ぐしけん なおや

具志堅 尚也弁護士

弁護士法人ひかり法律事務所

美栄橋駅

沖縄県那覇市前島2-9-13 大城物産ビル2階

注力分野

対応体制

  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

治療に専念することが最も大事です。治療中から当弁護士が窓口となって対応します

交通事故

【地元沖縄の弁護士】【県外で交通事故に特化した弁護士としての豊富な実務経験】【初回相談で後遺障害等級や賠償額の見込みまで詳細にご説明】【賠償金獲得まで費用はかかりません】【沖縄県全域(離島含む)対応◎】

具志堅 尚也弁護士の交通事故分野での強み

◆交通事故に特化した弁護士として県外で多数の解決実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は交通事故に特化した法律事務所にて、これまでに数百件以上の解決実績があります。
ひとくちに「交通事故」といっても、その内容は実に様々で、一つひとつの案件ごとに、解決のための最適なルートはもちろん異なります。
最適な解決ルートを見つけるには、豊富な知識もさることながら、どれだけの実務経験を積んできたのかがものをいうと実感しています。
私は、骨折や捻挫といった交通事故でよく遭遇するケースだけではなく、高次脳機能障害や脊髄損傷といった重症事案についても、解決実績があります。
特に重症事案では弁護士の知識と経験により賠償金額が大きく変わるケースがあります。


◆交通事故のご相談事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.示談金の増額交渉
交通事故の被害者の方からお話を伺うと、本来つくべき等級がついていないなど、後遺障害等級に問題があるケースが多いです。
私は後遺障害等級の適否も含め、幅広い視野で増額可能性を精査し、示談金増額交渉に臨みます。

2.重大事案
高次脳機能障害、脊髄損傷、死亡事故といった重大事案では、多数の障害が生じることや賠償費目が多岐にわたることから、類似事案をどれだけ経験しているかによって、結果が大きく変わることもあります。
すでに他の法律事務所に相談されている方も、不安があればセカンドオピニオンとしてお問い合わせください。

3.後遺障害等級の獲得
交通事故に特化した事務所にいたからこその豊富な経験があります。
沖縄へ戻ってからすでに、異議申し立てにより、不利な認定を覆した事例が積みあがってきています。

獲得実績のある後遺障害として、外傷性頚腰部症候群、骨折(鎖骨、橈骨、尺骨、仙骨、膝蓋骨、大腿骨、腓骨、脛骨、中手骨、踵骨など)、TFCC損傷、脊柱圧迫骨折、偽関節、半月板損傷、靭帯損傷、腱板損傷、腓骨神経麻痺、顔の傷(外貌醜状)などあります。


◆解決事例「後遺障害等級12級の認定」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
30代の方からご依頼を受けました。
依頼者様は追突事故により調節機能障害を負いましたが、自賠責では非該当とされたことから、後遺障害等級を裁判で争った結果、「12級」が認定されました。

【相談前】
被害者の方は追突事故に遭い、首の痛みだけでなく目が見えにくくなりましたが、自賠責保険会社による後遺障害の評価は非該当となり、目の後遺障害が一切補償の対象になりませんでした。
目に直接的な外傷がない事案では、ほとんどの場合このような結果になります。

【相談後】
目の状態は等級認定基準を満たしており、医師も事故によるものと認めていました。
そこで、裁判を起こし後遺障害等級を争いました。
相手からは事故によるものではないなど主張されましたが、医師の意見書を取り付けるなど徹底的に争った結果、後遺障害等級12級が認められました。

裁判では、目の後遺障害は一過性ではないことを理解してもらうことが重要であると考え、専門書の熟読や医師との複数回の面談など、徹底して理解を深めました。


◆解決事例「高次脳機能障害2級の認定」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
70代の方からご依頼を受けました。
依頼者様は医証の精査で高次脳特有の症状を発見し、医師と面談のうえ追加書類を作成し、高次脳機能障害として「2級」が認定されました。

【相談前】
歩行中に事故にあい、手足を骨折するとともに頭部にも外傷がありました。
治療中も含めたサポートを受けたいということで、相談いただきました。

【相談後】
手足の骨折を中心とした治療の後、症状固定をしました。
後遺障害診断書の作成にあたり、全医療機関から医証を取り寄せ精査したところ、傷病名はないものの高次脳機能障害が疑われる症状がありました。
そこで、精神科の医師に後遺障害診断書を作成してもらい、高次脳機能障害の等級認定に有力な所見をご記載いただきました。
さらに医師と面談し「神経系統の障害に関する医学的意見」や「日常生活状況報告」を追加で作成依頼し、等級申請を行って高次脳機能障害が認められ2級が認定されました。

重症事案では怪我の部位が多岐にわたっており、等級申請の際に症状を見落とさないことが必要です。
また、高次脳機能障害では専門的な知見と経験がなければ見落とすリスクがあるため、最新の注意を払いながら、適切な等級認定が受けられるか検討していきます。


◆沖縄県に密着した弁護士です
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は福岡県の弁護士事務所で経験を積み、その後、出身地である沖縄県に戻ってきました。
沖縄県は任意保険の加入率が全国最下位で、交通事故に遭っても相手が保険に加入しておらず賠償金の請求が難しいケースも多いです。
私はこうした地域の事情に精通しているため、無保険の相手に対してどのような対応をすべきかというノウハウを持っています。

弁護士でも経験の少ないうちは、保険の複雑な約款を正確に理解して最適な対応をとることは簡単ではありません。
私は、これまでに複雑な事案も含め400件もの案件を経験しており、どういったケースでも状況にあわせたフレキシブルな対応が可能です。
初回のご相談から、後遺障害等級の見込みや賠償額の見込みを具体的にお伝えしますので、事故に遭われたら早い段階でお越しください。

交通事故分野での相談内容

事故の特徴

  • 死亡事故
  • 人身事故
  • 物損事故
  • 自転車事故
  • バイク事故
  • 自動車事故
  • 単独事故

相談・依頼したい内容

  • 過失割合の交渉
  • 慰謝料請求
  • 損害賠償請求
  • 早期解決に向けた示談
  • 休業損害請求
  • 逸失利益請求
  • 後遺障害認定
  • 後遺障害等級の異議申立
  • 保険会社との交渉
  • 通院頻度・治療費の基準
  • 弁護士費用特約の使い方
  • 業務中事故の使用者責任追求

あなたの特徴

  • 被害者
  • 加害者
  • 子ども
  • 配達員・業務中の従業員

人身被害状況

  • むち打ち被害
  • 骨折被害
  • 後遺症被害

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆サポート体制

1.治療中から受任OK
治療をしながら保険会社とのやりとりをするのはとてもストレスです。
少しでもストレスをなくすために、弁護士が窓口となって、保険会社とのやりとりをお引き受けします。交通事故事案では、治療中の対応がとても重要になるため、依頼せずとも一度は弁護士からアドバイスを受けておくことを強くオススメいたします。

2.煩雑な手続や交渉を一手にお引き受け
交通事故では、保険会社の対応や症状の回復不具合にもよりますが、解決までに煩雑な手続や交渉事が発生することが多いです。
たとえば、後遺障害申請手続、治療継続の交渉、休業補償の内払い交渉、示談交渉です。
こういった対応を、全て弁護士がお引き受けいたします。

3.周辺の手続もフルサポート
保険会社との交渉以外にも、健保や労災の申請手続、病院からの文書開示といった、周辺の手続も通常は不慣れなため、大きなストレスになります。
こういった周辺の手続についても、弁護士がフルサポートいたします。

4.保険のチェックについてもお任せください
ご自身の保険を有効に活用することで、保険で弁護士費用が賄われたり、トータルの補償額がアップしたりすることもあります。
ここは見落とされがちですが、これまでの経験からそう痛感しています。
これについても、弁護士が保険証券や約款のチェックも含めアドバイスいたします。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
初回面談は60分無料にて承っております。
ビデオ面談も対応しているため、ご来所が難しい方もお気軽にご連絡ください。

事務所では新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用をお願いしています。
また、入室の際は手指を消毒いただき、室内は定期的に窓を開けて換気しておりますのでご了承ください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゆいレール「美栄橋駅」 徒歩2分
バス市内外線「泊高橋バス停」 徒歩3分

<住所>
沖縄県那覇市前島2丁目9番13号 大城物産ビル2階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7587-1217
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。