いなば ひろかず

稲葉 大和弁護士

いなば法律事務所

熊本県熊本市中央区大江1-20-18 ODAビル1階
対応体制
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
注意補足

弁護士費用特約がある場合は、ご本人様のご負担なく相談できますので、初回相談から特約保険会社に相談料を請求させていただきます。

【メールお問合せ24時間受付中】【完全成功報酬制可能】【熊本だけで交通事故の解決実績750件以上】【全国交通事故弁護団の創設メンバー】交通事故の経験豊富。事務所HPで解決例を更新中→https://www.5225bengoshi.com/

どんな弁護士ですか?

全国交通事故弁護団の創設メンバーとして交通事故に注力
「熊本だけ」で「交通事故」の「解決実績750件以上」の弁護士です。
(※ 熊本以外の都道府県の実績や、相談で助言しただけの実績は含みません。)

東京大学法学部を卒業後、英国ロンドンを中心に、世界で2000名以上の弁護士を擁する、リンクレーターズ法律事務所で企業法務の経験を積みました。
(※ 日本においては、外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ)
その後、東京都内の都市銀行の顧問先法律事務所などを経て、熊本県で法律事務所を設立しました。
(※ 山崎・秋山・山下法律事務所)

熊本で法律事務所を設立した後も、リンクレーターズでお世話になった弁護士や、山崎・秋山・山下法律事務所などから、事件紹介を受けています。
これまで、しっかりとした仕事をしてきた信頼によるものと自負しております。
福岡はもとより、東京や大阪の弁護士に、ひけをとらない、高水準の弁護活動を提供いたします。


【略歴】
平成13年東京大学法学部卒業、平成14年旧司法試験合格、平成16年司法修習終了。
弁護士登録後は、外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ(旧三井安田法律事務所)、山崎・秋山・山下法律事務所で企業法務などの経験を積む。
平成18年、日本弁護士連合会等の支援の下、司法過疎地域解消のために、当時、弁護士過疎地域であった茨城県神栖市(鹿島臨海工業地域)に、神栖ひまわり基金法律事務所を立ち上げ、初代所長として赴任。同事務所所長として、債務整理や交通事故損害賠償訴訟など、のべ500名以上の依頼事件を担当する。
平成22年3月、山崎・秋山法律事務所へ、パートナー弁護士(共同経営者)として復帰。
平成23年9月、熊本市にて独立し、いなば法律事務所を設立する(熊本県弁護士会所属)。
平成28年1月、現在地に事務所移転。
平成28年、東京・大阪・福岡ほかの弁護士らと、全国交通事故弁護団を創設する(創設メンバー)。
(全国交通事故弁護団の公式HPはこちら→ https://www.jtl.or.jp/ )

【マスメディア掲載】
神栖に初法律事務所(平成18年9月29日讀賣新聞、平成18年9月27日茨城新聞)
鹿行地域民事訴訟1.5倍増(平成18年12月30日讀賣新聞)
鹿行・民事訴訟が7割増(平成19年5月5日茨城新聞)
弁護士過疎地ヤミ金が狙う(平成20年5月11日讀賣新聞全国版)
代理人として担当した「旧カネボウ株損害賠償訴訟」が「2007年以降で注目した裁判例」3位として取り上げられる(平成20年12月24日日本経済新聞)
平成23年11月30日くまもと経済
交通事故に力を入れている弁護士として紹介(平成24年6月17日熊本日日新聞)

【公刊物に掲載された判例・事件など】
水戸地方裁判所麻生支部平成19年12月21日判決・過払金について相殺による一連計算を認めた判決
(「Q&A過払金返還請求の手引き」第3版・民事法研究会・掲載)
東京地方裁判所平成19年1月26日判決・元従業員が持ち出した顧客情報を用いて転職先会社から勧誘メールを送信した行為について不法行為が成立し、転職先会社には使用者責任が成立するとした判決
(判例タイムズNo.1274掲載)
東京地方裁判所平成20年3月14日決定・カネボウ株式買取価格決定申立事件
(金融商事判例No.1289、判例タイムズNo.1266掲載)
東京高等裁判所平成20年7月9日判決・カネボウ少数株主損害賠償請求事件
(金融商事判例No.1297掲載)
会社破産管財事件
(週刊建設リサーチ掲載)

【講演】
消費生活講演会での講演・行政書士業務研修の講師など

どんな事務所ですか?

バリアフリー(車椅子可能)で、無料駐車場が1台分あります。
【ご相談のしかた】
ご相談時間 午前9時~午後7時00分(月曜日~金曜日)
午前12時~午後5時30分(土曜日)
※ 完全予約制です。メールないしお電話で、ご予約をお願いします。
【現在は、コロナ対応のため、お電話での相談も行っております。】

◆ メールでのお問い合わせは、24時間受付中!
いなば法律事務所の公式ホームページのお問い合せフォーム → https://www.5225bengoshi.com/inquiry/input
から、メール送信してください。


【いなば法律事務所の特徴】

◆ 交通事故に悩んでいる方をサポートしたい

交通事故の被害を受けた方は、これから何が起こるのか、何も分からなくて、とても不安と思います。
そのようなときに、熊本だけで交通事故の解決実績750件以上、相談で解決した交通事故も含めるとさらに多くの交通事故事件を経験してきた、私たちがアドバイスできます。

交通事故は、これからどうなっていくのか?
どこの病院に通ったらよいのか?
示談の話は、どのようになるのか?

交通事故に遭ったほかの人はどうしているのか?

私たちは、「交通事故の相談は無料」で対応しています。
(※ 弁護士費用特約がある場合は、ご本人様のご負担なく相談できますので、初回相談から特約保険会社に相談料を請求させていただきます。)
アドバイスを受けて、損になることはありません。

保険会社のいうままに、後手後手で対応するのではなく、あらかじめ、今後の見通しをもって、対応していくのが適切と考えます。



◆ 熊本密着だからできる解決があります。

私たちは、「熊本の」病院や保険会社との経験が豊富です。

交通事故の治療や示談交渉では、さまざまな「人」が関係します。
病院により治療方針が異なることもありますし、後遺障害診断書の作成も理解がある医師とない医師がいます。
保険会社の担当者も、担当者ごとにやり方が異なります。

私たちは、交通事故の解決実績が「熊本だけ」で750件以上と、地元熊本で多くの経験を重ねており、より情報提供できる場面が多いかと思います。



◆ 最善の弁護活動をしていきます。

お客様にとって「ベストの結果」になるよう、精一杯取り組んで参ります。
私たちは、最善の弁護活動をすべく、努力を怠りません。

例えば、所長の稲葉大和弁護士は、弁護士59名の全国交通事故弁護団の創設メンバーです。
交通事故について、メンバー間で情報交換をしたり、「全国交通事故シンポジウム」を開催するなど、日本の最先端の交通事故の知識を取得すべく、日々、努力しています。

適正な解決をしたいと第一歩を踏み出したお客様に寄り添い、更なる前進を全力で後押しすることをお約束します。

事務所の特徴

  • バリアフリー
  • 駐車場あり

こんな相談ならお任せください

ご不安を解消して頂けるよう、親身かつ丁寧にご説明いたします。
主に交通事故問題に注力しています。

◆ 交通事故のご相談は無料です。
(※ 弁護士費用特約が利用できる方の場合は、ご本人様負担が生じませんので、特約に相談料から請求させていただいております。)

熊本だけで、750件以上の交通事故の解決実績をもつ弁護士に、まずは相談してみませんか?

◆ こんなときは、まずは相談してみましょう!
・交通事故に遭ったが、何をどうしていいのかわからず不安だ。
・治療が終了しそうだけれども、事故前とは身体の調子が違う。後遺障害が残っていると思うので、後遺障害等級認定を受けたい。
・保険会社から提示された示談金が、適切かどうかわからない。
など

◆ 重点的に取り扱っている項目
・保険会社の示談提案金額のチェック
・保険会社との示談交渉
・後遺障害等級認定
・高次脳機能障害
・遷延性意識障害(植物状態)
・死亡事故
電話でお問い合わせ
096-342-7707
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。