豊田 夕雪弁護士のアイコン画像
とよだ ゆき
豊田 夕雪弁護士
弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 堺オフィス
堺東駅
大阪府堺市堺区南花田口町2-3-20 三共堺東ビル8階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可
注意補足

※法律相談をご希望の方はメールまたは電話にて、面談予約をお願いいたします。

刑事事件の事例紹介 | 豊田 夕雪弁護士 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 堺オフィス

取扱事例1
  • 痴漢・性犯罪
「事務所の事例」痴漢を犯し,被害者のご両親から300万円以上のお金の請求されていますが,どうしたらよいでしょうか?

依頼者:30代 男性

【相談内容】
恥ずかしながら,私は未成年の方に痴漢をしてしまいました。
後に警察に逮捕され,釈放されました。すると,被害者のご両親の方が警察を通じて,話がしたいと言われて,電話で話をしました。
すると,300万円以上のお金を払わなければ,絶対に許さない,と言われてしまいました。
自分のしたことは本当に悪いことで,申し訳ない気持ちしかありませんが,そんな大金は用意できません。このままでは,重い処罰が下されるのでしょうか?
どうしたら示談できるでしょうか?

どうしていいか悩んでいたところ,先生に相談しました。
すると,私がした内容からすれば,それだけの金額は,相場を超えた金額であるため払わなくてもよいと言っていただきました。
そこで,示談交渉,刑事事件の対応なども含めて,先生に依頼することにしました。

先生の方から示談活動をしていただいたものの,被害者のご両親様は,300万円を払わないなら示談をしない,重い処罰を求める,の一点張りでした。
そこで先生から供託という手続きをとっていただき,検察官に不起訴の意見を出していただいたところ,不起訴処分となりました。

私は,300万円をはらわないと不起訴にならない,重い処罰が下されてしまうと思っていたのですが,先生に依頼して本当によかったです。ありがとうございました。


【先生のコメント】
無事,不起訴になってよかったです。

相手に対する示談金の支払いの金額は,犯した行為の内容によって変わってきます。
今回は,服の上からふとももを触ったという事件でしたが,このような内容の痴漢事件の相場としては数十万円程度が多いです。
しかしながら,被害者のご両親様は,被害感情が強く,300万円支払わないと許さない,厳罰を下す,というばかりで一切交渉が進みませんでした。
そのため,やむなく供託手続きをとり,相当金額を供託することにして,交渉が不成立の場合の事情説明を検察官に行ったうえで,不起訴意見を求めました。

結果,不起訴となりました。
被害者の方が未成年者の方の場合には,被害者のご両親様の被害感情が強いケースはよく見られます。ただ,どんなに被害感情が強くとも,加害者側の反省状況などを真摯にお伝えすれば,相場金額についてお分かりいただき,示談に応じていただけることが多いです。
しかし,残念ながら,中には被害にあったことを契機として,「重い刑事処罰を与えられたくなければ,この金額を払え」などと言って,相場を大幅に超えた大金を得ようとする方もいらっしゃいます。そういう方は,示談に応じなければ,こちらが刑事罰を与えられる,と誤解してらっしゃるケースが多いです。

そういう方の特徴は,経験上よくわかっておりますので,このように供託手続をとることで不起訴処分を求めるようにしております。

今回は無事不起訴になってよかったです。
取扱事例2
  • 強制わいせつ
「事務所の事例」強制わいせつで刑事告訴される前に,示談が成立し刑事事件になりませんでした(自白)

依頼者:40代

【相談内容】
私は,知り合いの女性の体を不用意に触ってしまい,女性から刑事告訴すると言われてしまいました。
私には家族がいて,普段はまじめに仕事もしています。その時は,お酒を飲んで酔っ払っていたのです。
どうか示談で解決することはできないでしょうか?

私は,大阪の南部に住んでいたので,難波でアクセスがよく,刑事事件に力を入れている先生にご相談させていただくことにしました。
私としては,今回の件を大ごとにしたくなく,女性にも申し訳ないことをしてしまったと思ったので,示談で解決できないか相談したところ,先生から快く示談活動をしていただくことになりました。
女性からは,数百万という高額な金額を請求されていたため,弁護士の先生に頼まないとどうしようもありませんでした。
その後,先生から示談活動をしていただいたところ,スムーズに事件が解決し,刑事事件化することもありませんでした。
ありがとうございます。


【先生のコメント】
無事解決してよかったです。

女性の体を同意なく触った場合には,態様によって犯罪が成立する可能性があります。
ただ,今回の場合は,女性は知り合いの方だったので,刑事事件になる前に,弁護士が連絡することができ,無事解決に至りました。
本当に良かったです。
取扱事例3
  • 暴行・傷害罪
「事務所の事例」暴行罪を犯しましたが,不起訴になりました(自白)

依頼者:50代 男性

【相談内容】
私は,被害男性と道端で口論になって,思わず暴力をふるってしまいました。
当時は,被害者から悪口を言われたのもあって,本当に感情的になっていたのです。

ただ,相手を傷つけてしまったのも事実で,心から反省しています。
被害男性とは,知り合いで,私から何度か謝罪もしたのですが,全く許してくれず,ついには被害届が出され,警察から捜査されることになってしまいました。

先生どうしたらよいでしょうか。

先生に相談すると,相手が悪口を言ったことは,相手に非があるが,傷つけてしまった以上,不起訴を得るためには,被害者に何らかの謝罪と被害弁償(示談も含めて)が必要だといわれました。
私も,被害者への被害弁償は必要だと思っていましたが,私自身がいくら謝罪しても,多少の被害弁償を提案しても,全て拒否されてしまったので,果たしてこんな状態で示談が成立するのか不安でした。
すると,先生からは,示談が不成立に終わったしても,それまでの示談交渉の経緯や一定金額を供託することで不起訴になる可能性は十分あることを教えていただきました。

そこで一縷の望みをたくして,先生にお願いすることにしました。

すると,先生は精一杯交渉をしてくれたものの,被害者は,後遺症にもならないような怪我なのに,後遺症が残るからと,法外な金額を要求し続けました。
そのため,先生から,検察の方に示談が成立しなかった経緯と,一定金額を供託する手続きを取っていただきました。
すると,無事不起訴になりました。

私としては,相手を傷つけたとはいえ,悪口を言ってきたことや残りもしない後遺症が残るなどと言ってきたことに不満を持っていましたので,先生には法外な金額の要求には一切応じない対応を取っていただきつつも,不起訴にしていただけたことに本当に感謝しています。
先生本当にありがとうございました。


【先生のコメント】
無事不起訴になってよかったです。

被害者との示談は必ずしもうまくいかないことがあります。
私の経験上,被害者の方は誠意を尽くして謝罪をすれば,ご理解いただける方が多いです。
しかしながら,残念ながら,被害にあったことを理由に,法外な要求をして来られる方もおられます。悪質なケースでは,加害者を過度に陥れようとして,被害の内容すら過度に申告するという方もおられます。
例えば,怪我をしていないのに怪我をした,手を出されていないのに手を出した,脅していないのに殺すぞ,と言われたなどですね。かような被害申告を過度に行うことは,虚偽告訴や詐欺になります。
そうした方には,残念ながら断固たる対応をとることも,時には必要です。
今回は,依頼者の意向もあり,虚偽告訴や詐欺で逆にこちらが告訴する必要まではありませんでした。

ご相談者様が無事不起訴になってよかったです。
取扱事例4
  • 詐欺・受け子・出し子
「事務所の事例」詐欺未遂罪で不起訴になりました(否認事件)

依頼者:男性

【相談内容】
私は某銀行から通帳をだまし取ろうとしたという容疑で逮捕されました。しかし、決してそんなつもりはなかったのです。警察に逮捕され勾留されて途方にくれていたときに弁護士が警察署に来てくれて法律相談をしてくれました。

警察からは、私が某銀行から通帳をだましとろうとした!ということを何度も言われていたのですが、私としてはそんなつもりはありませんでした。
そのことを弁護士に話すと、今回は故意がなかったということで争う方向にしました。
当初から弁護士が、私を励ましながら黙秘権や調書への署名押印の拒否等についてアドバイスをしてくれました。おかげで自信を持って警察の取り調べに対応することができました。
それに先生のほうで検察に働きかけをしてくれて、私に詐欺の故意がなく、不起訴が相当である旨の不起訴の意見書を提出してくれました。
そして無事不起訴になりました。先生ありがとうございました。


【先生のコメント】
不起訴になってよかったです。
故意がない、ということは、いわゆる否認事件です。
刑事事件には、大まかに自白事件(罪を認めて情状弁護を行う)と否認事件(罪を認めず徹底的に争う)があります。
否認事件が不起訴になるかどうかは、本人の供述とほかの証拠関係によって決まります。そのため、証拠の予測が最も大切です。
これは、刑事事件に力を入れている弁護士にアドバイスを求めたほうがよいと思います。
ご依頼者様から今回の事情を聞いて、警察がもっている証拠を私のほうで予測しました。そしてご依頼者様のもっとも有利になる方向でアドバイスをしました。
本件では、このアドバイスが功を奏したのだと思います。
取扱事例5
  • 加害者
「事務所の事例」2度目の青少年保護条例違反で不起訴になりました(自白事件)
【相談内容】
私は,15歳の女の子と不適切な関係に及んでしまい,それが女の子からご両親様へ,そして,そこから警察に発覚して,警察から取り調べをうけることになりました。
私は,同じ,青少年保護条例違反で,取り調べを受けたのは実は二度目でした。
前回は,弁護士さんに何も相談せずに進めたため,罰金刑になりました。
今回は2度目だったので,それ以上の罪になるかもしれないと思い,本当に怖くなって,刑事事件の経験が豊富な先生に相談することにしました。
相談の結果,女の子とご両親さんへの謝罪をすること,示談金の支払いをすることで,不起訴になる可能性があることを先生からアドバイスをいただきました。
ただ,今回は2度目なので,適切な弁護活動がなされなければ,通常は起訴されて,懲役刑,執行猶予の可能性すらあることもアドバイスを受けました。
私としては,同じ罪を犯してしまったため,自分自身を変えたい,女の子やご両親様へ謝罪したいという気持ちと,不起訴になる可能性にかけて先生に依頼することにきめました。
結果,女の子とご両親様への謝罪と示談が成立し,また,更生のためにさまざまな方策を先生にアドバイスいただき,結果としてなんとか不起訴になりました。
以前は罰金刑だったので,正直罰金刑以上は覚悟していたのですが,先生の御尽力のおかげです。本当に本当にありがとうございました。


【先生のコメント】
不起訴になって本当に良かったです。
この案件はかなりぎりぎりの案件だったように思います。
以前に同じ罪を犯し,罰金刑になっていたからです。
以前に同じ罪を犯し,既に何らかの前科がついている場合で,不起訴にしていただくためには,示談のために相当な努力をしたことや本人の本当に反省していることを検察官に示さなければなりませんでした。
ご依頼者様にも積極的にご協力いただけたために,得られた結果だと思います。

とはいえ,1度目に罪を犯した時点で弁護士を付けておくことが本当に大切です。
すべての事案が今回のようになるわけではありません。1度目で適切な弁護活動を行い,心から反省をしていれば,2度目に同じ犯罪を犯すこともなかったかもしれません。
不起訴だけではなく,心からの反省をして,もう二度と同じ罪を犯さないためにも弁護士に相談するのが良いと思います。
取扱事例6
  • 加害者
「事務所の事例」恐喝の共犯として逮捕されましたが、不起訴になりました(否認事件)

依頼者:男性

【相談内容】
私は、恐喝事件の共犯として逮捕されました。しかし、私は一時現場にはいたのですが、共犯として関わっていなかったのです。私は全くの無実でした。それなのに、警察は私の言い分を聞かずに被害者の意見だけを聞いて逮捕してきました。そうしたところ、先生が警察に接見に来てくれて相談にのってくれました。

先生と話をすると、私の話を信じて最後から最後まで丁寧に話をきいてくれました。
被害者は私も恐喝に関わったと言い続けていたようです。
しかし、先生と協議して自分はやっていないし、かかわっていないということを徹底的に主張する方向に決めました。また、黙秘権や調書への署名押印の拒否等についてアドバイスをもらいました。
検察は、当初から私のことを起訴する予定であると言い続けていました。
しかし、先生は、逮捕当初から一貫して、犯罪にかかわっていないこと、そしてその根拠を検察に主張し続けてくれました。そして、その旨の意見書を提出したところ、検察も当初は、起訴する予定であると言い続けていたのですが、不起訴処分とすることにしました。これで家族のもとに戻れます。
先生には、本当にご苦労をかけたと思います。ありがとうございます。


【先生のコメント】
不起訴処分になって本当によかったです。
こちらが当初から一貫した態度をとり続けたのが功を奏したのだと思います。

被害者の言い分とこちら側の言い分が大きく食い違っているときは、こちらの言い分の正当性を主張する必要があります。本件はまさにそんなケースでした。

こちらがやっていないのであれば、それを徹底的に争うために弁護士として誠心誠意尽くすことが本当に大切です。犯罪をやっていないこと(いわゆる否認事件)を徹底的に争うのであれば、刑事事件に力を入れている弁護士にご相談されたほうがよいと思います。不起訴になって本当に良かったです。
取扱事例7
  • 大麻・覚醒剤
「事務所の事例」2度目の覚せい剤取締法違反で執行猶予がつきました!(自白事件)
【相談内容】
2度目の覚せい剤所持・使用で逮捕されました。前回の使用から2年ほどしか空いておらず執行猶予がつくかどうか自分としてはかなり不安でした。また、覚せい剤だけでなく、他の余罪もあったことも心配材料でした。
なんとか執行猶予にしてもらえないかということで、弁護士に相談しました。

相談した後、弁護士の人柄の良さで依頼をさせていただくことに決めました。
私は親からも見放されていて、1回目の覚せい剤のときの国選の先生からも一方的に反省しなさいと言われてきました。ただ、先生は、本当に誠実に私の話を聞いてくれました。そこが、依頼させていただいた理由でした。
その後、先生が、他の余罪で立件されるかどうかについても見極めていただきながら、弁護をしてもらいました。そして、結局覚せい剤のみで起訴されることになりました。私は自分の親とはもう何年も連絡を取っていなかったのですが、先生の説得で親が裁判所への出廷に協力してくれました。
そして、執行猶予になりました。先生本当にお世話になりました。ありがとうございます。


【先生のコメント】
執行猶予になって本当によかったです。
弁護活動においてまず一番大切なのは、お客様の話をしっかり聞かせていただくことだと思います。どうしてその犯罪を犯すに至ったのか、人それぞれの理由がありますので、しっかり掘り下げてお聞きしなければなりません。
その理由があったからこそ、今回はご両親も弁護活動に協力してくださいました。
本当に良かったです。
取扱事例8
  • 加害者
「事務所の事例」自動車運転過失致傷罪で執行猶予がつきました(自白事件)

依頼者:女性

【相談内容】
私は、普段あまり自動車に乗らなかったのですが、事件当日はどうしても自動車に乗って移動しなければなりませんでした。すると、自転車で走っていた被害者の方とぶつかってしまいました。被害者の方には、相当の重傷を負わせてしまいました。しかし、私は、自賠責の保険しか加入していませんでした。
自分のしたことが信じられず目の前が真っ暗になっていたところ、私の親族の紹介で先生にご相談させていただくことになりました。

被害状況からすると、自賠責の保険だけでは賄いきれないという見通しでした。そのため、先生を通じて被害者の方に謝罪し、被害弁償をさせていただくことになりました。しかし、私には、お金がなくて被害弁償を十分にすることも難しい状況でした。
そんななか、先生から被害者の方に直接謝罪の気持ちを伝えていただいたところ、その思いが通じたのか、本当に少ない被害弁償で許していただくことができました。
そして、示談が成立し、先生から、そのほかの情状弁護をしていただいて、執行猶予をいただくことができました。
被害者の方には本当に申し訳ありませんでした。今も反省しています。
そして先生本当にありがとうございました。


【先生のコメント】
執行猶予がついて本当に良かったです。
被害者の方に傷を負わせてしまったことを変えることはできません。そこから、いかに反省して謝罪を尽くすかが大切です。これはお金よりも先にしっかり謝ることです。その思いが通じて、被害者の方も少ない金額で示談に応じてくれた事案だったと思います。
取扱事例9
  • 盗撮・のぞき
「事務所の事例」盗撮で被害者が3名でしたが不起訴になりました(自白事件)

依頼者:40代 男性

【相談内容】
私は,とある会社のトイレにカメラをしかけ盗撮を行ってしまいました。すると,3名の女性がそこに写っていました。すると,カメラを仕掛けていることがばれてしまい,警察から取り調べをうけることになりました。
自分のやったことは本当に反省していますが,前科はつけたくありませんでした。そこで,痴漢などを多く取り扱っておられる先生に相談することにしました。
相談したところ,女性との示談活動が必要であることがよくわかりました。両親から示談金の支払いについても,なんとかしてもらえると言われていましたので,先生に依頼して,示談活動をしていただくことになりました。
3名の女性と示談活動をしていただき,先生のおかげですべて示談が成立しました。そして,先生から検察に働きかけていただき,不起訴処分となりました。
本当にありがとうございました。


【先生のコメント】
無事不起訴になりよかったです。
3名の被害者との示談だったので,同時並行で行いました。今回は,3名がすべて同じ会社の方だったため,3名の間で情報共有がなされていたので,より特殊な事案でしたね。

複数名との示談活動の場合は,示談活動が難航することがあります。
理由としては,払える示談金には限りがあるからです。多くなればなるほど,示談金の金額が上がる可能性があり,複数の被害者と同時並行で進めていく必要があります。
支払える示談金の金額と,被害者の方との調整を見極めながら,示談をすることになるため,数多く示談活動を行っている弁護士に相談されるのがよいと思います。
取扱事例10
  • 強制わいせつ
強制わいせつ罪を犯しましたが,不起訴になりました(自白)

依頼者:「事務所の事例」50代 男性

【相談内容】
私は,自転車で走行中,性的な感情が高ぶってしまい,同じく自転車で走っていた女性の胸をすれ違いざまに触って逃げました。
ところが,後に警察に呼び出され,素直に自分の罪を認めました。
今後,私はどうなるのでしょう。不安で仕方ありません。

先生に相談すると,自らの犯した罪を反省し,被害女性に謝罪と被害弁償をすることが大切であると教えていただきました。
私は,自分の犯したことがあまりに軽率で,でも内容も内容なので,恥ずかしくて誰にも相談できずにいましたが,先生は親身になって私の話を聞いてくれました。
私は,もう二度と同じことをしない,と思って,先生に被害者の方への謝罪と被害弁償という示談活動をお願いしました。
私はお金があまりなかったのですが,弁護士費用もリーゾナブルな設定だったので安心しました。

結果,被害者の方と自分が支払えるお金で示談が成立し,不起訴になりました。
先生,何から何までありがとうございました。


【先生のコメント】
示談も無事成立し,不起訴になってよかったです。

犯罪を犯してしまった方が,恥ずかしくて誰にも相談できない,ということはよくあります。
私をはじめ,弁護士には守秘義務があります。それに,私は,刑事事件に関する相談は数多くお受けしているので,恥ずかしがらず安心してお話してくださいませ。
誰かに相談する,ということは本当に大切なことです。これは,犯罪にかかわらず,なんでもそうです。一人で悩むと,袋小路に入ってしまいどうしていいか分からず,ずっと不安な気持ちになってしまいます。
だからこそ,気軽に相談してください。きっと良い解決方法が見つかるはずです。

被害者の方も,こちらから謝罪し,被害弁償をすることで,こちらの反省の意思と誠意を感じてくれることが多いです。自分のやったことは,何らかの形で償わなければなりません。そうでなければ,その罪を犯したもやもや感,罪悪感は残ってしまいます。

一人で悩まず,ご相談ください。
ご相談者様が,無事不起訴になり,本当によかったです。
取扱事例11
  • 痴漢・性犯罪
「事務所の事例」痴漢事件で不起訴になりました(自白事件)

依頼者:男性

【相談内容】
私は、酒に酔った勢いで飲食店でたまたま隣に座った女性の身体を触ってしまいました。すると、警察を呼ばれてしまい、逮捕されてしまいました。
初めての出来事で、被害者の方に申し訳なく、自分が情けないと思っていたところ、両親がお願いしてくれて弁護士が接見に来てくれて相談をしてもらうことになりました。

先生からは、被害者の方との示談ができれば、不起訴処分になって、前科が付かないかもしれないと聞きました。私の反省している態度を見て、両親もお金を出してくれることになりました。
そこで、先生に依頼して、示談活動をしてもらったところ、たった3日で示談が成立しました。あっというまの出来事でびっくりしました。
他に先生が、検察にいろいろな働きかけを行ってくれたおかげで、無事不起訴となりました。
被害者の方に申し訳ないことをしたことを心から反省してます。そして、助けてくれた先生や両親には感謝しかないです。ありがとう。


【先生のコメント】
無事不起訴になってよかったです。
不起訴になれば前科もつきませんから、社会復帰が楽になります。

当事務所は、加害者の専門の事務所ですから、多数の実績があります。
ちなみに、示談交渉は、被害者の方との連絡は弁護士しかできないことが大半です。
その理由は、被害者の方が弁護士でなければ連絡先を教えてくれないからです。もし、加害者や加害者の家族に連絡先を教えてしまうと、再犯の危険もあって怖いからですね。
また、交渉の際には被害者の方の気持ちに配慮しなければならないことは当然です。
こうしたことから、示談交渉を多数こなしてきた弁護士にご依頼されるのがよいと思います。
電話でお問い合わせ
050-7587-0947
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。