おおさき よみと

大崎 詠人弁護士

弁護士法人あかり

東京駅

東京都中央区日本橋1-2-10 東洋ビル6階623

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【土日も9時半~19時まで電話受付中/メールは24時間受付】養育費・債務整理・立ち退きのご相談は無料です。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 自己破産

【2度目の自己破産】

依頼者:50代男性

◆ご相談内容
ご相談者は、何かあった時の備えとしてクレジットカードを所持しておきたいと考え、カードローンを申し込んだことが、債務を負うきっかけとなりました。
その後、生活費や急な出費などの際に借入を増やし、貸し借りを繰り返すうちに、数年間で600万円の債務になってしまいました。
過去に自己破産経験があったことから、弁護士へ相談することを躊躇していましたが、ご自身の収入だけでは債務返済に限界を感じ、ご相談いただきました。

◆解決の方針・結果
2度目ではありましたが、債務を負うに至った事情などを詳しくお聞きし、同時廃止事件として申立を行い、無事終了しました。

取扱事例2

  • 自己破産

【任意整理→自己破産】任意整理で和解したものの返済が困難になり、自己破産に変更して解決した事例

依頼者:50代女性

◆ご相談内容
ご相談者は、お母様の介護費用や生活費のため複数社から借入しました。
返済が困難になり司法書士に相談したところ、任意整理手続きを薦められ債権者と和解しましが、数か月後に支払いが滞るようになり、債権者の一部から裁判されました。
困り果ててしまいご相談いただきました。

◆解決の方針・結果
ご状況(家計の収支や債務を負うに至った事情など)を詳しくお伺いし、自己破産の申立を行い、無事終了しました。

取扱事例3

  • 個人再生

【個人再生】1500万円を超える債務を大幅に減額、財産も守ることができた事例

依頼者:40代男性

◆ご相談内容
ご相談者は、給料日前の生活費を補うためにクレジットカードを作りました。
その後、長年に渡り複数社のクレジットカードや銀行カードローンを作り貸し借りを繰り返しました。
また、遊興費などにも使い債務を増やしてしまいました。
キャッシングや銀行カードローンからの借入が難しくなると、クレジットカードを利用し新幹線チケットなどを購入し換金することで返済原資を確保(換金行為)するようになり、雪だるま式に債務を増やしてしまいました。
ご相談者は、債務返済に限界を感じご相談いただきました。

◆解決の方針・結果
調査の結果、1,500万円を超える債務があり、自己破産も視野に入れて協議をしました。
しかし、毎月の給与収入とある程度の賞与収入があり、減額をしてもらえれば支払っていける状況であり、またご相談者も支払っていく意思が強かったので、個人再生の申立を行い、無事終了しました。(生命保険や自動車等、ある一定の財産を守ることもできました。)
電話でお問い合わせ
050-7587-1526
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。