玉城 光博弁護士のアイコン画像
たまき みつひろ
玉城 光博弁護士
東京駅前法律事務所
東京駅
東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • WEB面談可
注意補足

【初回相談無料│電話相談可】【東京駅5分】【全国対応/オンライン相談可】分割払いおよび後払いをご希望の方は、面談の際にご相談ください。

相続・遺言の事例紹介 | 玉城 光博弁護士 東京駅前法律事務所

取扱事例1
  • 遺産分割
遺産分割調停を成立させたケース

依頼者:相続人(夫)の妻

【依頼者様の相談前の状況】
義理の父が亡くなり、夫が相続人の一人となったが、その後、遺産分割未了のまま夫も亡くなってしまったため、義理の父の遺産分割が長年できていない状況でした。

【依頼者様の相談後の状況】
依頼者様と他の相続人の関係が悪く、任意の話合いに応じてもらえなかったため、遺産分割調停を申し立てました。調停委員を介して話し合いを進め、利用していなかった不動産を複数処分するなどした後に、調停を成立させました。

【コメント】
遺産分割調停は、話し合いによって解決を図るものですので、他の相続人との関係でも礼節をわきまえ、丁寧に説明を重ねて協議を進めていきました。
遺産分割調停や遺産分割協議における強硬な姿勢は、結局依頼者様の利益を損なうことにもつながりかねませんので、経験のある弁護士に相談されることをお勧めいたします。
取扱事例2
  • 相続放棄
多額の債務を相続する可能性があった事案につき、相続放棄をしたケース

依頼者:被相続人の長男

【依頼者様の相談前の状況】
依頼者様の父親が亡くなったのですが、その父親が訴訟中で敗訴すると非常に多額の債務が発生し、それを相続してしまう可能性がありました。

【依頼者様の相談後の状況】
被相続人にその他の財産があるか、訴訟の見込みはどうか等を考え、相続放棄をすることにしました。

【コメント】
相続放棄は、相続開始後3か月以内に行わなければなりません。そのため、迅速に案件を処理するように努めました。
当事務所は、相続放棄の他にも遺留分の生前放棄などの経験を有しており、これらの経験と知識に基づき、迅速かつ的確にご相談様のニーズにお応えします。
電話でお問い合わせ
050-7587-5471
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。