松丸 伸一郎弁護士のアイコン画像
まつまる しんいちろう
松丸 伸一郎弁護士
松丸総合法律事務所
市川駅
千葉県市川市1-12-22 市川サークルビル7F
注力分野
対応体制
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
注意補足

休日・夜間の面談は要事前予約

離婚・男女問題の事例紹介 | 松丸 伸一郎弁護士 松丸総合法律事務所

取扱事例1
  • 不倫・浮気
夫の不倫相手の女性に、妻が慰謝料を請求した事例
Aさん(ご依頼者)の夫が、女性Bと不倫をしていました。Aさんは独自の方法で夫の不貞行為の証拠をつかみ、当事務所に、Bに対する慰謝料請求の訴訟を依頼しました。
訴訟は、裁判所の和解勧告により、女性Bが和解金を支払うことで早期に解決しました。
取扱事例2
  • 離婚すること自体
夫から離婚調停を申し立てられた事例
A(妻)さんの夫Bは離婚の調停を申し立てました。
妻Aさんは当事務所に調停での弁護活動を依頼。
妻Aさんは、夫Bの不貞行為(不倫)を主張し、立証しました。
不倫をしていた有責配偶者である夫Bは、結局、離婚調停の申立を取り下げました。
取扱事例3
  • 不倫・浮気
妻から不倫行為を疑われた男性の事例
A(夫)さんは、妻Bから、不貞行為を疑われて、離婚の調停を申し立てられ、当事務所に調停での弁護活動を依頼しました。
調停では、結局、夫Aさんが和解金を支払い、離婚することで調停が成立しました。
取扱事例4
  • 不倫・浮気
夫が妻の不貞相手の男性に慰謝料を請求した事例
A(夫)さんは、妻が不倫をしている相手の男性Bに対して、慰謝料を払わせることを、当事務所に依頼しました。
当事務所では、不倫相手の男性Bに対して内容証明郵便で、慰謝料の支払いを請求をし、その後、男性Bと交渉して慰謝料を支払わせました。
取扱事例5
  • 不倫・浮気
他人の妻と不倫をして、相手の夫から慰謝料を請求された事例
A(男性)さんは、男性Bの妻Cと不貞行為をしていました。
Aさんは、男性Bから慰謝料の請求をされ、当事務所に男性Bとの交渉を依頼しました。
当事務所は、男性Bの弁護士と交渉し、男性Bが請求する慰謝料の一部を支払うとの示談をしました。
電話でお問い合わせ
050-7586-4656
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。