磯野 真弁護士のアイコン画像
いその まこと
磯野 真弁護士
大阪北摂法律事務所
千里丘駅
大阪府摂津市千里丘1-13-5 2階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • WEB面談可
注意補足

借金・債務整理に限り初回相談無料。お気軽にご相談ください。

相続・遺言での強み | 磯野 真弁護士 大阪北摂法律事務所

【迅速・誠実・丁寧】摂津・吹田・茨木など、北摂地域はお任せ!円滑な相続実現のためにお手伝いします。遺産分割協議/不動産/遺言書作成/遺留分/相続放棄/事業継承などに対応。他士業との幅広いネットワーク【夜間・休日相談可】【WEB面談可】
出張サポートも承っております。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「被相続人の世話をしてきたぶん、相続を多くもらいたい」
「遺産相続が得意な弁護士にセカンドオピニオンを聞いてみたい」
「遺産がどれくらい残されたのかが分からない」
「相続にまつわる手続を、すべてお任せしたい」
「死後、すべての財産を処分して寄付してほしい」
「相続人が揉めないよう遺言書を残しておきたい」
「遺言書に書かれている内容を実現するやり方がわからない」

相続のトラブルは感情的になりやすいため、ご自身で冷静な判断を下すのは簡単なことではありません。
精神的な負担を減らすためにも、早めに弁護士へ相談しましょう。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】泥沼化した「相続紛争」も冷静に解決へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続は親族間で対立することが多いため、まずはきちんと依頼者さまのお話を聞くことを心がけております。
丁寧なヒアリングで状況を把握し、穏便に解決できる方法を探し出します。
また、調停・交渉も得意なので、依頼者さまにとって有利な解決になるよう、しっかりと意見を主張していきます。
話し合いが複雑化してしまうと、親族同士の関係も悪くなってしまいます。
後にしこりを残さないためにも、弁護士へ相談するのがおすすめです。

【2】不動産が絡んだ複雑な遺産分割にも強い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は不動産分野のご相談も多くいただいております。
そのため、不動産の相続に関しても豊富な知識を有しております。
また、他士業との連携も積極的に行っており、税理士・司法書士・不動産業者などのネットワークがあります。
不動産の相続は、登記や相続税など、複雑な手続きが多いのもひとつの特徴。
手続きに慣れている弁護士に任せれば、よりスムーズに解決できます。

【3】生前対策/遺言書の作成〜執行まで対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続のトラブルは遺言書の作成などにより、未然に防ぐことができます。
一般の方でも作成できるものですが、法的に有効でない場合はかえって争いになることもあります。
ご自身で作成した場合も、一度弁護士に確認を依頼したほうがいいでしょう。
当事務所ではご自宅や施設、病院などへの出張サービスも承っております。
来所することが難しい場合は、私が依頼者さまの元へ出向いて作成いたします。

【4】遺留分侵害額請求もお任せください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺留分侵害額は、正確な生前贈与や相続財産などを調査したうえで、正しく計算しなければなりません。
複雑な計算や調査はご自身で行うと時間も労力もかかるため、弁護士に任せるのが得策です。
また、弁護士を代理につけると、より早い段階で請求に応じてもらえる可能性があります。
仮に訴訟に発展した際にも、弁護士に一任できますのでご安心ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃企業さまもぜひご相談を/事業承継にも対応
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社に残された財産が「個人の財産」or「事業の財産」か、判断するのは難しいもの。
その他にも不動産や自社株式が絡んでくるため、会社経営者の相続は複雑な手続きが必要になります。
また、代表取締役の地位は相続することができないため、代表者が亡くなった時点で後継者探しが必要です。
株式の相続により、株式を継承し相続人が株主となり代表取締役を決定していきます。
このように会社の経営者さまの相続には、事業継承の要素も含まれてきます。
私は企業法務の経験も豊富にございますので、どうぞ安心してお任せください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃解決事例の一部紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】姉妹間で揉めていた相続で、被相続人が残した膨大な金銭のやり取りを記したノートから生前贈与があったことを発見した事例
【2】被相続人の前妻・後妻の子で争った事例。相手方は弁護士をつけておらず、偽造の書類や根拠のない書類を提出されたものの調停にて解決。

※上記の詳細は、私の「事例紹介ページ」をご覧ください。
相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続
電話で面談予約
050-7587-1171
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。