どうぞの ひろし

堂薗 広弁護士

弁護士法人鹿児島中央法律事務所

朝日通駅

鹿児島県鹿児島市中町11-4 熊谷ビル2階・4階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可

注意補足

鹿児島市,薩摩川内市,鹿屋市及び南九州市に事務所があり,県内全域対応可能。

相続・遺言

【鹿児島市・鹿屋市・川内市・加世田市に事務所】「亡くなった夫名義の預貯金の払戻しに銀行が応じてくれない」も対応できます!「ややこしい」「めんどくさい」家族間の相続トラブルをスピード解決!公正証書遺言の作成、成年後見人の相談も【初回相談無料】

堂薗 広弁護士の相続・遺言分野での強み

◆「感情的」「複雑」な問題を弁護士が仲介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「感情的になる遺族がいて困っている」
「複雑な相続トラブルに発展し、家族間では解決できない」

遺産相続では、今まで手にしたことのないようなお金を得られることがあります。
それが原因で、家族の間であっても感情的になってしまう遺族もいるようです。

前妻の子供と後妻の子供が相続でトラブルに発展してしまい、家族間では解決ができない複雑な事例が増えています。

遺産の相続は「ややこしい」「めんどくさい」手続きが多く、複雑な案件は個人では対応がむずかしい。
法律に詳しい弁護士は仲介すれば、スムーズにトラブルの解決ができます。
ひとりで悩む前に、鹿児島法律事務所にご相談ください。


◆払い戻しに応じてくれない金融機関に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「亡くなった夫名義の預貯金の払戻しに銀行が応じてくれない」

銀行や郵便局などの金融機関は、口座名義人の死亡を確認した時点で預貯金口座を凍結します。
遺産分割協議が終了するまで凍結は続き、相続人であっても預貯金を引き出すことができません。

金融機関預貯金の払い戻しをすると、ほかの相続人からクレームを受けるといったトラブルになります。
リスクを回避するため、現在は遺産分割協議を行わないと相続人への払い戻しはできません。

「払い戻し」が原因のトラブルは、法律のプロである弁護士への相談がおすすめです。
「遺産分割協議」「調停」などの手続きを弁護士が代行することで、スピーディーで正確な解決が叶います。


◆二次相続によるトラブルを未然に防ぐ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「二次相続」とは、被相続人から相続を受けた相続人が死亡した場合に発生する相続です。相続が続く限り、相続人が5人、10人20人と増えていきます。

現在、二次相続によるトラブルが増加中です。
一次相続)で受け取っていた相続財産が高額だった場合、二次相続にも多額の相続税がかかるリスクがあります。

相続によるトラブルは

・二次相続に備えた相続税対策
・相続後に不動産を売却
・賃貸借契約を結んで第三者に貸す

などの対策をすることで、問題を回避することが可能です。
その場合、「売却時期のタイミング」「契約書のチェック」を知識のある弁護士に依頼することでスムーズな相続が期待できます。
不安や疑問がある方は、自分で解決するのではなく、弁護士に早い段階で相談することをおすすめします。


◆公正証書遺言の作成はお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「遺言を残して、相続人同士のトラブルを未然に防止したい」
「相続人の遺産分割協議の手間が省いてあげたい」
「長男の妻や孫のほかに、内縁の妻に財産を分けたい」

遺言書の方式は「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。

公正証書遺言とは、公正証書として公証役場で保存してもらう遺言のことです。
安全性があり、法的な強さを持っています。

遺言書の作成は5つのメリットがあります。

・遺言が無効にならない
・遺言を紛失しない
・偽造を防止できる
・自分で書かなくてもOK
・すぐに遺産相続をスタートできる

法的な強さを持った公正証書遺言ですが、手続きに費用と時間がかかります。
公正証書遺言の作成は、法律の知識を持った弁護士が在籍している鹿児島法律事務所にご相談ください。


◆後見人は信頼できる弁護士へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「財産を親族が勝手に浪費している」
「認知症や判断能力が低下しているので、相続が心配」
「財産の管理を信用できる人間に任せたい」

後見人は親族や親友などのほかに法律の知識がある弁護士に依頼ができます。

弁護士に依頼するメリットは4つあります。

・書類の作成や資料の収集を一任できる
・本人が遠方でも対応可能
・遺産分割協議を弁護士にスムーズに相談可能
・法的トラブルに対しリスクを軽減できる

後見人には、信頼できる弁護士への依頼がおすすめです。
鹿児島法律事務所は、現在の後見人に違和感を覚えている方へのセカンドオピニオンが可能です。

依頼者の気持ちに配慮したアドバイスなど、人間性を重視した対応を心がけています。
心配ごとや不安を感じている方は、お気軽にご相談ください。

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 兄弟・親族間トラブル
  • 認知症・意思疎通不能
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 遺言
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 配偶者居住権

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 遺留分侵害額請求
  • 家族信託
  • 相続や放棄の手続き
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

どんな事務所ですか?

◆事務所の特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
鹿児島中央法律事務所は、平成14年に鹿児島県第1号の「法人事務所」として設立されました。
鹿児島県は弁護士事務所が鹿児島市内に集中しており、市外の地方に住む方が相談に来るのは、時間的、距離的な問題があったのです。

現在は、鹿児島本所、鹿屋、川内、加世田に事務所を開設。計7名の弁護士が所属しており、女性弁護士も在籍しています。


◆理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
一般の方は弁護士に対し「お金がかかるから相談しにくい」というイメージがあります。
鹿児島中央法律事務所は、敷居の高さを崩し、費用的な敷居を低くしたいと考えています。

4事務所に8名の弁護士が在籍しているので、個人事務所では難しい遠方での事案にも対応可能です。ノウハウを最大限に発揮し、さまざまな事例に親身になって対応します。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
鹿児島市電1系統 「朝日通駅」 徒歩3分
鹿児島市電1系統 「いづろ通駅」 徒歩4分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 駐車場あり
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-4569
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。