"離婚協議中に財産分与で返金要求された貯金400万円に関する法的相談"

不貞が原因で離婚の協議中でこちらが有責配偶者です。
財産分与等の話の中で家を購入する際に私が独身時代からの貯金から400万円を出したため返してほしいと話をしたところ、本来慰謝料を請求するが、しないという条件で返さない、という話を言われました。

この場合慰謝料を払った、ということになるのでしょうか。

当事者の合意次第ではそのような解決も考えられます。
なお、婚姻前の貯金はいわゆる特有財産となり得ますが、その点は財産分与の議論において検討事項となるものであって、不貞慰謝料とは議論の場面が異なることについては一応ご留意いただければと思います。

ありがとうございます、向こうは不貞が原因で離婚だから本来請求するものをしない代わりにそのお金の話しはしないように、と弁護士を通じて言ってきています。

相手は不貞相手に慰謝料請求をしており、慰謝料を払った、払っていないというところがポイントになるのではないでしょうか。

私としては求償権の事もあるのでどうせ返ってこないのであれば慰謝料を払ったことになっているほうが良いのですが

詳細な事情等についてわからないところがありますが、一般的には、不貞慰謝料400万円というのは高額な部類に属しますので、貴方の配偶者が不貞相手から慰謝料を既に受け取っている場合、さらに貴方から慰謝料400万円相当の経済的利益を受けるというのは過大であると思われます。貴方が不貞相手に求償権を行使するつもりがなく、早期解決のためにそれでもよいということであれば、特有財産と慰謝料との相殺的な解決も考えられるでしょう。ただ、念のため、不貞相手から貴方への求償権が放棄されているかどうかについては注意をした方がよいと思います。

ありがとうございます、求償権は放棄しておらず現在300万円の慰謝料の裁判を起こされたそうです。

貴方の配偶者と不貞相手が裁判で係争中となるとなかなか判断が難しいところですが、貴方が不貞相手に求償権を行使するつもりがなく、将来、不貞相手から求償権を行使されても致し方ないと考えることができるのであれば、相殺的な解決も考えられるかとは思われます。

今後の状況に応じて、弁護士に個別に相談なさった方がよいと思います。

ありがとうございます、仮に相殺という形の場合旦那は充分な慰謝料を受け取ったということにならないのですか?
そうなれば不貞相手の裁判も慰謝料を受け取っているということで終わらないのでしょうか。

貴方(A)と配偶者(B)との合意書等において、Aの特有財産が400万円であること、Aが不貞慰謝料支払義務を免れる代わりに、Aが特有財産に関する財産分与上の権利を放棄するといったことを明確に取り決め、それを不貞相手とBの訴訟において証拠提出できれば、慰謝料額を減額させる考慮要素にはなり得るでしょう。
ただし、最初の回答に記載したとおり、特有財産というのは財産分与の議論における検討事項であり、現在の住宅価値などとも相関し得る事柄ですので、Aの財産分与上の権利が400万円という額面どおりの価値として常に把握されるわけではないことには留意が必要です。

こちらでの当方回答は終了となりますが、参考になれば幸いです。

承知致しました、丁寧にありがとうございます