あおき こうへい

青木 皓平弁護士

弁護士法人ましろ総合法律事務所

静岡駅

静岡県静岡市葵区追手町2-12 安藤ハザマビル4階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

※分割払いは、任意整理、自己破産、民事再生に限ります。 ※後払いについては、交通事故事件に限り、ご相談させていただきます。 ※初回面談は、交通事故、相続案件に限ります。

交通事故

取扱事例1

  • 後遺障害等級の異議申立

後遺障害等級非該当が、9級10号に該当し、112万円が1052万円に増額した事例

【依頼者の相談前の状況】
後縦靭帯骨化症という指定難病が存在していたのですが、事故前は痛みがなく、事故によって痛みがでたという方で、当初は、事故による痛みでないとして後遺障害等級は非該当でした。

【依頼者の相談後の状況】
医療記録を丁寧に読み解き、異議申し立てを提出しました。
素因が10%あるという認定であったが、後遺障害等級9級10号に該当し、当初の保険会社からの提示額112万円が1052万円に増額しました。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
医療記録を丁寧に読み解いたこと、また、過去の裁判例なども添えて異議申し立てを実施しました。

取扱事例2

  • 後遺障害等級の異議申立

後遺障害等級非該当から14級9号が認定され、当初102万円だった提示額が390万円に増額した事例

【依頼者の相談前の状況】
追突事故で6か月通院治療したが痛みが残ってしまったため、後遺障害等級申請をしましたが、非該当でした。

【依頼者の相談後の状況】
非該当の結果について反論の書面を作成し、異議申し立てをしました。
14級9号が認定され、当初相手方保険会社から提案されていた102万円の賠償案が、390万円まで増額しました。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
非該当の結果に対して反論を作成し、また、依頼者の現状を丁寧にヒアリングし、陳述書としてまとめて提出しました。
電話でお問い合わせ
050-7587-2902
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。