ながふち ともや

永渕 友也弁護士

弁護士法人グレイス 東京事務所

御成門駅

東京都港区芝大門1丁目1−35 サンセルモ大門ビル4階

注力分野

対応体制

  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

土日祝や夜間も含めて相談可能です(事前予約制)コロナ対策も実施中

医療・介護問題

【医療ミス被害に注力】顧問医と連携して医療過誤調査・損害賠償請求の立証サポート。手術や投与のミス/看護師・介護士の管理ミス/医療過誤で身内が亡くなった等。医学的知識、法的知識が豊富な弁護士が過誤の有無を徹底的に調査します。

永渕 友也弁護士の医療・介護問題分野での強み

◆医療ミス被害は早期にご相談ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
⚪︎手術ミス
⚪︎医師が適切な検査をしなかったので、疾患を見落とした
⚪︎薬の投与ミス
⚪︎医療機器事故
⚪︎医療過誤で身内が亡くなった
⚪︎介護士の管理ミス(転倒/食事中の誤嚥)
(※)弊所協力医と連携し、医学的、法的観点から過誤の有無を見極めます。

医療事故によるご相談が、最近増加傾向にあります。
医療ミスではないかと疑っている、病院の対応に納得できないという方は、お早めにご相談ください。
事故調査には、時間がかかります。
また早期に対応することで、病院からカルテなど有益な情報や証拠を収集することが可能です。
時間が経過するほど、相手の対応も鈍くなり情報収集がうまくいかなくなる傾向にあります。
迅速な対応が必要になりますので、まずは医療過誤に詳しい弁護士にご相談ください。
医療過誤における「注意義務違反」を立証する上では法律的な視点だけでなく、医学的な専門的知見は必須です。
弁護士法人グレイスでは、医療事故における医学的知見につき調査分析を行う「顧問医」がおります。
事案によっては、顧問医と連携を取りながら医療過誤調査・損害賠償請求の立証サポートをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

◇当事務所の強み
・後遺障害申請に関する知識の蓄積
・医学的知見・必要な検査に関する知識の蓄積
・重症案件の場合など地域の病院のソーシャルワーカーとの連携の実施
・医師面談、医療照会など医療機関へのアプローチも実施
・地域の行政支援、高次脳機能障害支援センター相談員との連携
・交通事故と医療事故に精通した事務所スタッフが対応


◆賠償請求ができるか、しっかり調査します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
患者側が被害を受けていたとしても、すぐに損害賠償が認められるとは限りません。
医療従事者側が交渉に応じない場合は、裁判を提起し損害賠償請求をします。
ここでもっとも重要になってくるのは、「注意義務違反の有無」「因果関係」「損害」という3つの要件です。
医療過誤の場合には、この3つが重要かつもっとも難しい問題でもあります。
我々は、医療過誤の事件は原則として即日「受任」をするということはございません。

今回の事故について、医学的側面及び法的側面から損害賠償請求ができるか否かを調査いたします。
その際には、協力していただける医師がいれば積極的にアドバイスをもらい、調査いたします。
調査後は、示談交渉にしたほうがいいのか、裁判を提起したほうがいいのか、戦略的なアドバイスもいたします。
現在の証拠で賠償請求できるかどうかの見通しもお伝えできますので、いつでもご相談いただけたらと思います。


◆明確な料金体系
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊所は、「弁護士費用」を分かりやすくご説明すること大事にしております。
事件解決までの見通しをお伝えし、業務内容ごとの料金を詳細に設定。
初回面談でおおよその弁護士費用を皆様にご提示しております。
安心してご相談ください。


◆主な取り扱い案件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・誤診・診断ミス
・薬物投与ミス
・説明義務違反
・慰謝料
・示談交渉
・院内事故
・手術ミス

※現在、歯科のご相談はお受けしておりません

医療・介護問題分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 誤診・診断ミス
  • 薬物投与ミス
  • 説明義務違反
  • 手術ミス・事故
  • 検査ミス・事故

相談・依頼したい内容

  • B型肝炎訴訟
  • 慰謝料請求・訴訟
  • 示談

診療科目

  • 出産・産科
  • 介護・老人ホーム

あなたの特徴

  • 病院・介護サービス提供者側
  • 患者・入所者側

どんな事務所ですか?

◆弁護士法人グレイスの大きな特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士法人グレイスは、熊本県、東京都、福岡県、鹿児島県、兵庫県に事務所をもつ法律事務所です。
当事務所の大きな特徴は、「事故・傷害部」「企業法務部」「家事部」の3部署に弁護士が所属し、それぞれの弁護士が各分野に注力して業務に当たっていることです。
事故・傷害部の弁護士は、交通事故、労災事故、医療過誤等の事件に注力しているため、これらの分野の経験や実績は非常に豊富です。
質の高い法務サービスを提供できるよう弁護士、スタッフともに日々研鑽を積んでおります。


◆事務所の安心サポート体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
①相談料&着手金は0円
(※事案によっては着手金をいただくこともあります)
②土日祝日夜間対応可能
(※事前予約制)
③電話&LINE&メール予約可能
④コロナ対策・ビデオ面談可能
⑤全国対応
⑥交通事故に特化した事務所スタッフ在籍


◆交通事故や医療問題に強い理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・各地域の総合病院のソーシャルワーカーとの連携
・医事課のスタッフとの連携
・積極的にコミュニケーションが取れる医師と連携
・転院先の病院の選定や就労支援等のサポートも可能
・交通事故と医療事故に精通した事務所スタッフが対応


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「御成門駅」近く

<住所>
〒105-0012
東京都港区芝大門1丁目1−35
サンセルモ大門ビル4階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
電話でお問い合わせ
050-7586-8575
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。