問い合わせ
050-7586-7385
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。