きむら なつみ

木村 夏美弁護士

ビオス法律事務所

津駅

三重県津市栄町3-141-1 モアビル2階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 休日面談可

注意補足

交通事故・債務整理は初回相談料無料。その他のご相談で、初回相談後、そのまま受任になった場合には、相談料は無料です。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 養育費

養育費の不払いについて

依頼者:女性

【相談前】
養育費を支払うという取り決めを裁判所でしたが、支払ってもらえない、連絡も付かないというご相談でした。

【相談後】
勤務先がわかっていたので、給料の差押えを行いました。
これまでの滞納分と、この先毎月発生する養育費について、勤務先が相手方に支払うべき給料から支払ってもらえることになりました。

【弁護士からのコメント】
養育費や婚姻費用は、給料の2分の1まで差押えができますし、毎月支払われるべきものについては、一度の差押えで、その後、毎月給料から支払いを受けることができます。
相手の預金口座などの財産を差し押さえることもできます。
養育費や婚姻費用は、生活に欠かせないお金ですので、早めに対処することが大切だと思います。

取扱事例2

  • 調停

遠いところに住む相手への婚姻費用請求

依頼者:女性

【相談前】
子どもを連れて夫と別居しましたが、夫が婚姻費用(生活費)を払ってくれません。
夫は離れたところに住んでいるので、調停を起こしても、夫の住んでいるところの裁判所まで行くことができません。

【相談後】
弁護士が受任して、弁護士事務所と夫の住んでいる地域の裁判所を電話で繋ぎ、調停を行いました。
調停で婚姻費用の取り決めができ、支払ってもらえるようになりました。

【コメント】
調停は相手方の住んでいる地域の裁判所で行うため、相手が遠いところに住んでいると、その遠いところの裁判所まで行かなくてはいけません。
ただし、弁護士事務所と遠隔地の裁判所を電話で繋いで、調停をすることもできるので、依頼者の方には弁護士事務所まで来ていただき、遠くの裁判所には行かずに調停をすることもできます。
お子さんが小さくて遠くの裁判所まで行けない、相手の住んでいるところがとても遠くて行くと負担が大きいという場合、電話で調停をすれば、依頼者の負担は軽くて済みます。
電話でお問い合わせ
050-7586-9097
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。