なかたに しょうた

中谷 正太弁護士

弁護士法人フレア法律事務所 福岡オフィス

福岡県福岡市博多区住吉5-5-12 博多ヒューバンクビル301

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可

交通事故

取扱事例1

  • 休業損害請求

保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

依頼者:70代男性

【事故の状況】
Sさんは、スーパーの駐車場に車を停めて車内にいたところ、運転操作を誤った車がSさんの車両前方に衝突し、Sさんはこの際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Sさんは、事故から5か月ほど経ったところで保険会社から治療終了の打診を受け、今後どうしたらいいのか分からないということで当事務所に相談されました。
当事務所は、Sさんとのご相談の結果、治療は終了して、最後の示談交渉をご依頼いただくこととなりました。
当事務所は、Sさんの損害額算定にあたり、Sさんが交通事故に遭う前から奥様の介護や家事全般をされていたことを考慮し、慰謝料に加えて休業損害(主夫休損)の請求も行いました。
そして、弁護士による交渉の結果、Sさんは保険会社から慰謝料の他に休業損害(主夫休損)も支払ってもらうことができ、140万円というSさんが思っていた以上の示談金を受け取ることができた解決結果にとても満足されました。

取扱事例2

  • 物損事故

事故の相手方と連絡が取れない。

依頼者:40代会社員

【事故の状況】
Nさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突されました。

【満足度UPポイント】
Nさんも相手方も幸い怪我はありませんでしたが、Nさんの車の修理代は約6万円という見積もりでした。
Nさんは、車の修理代の見積もり金額を相手方に連絡したところ、相手方は「金額が納得できない!」と保険対応を拒否し、以後一切Nさんからの電話に出なくなりました。
Nさんは困ってご自身の保険会社に相談したところ、「弁護士費用特約が付いているので弁護士に相談しては」と勧められ、インターネットで調べて当事務所に相談されました。
当事務所は、Nさんからの依頼を受け、電話や内容証明郵便にて相手方へ修理代の請求を行いましたがそれでも相手方とは連絡が取れませんでした。
そのため、当事務所は、訴訟へと移行することとし、訴訟でも相手方からは何ら反論も出ることはなくNさんの請求が全額認められた判決が下りました。
当事務所は、Nさんの「泣き寝入りはしたくない!」との思いを汲み、相手方の銀行口座の差押えを行いました。
複数の銀行口座の差押えは成功しましたが、それらの預金残高ではNさんの車の修理代に満たなかったところ、観念した相手方からようやく当事務所に連絡があり、銀行口座の差押えで不足していた修理代の残金を支払ってもらうことができました。
Nさんは、修理代の金額にかかわらず、泣き寝入りすることなく当事務所に依頼して無事に解決できたことをとても喜ばれました。

取扱事例3

  • 保険会社との交渉

保険会社とのやり取りが大変なので弁護士にお願いしたい。

依頼者:40代主婦

【事故の状況】
Nさんは、交差点を右折するために対向車線の車の流れが途切れるのを停止して待っていたところ、後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

【満足度UPポイント】
Nさんは、事故当時息子さんも車に乗せており、2人ともケガを負いました。
Nさんは、ご自身の通院治療に加え、息子さんの通院治療の付き添い、さらに家では家事までこなし、忙しい毎日の中で保険会社とのやり取りが負担になり、保険会社対応は弁護士にお願いしたいということで当事務所に相談されました。
当事務所に依頼後、Nさんは保険会社対応から解放されたことで精神的な負担が軽くなり、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から約5か月後、Nさんも息子さんも治療を終えられ、幸い後遺障害が残るほどの症状はなく、その後の弁護士による保険会社との損害賠償交渉を経て、Nさんは適正な賠償金を受け取ることができ、その解決結果に満足されました。

取扱事例4

  • 損害賠償請求

妊娠中に事故に遭った。お腹の子供が心配…。

依頼者:20代主婦

【事故の状況】
Yさんは、義姉が運転する車の助手席に同乗中、乗っていた車が事故に巻き込 まれ、その際の衝撃で受傷しました。

【満足度UPポイント】
Yさんは妊娠9か月目という出産間近に事故に遭い、出産への影響をとても心配されていました。
そのため、治療に専念したいという思いと出産準備などで保険会社との対応が負担になると考え、保険会社対応を弁護士にお願いしたいということで当事務所に相談されました。
その後、Yさんは無事に出産され、育児に忙しい毎日を過ごしていましたが、保険会社対応を当事務所に依頼したことで精神的な負担を感じることなく充実した日々を過ごされました。
出産から2か月ほど経った頃、Yさんは事故のケガの症状が軽減したことと育児で通院の時間が取れないこともあって治療を終了されました。
その後、弁護士による保険会社との損害賠償交渉を経て、Yさんは約100万円の損害賠償金を受け取ることができ、その解決結果にとても満足されました。

取扱事例5

  • 早期解決に向けた示談

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

依頼者:60代会社員

【事故の状況】
Mさんは、右折車線が2車線ある交差点を右折中に、同じく右折していたトラックと接触する事故に遭いました。
Mさんはトラックとの接触の際の衝撃で首から肩にかけて痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Mさんは、事故の治療が終わって保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その金額が妥当なのか知りたいということで当事務所に相談されました。
当事務所が、保険会社からMさんに提示された書面を確認したところ、Mさんにも過失の生じる事故ではありましたが、それでも十分に増額の見込みがあり、その旨をMさんにお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとMさんが提示を受けていた金額から約19万円の増額となり、また、約1か月のスピード解決であったこともMさんは喜ばれました。

取扱事例6

  • 保険会社との交渉

保険会社とのやり取りが精神的に苦痛。

依頼者:50代主婦

【事故の状況】
Tさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰 に痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Tさんは、事故に遭った車の修理に関する保険会社の対応があまりにも酷く、ケガの治療を続けていく中で保険会社とのやり取りが精神的に苦痛に感じ、保険会社対応を弁護士にお願いしたいということで当事務所に相談されました。
Tさんは、弁護士費用特約を使用して以後の手続き一切を当事務所に依頼したことで保険会社とのやり取りから解放され、精神的な負担が軽くなったことを喜ばれて治療に専念されました。
事故から約半年後、Tさんは医師から症状固定の判断を受け、その後の弁護士による保険会社との損害賠償交渉を経て、Tさんは約125万円の損害賠償金を受け取ることができましたので、解決結果に満足されました。

取扱事例7

  • 保険会社との交渉

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

依頼者:60代アルバイト

【事故の状況】
Eさんは、道路脇に車を停車させていた際に、後方から追突され、その際の衝 撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。
【満足度UPポイント】
Eさんは、事故から6か月ほどで治療を終えられ、保険会社から慰謝料の提示書面が郵送で送られてきましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということで当事務所に相談されました。
当事務所がEさんに送られてきた提示書面を確認したところ、慰謝料の部分について増額の見込みがあり、その旨をEさんにお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
弁護士による交渉の結果、もともとEさんに提示されていた金額から約26万円増額での示談となり、また、弁護士費用特約の使用でEさんは弁護士費用の自己負担なく解決できたことに満足されました。

取扱事例8

  • 保険会社との交渉

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

依頼者:40代会社員

【事故の状況】
Iさんは、優先道路へと進入する手前の一時停止線で停止した際に、後ろからきていた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Iさんは、事故のケガの治療中、保険会社からかかってきた電話で「軽微事故だったし、医師もそろそろ症状固定と言っていたので治療を終わってください」と言われました。
しかし、Iさんが直接医師に話を聞いたところ、医師からは「まだ治療を終える段階ではないし、保険会社にそんな話はしていない」と言われ、保険会社が信用できなくなり、保険会社に治療費対応を継続してもらえるよう交渉をしてほしいということで当事務所に相談されました。
そこで、当事務所が依頼を受け、弁護士が保険会社とIさんの治療費対応について交渉を行ったところ、保険会社はIさんへの治療費対応打ち切りの打診を撤回し、治療費対応を継続してもらえることとなりました。
その後、Iさんは医師により症状固定と判断されるまでの間保険会社対応での治療を継続され、無事にケガの痛みもなくなって示談となった解決結果にとても満足されました。

取扱事例9

  • 保険会社との交渉

保険会社とのやり取りが煩わしいので弁護士にお願いしたい。

依頼者:30代会社員

【事故の状況】
Iさんは、渋滞停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰などに痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Iさんは仕事をされており、仕事中は保険会社対応ができないので、弁護士に保険会社対応をお願いしたいということで当事務所に相談されました。
当事務所に依頼した以降は、Iさんは保険会社対応から解放され、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から4か月を過ぎた頃、当事務所は保険会社からIさんの治療費対応終了を打診されましたが、Iさんは「もう1か月間」の治療の継続を希望されました。
そのため、当事務所は保険会社とIさんの治療費対応についての交渉を行い、その結果、保険会社に「あと1か月間」の治療費対応の継続を承諾してもらうことができました。
その後、Iさんは事故のケガも無事に回復し、弁護士による賠償交渉を経て、Iさんは適正な賠償金を受け取ることができ、解決結果に満足されました。

取扱事例10

  • 保険会社との交渉

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

依頼者:30代主婦

【事故の状況】
Tさんは、車を運転中、前方を走っていた大型トラックが交差点をゆっくり左折しようとしていた後ろで止まって待っていました。
ところが、大型トラックは一度で曲がりきれなかったのかバックをしてきて、Tさんの車に衝突をして、そのまま走り去ってしまいました。
後日、走り去った大型トラックは発見され、事故処理をして保険対応してもらうことはできましたが、Tさんは事故の衝突の衝撃で首や肩に痛みを感じるようになりました。

【満足度UPポイント】
Tさんは事故から4か月ほど経ったところで保険会社から「そろそろ症状固定の時期だと思うので治療を終了してくださいと連絡が入り、もう少し治療を続けたいと希望され当事務所に相談されました。
そこで、当事務所が依頼を受け、弁護士が保険会社とTさんの治療費対応について交渉を行いました。
保険会社は、Tさんが事故直後の一度しか病院に行っておらず、その後は整骨院のみでの治療であったため、治療継続の必要性を医師に確認できないということを理由に治療費対応継続に難色を示しましたが、最終的には1か月間の治療費対応を延長してもらえることになりました。
Tさんは、保険会社による一方的な治療費対応の終了ではなく、納得できる期間治療を続けられたことに満足されました。
電話でお問い合わせ
050-7586-9111
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。